※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ、んっ…やぁ…」
 両胸を口と左手で嬲り、右手でジャージの上から秘部をこすると、そこはもう水をかぶったように濡れていた。

「もうグシャグシャではありませんか…お漏らししたみたいですわよ…はむ」
「ひゃんっ!…だ、だってぇ…さんざん焦らされて、エッチな事も言わされて…」
「んっ…ぷは…そんなに耐えられなかったなら、余計なことをしなければいいのです」

「でも、セレスちゃんだって気持ち良かったでしょ…?」
「う、うるさいですわ!」
 悔し紛れに、布の上から、ひときわ大きな朝日奈のクリトリスをつまみあげる。
「ひゃっあっあぁあああ!!」
 大きく、朝日奈の腰が跳ねあがった。
「そこぉ、だめっ…!あっ、やぁっ!!」
「ホントにダメなのですか?止めてもいいのですか?」」
「ダメ…ダメだけど、止めちゃやだぁ…あっ、んぅ!!」
「ふふふ…」

 爪の先で重点的にこすると、耐えきれずに朝日奈が腰を浮かす。
「あぁああぁ、もっと、もっとぉお…」
「もっと、なんですか…?」
「もっと、弄ってぇ!服の上からじゃなくって、直接ぅっ!」
 す、と責めを弱めると、「やぁあ…」と可愛く鳴きながら、面白いように指に腰を押し付けてくる。
 本当に、下ネタ一つで恥ずかしがっていた純情な少女とは思えない。

「うふ…素直なのはよろしいことですわ」
「じゃ、じゃあ…」
 目隠しの下で、朝日奈の表情が期待に輝く。


「でも、ダメです」
「なんっ…なんで…?」

「先ほど自分がやった行為をお忘れですか?下僕がご主人様に、その…あんなことをするなんて、言語道断。
 これからあなたの要望は、何一つ受け付けません。あなたはただ、私の言うとおりに反応し、私の与える快楽に悶えていればいいのです」
「あぅうう…そんなぁあ…」
「うふ…やはり朝日奈さん、マゾですわね。私が言った傍から、どんどん蜜が溢れてますわよ」
「ひゃっ、あぅっ!?」

 触ってもらえないのか、と気を抜いた瞬間に、
 セレスが天邪鬼に、ジャージの下に指をさしこんだ。

 勢いよくジャージの下を剥ぎ取ると、むわっとした熱気とともに、メスの匂いが立ちあがる。
「うふふ…エッチな匂い…」
「やっ、嗅がないで…恥ずかしいよぅ…」
「でも、それが興奮するのでしょう?」
「うぅ…」

 指で、ひっそりと閉じられた割れ目を開くと、それだけで蛇口をひねったように愛液が流れ出した。
「朝日奈さん、かなり水っぽい方ですわね…私でもこれほど溢れませんわ」
「そ、そなの…?よくわかんなくて…えっと…ゴメン、ね?」
 ああ、可愛いじゃないか。
 これほど淫乱な身体を持ち、しかし心は育たず、子供のように純粋。
「謝ることじゃありませんわ」
 だからこそ、いじめたい。
 だからこそ、泣かせたい。
 だからこそ、堕としたい。

「あっ、あの、セレスちゃん…」
 セレスが足の間に割って入っているため、両足を閉じることも叶わず、
 割れ目を開かれたままの朝日奈が腰をくねらせる。
「早く弄って…頭がおかしくなっちゃうよ…」
「まだ…です」
「へ…」

「すぐ弄ってもらえると思ったら大間違いですわ。言ったでしょう、徹底的に堕とす、と。
 何一つあなたの思い通りにはさせず、気持ちよくして差し上げます…
 身体に自由を奪われ、いつになったら弄ってもらえるのかを、抵抗も出来ずに待つ…
 その期待と焦燥に入り混じった時間は、いじめられるのが大好きな変態さんの、朝日奈さんの大好物…そうでしょう?」


 耳元で早口でささやくと、まだ慣れないのか、一句紡ぐたびに朝日奈は顔を真っ赤にした。
 けれど、否定はしない。「あぅ…」だの「やぁ…」だの、言葉にならない言葉を漏らすだけ。

「ふふ、うふふふふふ…」
 支配している。私は今、彼女を支配している。
「変・態・さん」
「やぁあ…言わないで…」
 これだ、この快楽。これこそ私がギャンブルを止めないワケ。
 相手が私に屈服する、その瞬間。相手が私の言葉を待つ、その刹那。

