※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

143 名前: 名無しさん@自治スレで設定変更議論中 投稿日: 2011/06/24(金) 20:04:58.87 ID:rVx/0LV/
妹様とジェノ様のキャットファイトを書く猛者は流石にいないかな

145 名前: 名無しさん@自治スレで設定変更議論中 [sage] 投稿日: 2011/06/25(土) 06:00:04.28 ID:3PgjRvQe
「人間!この私様が、下賎な殺人鬼と戯れるなど、ありえないわ!」
「ゲラゲラゲラ!こっちこそ願い下げだっつーの!」
「……まあ……確かに……絶望的なシチュエーションではありますけど……」
「……あらあら~ん?意外とノリ気?」
「んなわけあるかよッ!あらゆる意味でお断りだッつーの!」
「おーっと全否定!何それ!傷つく!」
「そもそも、お互いの嗜好が完全に一致しませんからね。絶望的に」
「まーねー、アンタがアタシの萌えのツボをつけるわけないわー。性別的に!ゲラゲラゲラ!」
「わたしぃ、直情的な人とか嫌いなんだよねぇ。うっとうしいしー、暑苦しいしー」
「そいつぁしゃーないわっ!アタシってば愛に生きてるから!愛のためなら全力だから!」
「うぷぷぷ……愛だってさ。そんな不確かなものに踊らされる人生なんて、惨めだよねえ」
「そうよ!アタシはまさしく、惨めな愛の奴隷なの!永遠のサーヴァントなのよ!なんつって!」
「……やれやれ。全く残念な発想だよ。それじゃあ奴隷さん、アタシの靴でも舐めてみるかい?」

§(○∀○) ガタッ





「変態殺人鬼に全身くまなく嘗め回されるなんて……なんて絶望的なのッ!(ビクンビクン)」



ごめん、どう構想してもギャグにしかならないわ