※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モノクマ「『解錠者』は、エントランスの中央まで来てください」

苗木「……」


モノクマ「さ、苗木君。30秒以内に決めてね」

モノクマ「最初の『鍵穴』になる女の子は誰? 苗木君は、誰を犯したいの?」

モノクマ「それではカウントダウン、スタート! 30、29、28……」


苗木(……悩む必要は、ない)

苗木(こんな状況だから、とか、そんな言い訳は必要ない…)

苗木(僕が自分の意思で、汚す相手を選ぶ…責任は、僕一人のものだ…!)


苗木「舞園さやか」

舞園「っ…」

苗木「『鍵穴』になるのは、超高校級のアイドル…舞園さやかさん」


モノクマ「……うぷぷぷぷぅ。意外と即決だったねー。苗木君って案外、ケダモノ?」

モノクマ「まーいいや。それでは案内に従って、部屋の中にお進みください」

モノクマ「あ、そうそう。二人の姿はモニターを通して、全員に見られてるからね」


――部屋内――


舞園「あの、私、あの…」

苗木「落ち着いて、舞園さん」

舞園「は、はい……」


苗木「……恨んでる?」

舞園「え、えっ!?」

苗木「君を『鍵穴』に指名したこと」

舞園「い、いえ、そんな…誰かがやらなきゃいけない役目ですし…それに」

苗木「それに?」

舞園「それに……あの、…」



モノクマ「はーい、おっじゃまっしまーす」


舞園「ひゃうっ!?」

苗木「……何の用?」

モノクマ「いやぁ、僕としたことが、二人に鍵を渡すの忘れてたよ」

苗木「鍵…?」

モノクマ「『鍵穴』と『解錠者』だけじゃ、扉は開かないでしょ?」

モノクマ「はい、これ。この箱の中に、鍵と説明書が入っているからね」

モノクマ「もちろんそれを使って解錠しないと、いつまで経っても君たちはここから出られない」

モノクマ「ルール違反とか、『鍵穴』が『解錠者』を拒絶したら、ゲームオーバーだからね。それじゃ」


苗木「……」

舞園「……」

苗木「…箱、開けるね」

舞園「は、はい…」


苗木「……これは」

舞園「何が入っているんですか?」

苗木「……」

舞園「……な、なんですか、これ」

苗木「見たこと、ないの?」

舞園「は、はい…ごめんなさい」

苗木「いや、謝ることはないんだけど」


苗木「じゃ…始めるよ」

舞園「はい…」

 鍵穴:膣内
 条件:射精2回
 備考:