 朝日奈が身体から力を抜いたその瞬間に、
 ぬぷぷ
 と、前触れもなく指を奥まで差し入れた。
「ハッ…あッ…ひ、ぃっ…!!!」
 ぶるぶると、彼女の腰が大きく震える。
 その振動が、指から腕、肩を伝って、セレスの脳髄を揺らす。

「はぁあぁぁああ゛っ!!」
 朝日奈が叫ぶ、その歓喜の嬌声。

 それを俯瞰しただけで、子宮がギュウウウと収縮し、
「ん゛っ…」
 セレスは誰にも見られずに、一人絶頂の波に達した。

「はっ、あぁぅ…んっ…」
「はぁ、ふ……軽くイってしまいましたね、朝日奈さん?」
 自分のことを棚に上げ、セレスが責める。
「んぅ……ら、らって…こんらの…がまん、れきない…」
「あらあら、余程気持ちよかったのですね…ろれつが回っておりませんわ」

 指を下の口で加えこんだまま、朝日奈は更なる刺激を求め、腰を振る。
 中途半端にイかされてしまったせいで、もう我慢が出来なくなっているのだろう。

 だからこそセレスは、あえて余計な刺激を与えないように、指を動かさない。
 朝日奈が怪訝そうに口をゆがめる。

「な、なんで、セレスちゃん…」
「ご主人様の許可なしに、勝手に達していいと思っているのですか?」
「あ、あぅ…ごめんなさい、セレスちゃ…」

「『勝手にお○んこイってゴメンなさい、ご主人様』。復唱なさい」
「え、えぇう…」
「もう弄って欲しくないのですね、わかりました」
「ま、待って、言うから!!あ、か、勝手に…ぉ…お、○んこ、イって…ゴメンなさい…ご主人様…ぁ、っ!!」

 言葉を言う間も、朝日奈の膣内は痙攣をやめない。
 自分がいやらしい言葉を口にしている、それだけで感じてしまうのだろう。
 またこのままイってしまうのではないか、そう思わせるほどだ。

「よろしいですわ。次からは私の許可なくイかないこと。それが守れるなら…続けてあげましょう」
「守ります、守りますから…っ」
「結構」

 ぐ、と、最奥まで突きいれた指を、思いっきり中で曲げると、
 朝日奈も背筋を、それに負けないくらいに大きく反りあげた。
「うぁあぁあああっ!!」
 もはや喘ぎ声というよりは、絶叫に近い。それでも耳障りにならないほどに、官能的な響きがある。

 朝日奈の膣内は驚くほど狭く、これほど溢れているのに、指一本でも限界なほどだ。
 セレスの指がその中を、何かを確かめるように這いまわる。

「うぁっ、やぁあっ!!は、はぅうう、んっ!?あ、あぅんっ…ぁあぁあああっ!!」
 入口付近で出入りを繰り返したかと思えば、最奥まで入り込んで、突きあたりを小突く。
 遠慮も容赦もないセレスの指を、ただ受け入れるしかない。
 朝日奈の身体、そして精神は、限界に近かった。

 やがてセレスの指が、一所をとらえた。
 他の場所よりもコリコリと固く、そこを指が通るたび、ひときわ腰を震わせる場所。
「もしかして、ココがいいのですか…?」
 尋ねながら、そこを重点的に指の腹で擦りあげると、

「ひゃあぁああぁらめぇええええっえぇええっ!!」
 あられもない声をあげて、朝日奈が腰を突きだした。

「ふふ…自分の弱点を簡単に相手にさらけ出してしまうなど…勝負の世界では即死に繋がりますわよ」
「…だって、我慢できないよぉおっ…そ、そこだめ、イっちゃうからぁ…あぅううぅ…」
 朝日奈の言葉にはまるで耳を貸さずに、無慈悲に指を擦りあげる。
「あっ、らっ、らめぇえぇ…せ、セレスちゃ、イく、イくぅっ…」
 ビクンビクンと、これ以上ないくらいに腰を震わせてはいるけれど、

「まだダメです、我慢してください」
「む、無茶だよぉお…あぁうっ!!」
「絶対にイってはダメです。約束でしょう」

 まだだ。もっとギリギリまで。
 本当に、もう㍉単位で指を動かせばイってしまう、それくらい限界まで押し上げてやるのだ。
 お預けにお預けを重ね、耐えて耐えて耐えさせる。

 高みに押し上げてやればやるほど、堕ちた時の、その落差も激しくなるのだから。

「ひっ、ぎ、~~~~~っ!!!」
 本当に我慢の限界か、より大きな絶頂のために、膣内が収縮する。
 それを見計らって、セレスはぴたりと指を止めた。

「あっ!?な、なんで、や、やぁ、あ、やぁああぁ…やだぁあぁ…」

 例によってグイグイと腰を動かし、必死に刺激を求めようとするけれど、絶対にセレスは、その敏感な部位を弄ったりはしない。
 しかし休憩というわけではなく、緊張が途切れてしまわないように、もう片方の手や口で、胸や耳を責めあげた。
「ひ、ひぃ、ぃいいぃぃい…」

