※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エネミー一覧



人間

歩兵

CELLオペレーター
  • 基本情報
脅威:低
弱点:頭
ボディアーマー
殺傷力の高い武器を使用する
  • 解説
いわゆる一般兵。複数の種類がいて前半・中盤・後半で様々な武器を使用してくる。
中盤以降だとグレネードランチャーやMK60 MOD 0、エネルギーを一気に奪うK-Volt等も使用し中々手強い。
サイドアームとしてハンドガンもよく持っているが使用してくることはまずない。
HSすればほとんどの武器で一撃で倒せるが、頭以外の場所だと最低難度でもそれなり硬い。
囲まれて集中砲火されるとあっさり殺されるので油断は禁物。

機械戦力

エイリアン

セフ

セフ戦闘ユニット
  • 基本情報
脅威:中
弱点:むき出しのゼリー部分
ナノカタリスト:100
グラント
強化外骨格
長距離エネルギーウェポン
  • 解説
エイリアンの雑兵。人間の一般兵よりは脅威だが、集団でない限り恐れることはない。
中遠距離では右腕部エネルギーマシンガン、近距離では突進からの吹き飛ばし攻撃、至近距離では左腕部クローによる連続ひっかきを行ってくる。
不用意に真正面から接近すると吹き飛ばされてアーマーを大きく削られるので中距離から射撃で対処するのが安全。アーマーモードであれば射撃をくらってもたいしたダメージにならない。
セフに共通することだが、残念ながら倒しても武器を奪うことができない。
弱点がむき出しのゼリー部分とあるが、実はHSもかなり有効。スナイパーライフルなら難易度スーパーソルジャーでもHS一撃で仕留められる。
セフ戦闘コマンドユニット
  • 基本情報
脅威:高
弱点:むき出しのゼリー部分
ナノカタリスト:300
グラントコマンダー
アーマーシールド
高出力長距離エネルギーウェポン
  • 解説
戦闘ユニットの隊長格。時折進軍を指示するような動作をする。
体格は戦闘ユニットと変わらないが、警戒&戦闘時に体表面に赤い電気のようなシールドを展開するのが特徴。
射撃武器は連射力が落ちた代わりに威力が上がっており、エネルギーシールドの影響でかなり耐久力が高い。
シールド張る前の無警戒時なら暗殺と掴みが可能なため、狙える状況では狙ってみよう。
セフ破壊ユニット
  • 基本情報
脅威:高
弱点:むき出しのゼリー部分
ナノカタリスト:500
ヘビー
強化外骨格
連射型エネルギーウェポン
  • 解説
重装備のエイリアン。遠目からでも判別可能な巨体に加え、強力な武器と高い防御力を誇る。
遠距離では左腕に抱えたエネルギーキャノンから着弾時に爆発する大きなエネルギー弾を発射し、中近距離では右腕に持ったエネルギーガトリングガンで射撃を行う。
至近距離ではガトリングで殴打してくるが、そういう運用は想定されていないのかアーマーは存外大きくは削られない。
とは言え、戦闘ユニットの吹き飛ばし程度の威力はあるので真正面から殴りに行くのはリスクが高い。
正面からであればJAWの直撃を2,3発耐え、クロークで回り込んでも暗殺することができない。
狙撃出来る地形なら長距離の物陰からからサイレンサー付きスナイパーライフルでHSを繰り返すと楽に倒せる。
難易度スーパーソルジャーでも5~6発ほどでOK。その際クローク状態で狙い、撃つ瞬間だけクローク解除すれば発見されにくい。
あまり動かないので、ありったけの手榴弾を足元に投げてからメインウェポンでトドメを刺すのもあり。
それでも倒せない時の最終手段として、クロークで背後を取り足元にC4を2個ほど置いて起爆すればどの難易度でもほぼ一撃で倒すことができる。
セフ強襲ユニット
  • 基本情報
脅威:中
弱点:
ナノカタリスト:100
ストーカー
  • 解説
戦闘ユニットに比べ動きが速くなり、壁などを蹴ったりしながら積極的に近接戦闘を仕掛けてくる。
体力はそこまで多くないので向かってきたところを引き撃ちなどで仕留めよう。
セフ強襲コマンドユニット
  • 基本情報
脅威:高
弱点:むき出しのゼリー部分
ナノカタリスト:300
ストーカーコマンダー
アーマーシールド
高い敏捷性
  • 解説
強襲ユニットの隊長格。やはり赤い電気のようなシールドを使用してくる。
攻撃力と防御力が強化されているが、対処法に変わりはない。
次世代セフ強襲ユニット
  • 基本情報
脅威:深刻
弱点:
ナノカタリスト:5000
ガーディアン
  • 解説
最新鋭の装備が施されたセフ強襲ユニット。最大の特徴としてクローク能力を獲得した。
実は物語の序盤からしばしば主人公の前に現れているが、すぐに逃げてしまうため普通のセフだと思われていることが多い。逃げられる前に遠距離からバイザーでタグ付けすれば次世代ユニットであることが確認できる。
攻撃パターンは強襲ユニットと大差ないが、クローク能力のためになかなか姿を捉えられず、加えて防御力が非常に高い。ナノビジョンを起動すれば頭部にあたる部分のみ青色で表示されるが、ナノビジョンはエネルギー消費がばかにならないため常に起動しているとアーマーが心許ない。
次世代ユニットとの戦闘はエンディングの直前のみなので、それまでにクローク探知機のモジュールを獲得しておけば緑色のエフェクトが見えるため楽に捕捉することができる。こうなれば防御力が異常に高いだけの強襲ユニットなので、一体当たり5000というナノカタリストの荒稼ぎができる。
K-Voltで麻痺させながら背後に回りこみ、クロークを起動し暗殺すれば簡単に倒せる。

機械戦力

セフ装甲強襲ドローン
  • 基本情報
脅威:深刻
弱点:爆発物に弱い
ナノカタリスト:2000
ピンガー
地域制圧用ドローン
強音波パルス兵器
  • 解説
エイリアンの機械戦力。三足歩行で進攻し、強力な射撃で地域を制圧する。
単射・連射の二種のエネルギー兵器に加え、強音波パルス兵器を備えている。
クロークで背後を取ろうとするとパルス攻撃によりエネルギーを0にされ無防備な状態を晒すことになるので接近し過ぎないようにしよう。
耐久値が極めて高く、正面から攻撃しても有効打が与えられない上に強力な射撃でアーマーを一気に削られてしまう。
クロークを発動させながら大回りで背後を取り、弱点である赤い部分を攻撃するのが基本戦法となる。
攻撃された方向に寄ってくる習性があるため、こちらを向いたらまたクロークで背後を取りなおせば良い。この時くれぐれも近づきすぎないように。
面倒な時は物陰から足元にC4を投げて即起爆するのを繰り返すと意外と簡単に大ダメージを与えられる。