 少しずつ絶頂の波が引いて行くのを感じながら、それでも興奮冷めやらぬ体を持て余し、
 とうとう朝日奈は涙を流してセレスに訴えた。
「ひっ、ぐ…ふぇえぇえ…」

 目隠しの下から流れ出る涙をなめとると、震えながら朝日奈が抗議する。

「ひどいよぉ…イけそうだったの、にぃ、っん…なんで、なんでやめちゃうのぉ…?」
「許可なしにイってはいけない…そう約束したではありませんか。
 それなのに、あなたがイこうとするから、仕方なく手を止めた。それだけの話ですわ」
「そんな…もっ、もう、耐えられない、よぉ…お○んこ、溶けちゃうよ…」

 話を続ける間も手は止めず、一番敏感な部位だけを刺激しないように、指を出し入れする。
 既に朝日奈の理性は焼き切れており、ただ快楽を求める肉人形と化していた。
「もう、無理だよぅ…えぐっ…いじわる、しないでよぅ…頭おかしくなっちゃう…」

「どうしてもイきたいですか…?」
「イ…きたい…」
「容赦はしませんよ?」
「イけるなら、なんでもいいよぅ…」
「私の言うとおりに出来ますか?」
「ぅ、ん…」

「では、身体の力を…抜いてください」

 セレスが耳元でささやくと、それだけでゾクゾクとした恍惚が走り抜けた。
「深呼吸して…力を抜いた方が、より深くイけますから」
「んっ……すぅう…ふぅうぅう…」

 スポーツ選手の性か、脱力に関しては天性のセンスがある。
 先ほどまで緊張が駆け巡っていた体は、セレスの言葉通りに、ものの数秒で完全に脱力した。

「…腰を浮かせてはいけません。声を我慢してもいけません。ココに…全神経を集中させてください」
「はい…」
「行きますわよ…」

 再び、セレスの指が動き出した。

 今度は容赦なく、一番敏感な部位を責めあげる。
 もう片方の指は、肥大した朝日奈のクリトリスを、男性器のように扱きあげる。
「うぁっ、あっ!はぁあっぁあっあああっ!!」
 それまで溜めに溜められていた快楽の奔流。

「ホラ、腰を浮かさない!力を抜きなさいと言ったでしょう」
「あ゛っ!だめっ!イく、もうイくっ!!もうイっちゃうよぉお!!
 あたま焼ける、おかしくなっちゃぅううっ!!!ひぐぅうぅうっ…!!」
「我慢しないで…思いっきり、果てなさいな」

「あ゛ぁあっ…!!!…ふっ、ぅ、…ひぎ…ぃっ!!!!!」
 もはや言葉を紡ぐことすらかなわない、大きな絶頂。
「いっ…!!…っ!!…ぅっ、ぁ!!!」
 それを迎えると同時に、朝日奈は小水を撒き散らした。

 口をパクパクとさせるも、肺が握りつぶされたかのように、呼吸が出来ない。
 それまでの脱力から、背筋や足が吊りそうなほどまでに張りつめる。
 性器から脳髄までを通して、快楽の槍が、幾度も幾度も突きあげる。
 そのあまりの衝撃に、朝日奈は指一本動かすことも出来ず、ただ震えるだけだった。

 時間にして、十数秒。短く見えて、朝日奈には永遠のような時間。
 彼女の体は、絶頂に支配された。
 しばらくの緊張の後、どっという疲労感と、鈍痛に似た幸福感が、体中を駆け巡る。

「っあ゛ぅ…はぁ、はぁ、ふぅう……す、すご……まだ、ココ震えてるよ…」
「気持ちいいでしょう?」
「うんっ…壊れちゃうかと思った…はぁっ……こんなイったの、今までで初めて…」

「あら、何を勘違いしてるのかわかりませんが…まだ終わってはいませんわ」
「へ…?」

 セレスはそう言うと、
 自分の顔を朝日奈の股間へと近づけた。

「せ、セレスちゃん待って!今されたら死んじゃうよっ!!」
「そんな簡単に、人間は死にませんわ。朝日奈さんなら特に、運動で鍛えている丈夫な体でしょうし」
「ホントに、やばいんだって!お願いだからっ…」

 朝日奈の下半身には、もう抵抗する力はほとんど残されていない。
 膝をばたつかせても、その振動がまた股間に響き、それだけでも再び達してしまいそうなほどだ。
 成すがままに腰をセレスに抱えられ、彼女の口が、秘部へと近づいて行く。

「手加減も容赦もしない…そういう約束、でしょう?」
 悪魔のように、セレスがほほ笑んだ。
「ゆ、ゆるして…」

 ちゅるる、ずじゅるるるるる

「ふにゃあぁあああああ!!!!」

 もはやそれは、痙攣に近い。
 穴という穴から、涙を、よだれを、愛液をだだ漏らし、逃れられるはずもない快楽から、必死に身を捩る。

 快楽に堕ちる恐怖を知る頃には、朝日奈は既に気を失っていた。

「…っぷは……ふふふ…失神してしまいましたか?」
「あぅ…う…」
「でも、気を失っても心配は無用です。時間はたっぷりあるのですから」

 セレスは自分の下着を取り払うと、朝日奈の足を大きく広げ、互いの性器を擦り合わせた。
 それからローターを取り出すと、お互いの性器に挿入する。
「んっ…ふふ…日が昇るまで、ずっと可愛がって差し上げますわ…」

 彼女たちの夜は、まだ始まったばかりである。




さて、後日?談。

「せ、セレスちゃーん…」
「…なんでしょうか」
「その…元気出して、ね?ホラ、ドーナツあげるから」
「…ふん…敗者への同情など、無意味ですわ…」
「我も、すまなかった…つい、頭に血が上ってしまった…」


 まあ、結論から言ってしまえば、その夜の勝負はセレスティア・ルーデンベルクの歴史的逆転サヨナラ負けとなったわけである。
 敗因は、現役スポーツ選手の朝日奈葵の体力をあなどっていたこと。

『セレスちゃぁん、気持ちいいよぉ…』
『待って、朝日奈さん、許してくださっ…あっあぁっ…!!も、もう無理ですわ、これ以上は…いやぁああぁぁ…』

 互いの性器を擦り合わせ、セレスが絶頂に達する寸前に意識を取り戻した朝日奈は、
 どうやったのか、上手く彼女の足を絡め取り、自力ではまず抜けないよう固定してしまったのだった。
 ローターのリモコンも届かない位置に取り上げられ、今度は絶頂に次ぐ絶頂を、自分も味わう羽目になってしまったわけである。



「あの、えっと…ほら、イきまくってるセレスちゃんも、すごく可愛かったよ!」
「っ…~~~~!!!」
 セレスはドーナツをはねのけると、頭から布団をかぶり、籠ってしまった。
「朝日奈よ…それは慰めというよりは、とどめだ…」
「えっ、ええっ!?」



『朝日奈さっんっ、ゴメンなさい、ゴメンなさいぃいい…や、いやあぁあっ、らめぇえぇええっ!!!』
『あぁあ、セレスちゃんのおしっこ、クリにあたってるよぉおおお…!』

 彼女に跨ったまま、彼女のいいように身体を弄ばれるという、奇妙な絵図を披露して、
 二人同時に限界に達した、そこまでで済めば話は簡単だった。

 朝日奈が再び気絶して、複雑な拘束から解除され、震える手で、秘部に挿入したままのローターを抜こうとした、
 ちょうどその時だった。

『セレス、朝日奈を知らぬか…済まぬがノックしても返事がなかった故、勝手、に……!!』
『あ…大神さん…』
 さて、実状がどうあれ、第三者から見た状況はこうである。
 ほぼ裸に剥かれたセレスと朝日奈。朝日奈は目隠しをされ、手錠まではめられている。
 そしてセレスは、そんな朝日奈に跨っている。
『…貴様…朝日奈に何をした…!!』
『あっ……ご、誤解ですわ大神さん!私はむしろ被害者…』

 若干自分を棚に上げた言い訳も、怒れるオーガの耳には届くはずもなく、
『ふぐッ…~~~…』(首!首締まってる!死ぬ…!?…ローター、まだ動いて…ダメ、またイ…く…)

 超高校級のネックロックを喰らい、呼吸も出来ないほどの苦しみの中で、
 遠のく意識の中で、放尿と絶頂を繰り返し、羞恥心にまみれながら、抵抗も出来ないまま、セレスは気絶した。
 結局は最後に、快楽の恐怖に落とされたのは、彼女自身だったわけである。

 大神の誤解が解けたのは、正気に戻った朝日奈が、羞恥心をかなぐり捨てて全ての事情を説明してからだった。
「セレスちゃん…もしかしなくてもだけど、私よりも大分敏感だったね」
「黙りなさいビチグソが!…うぅ…」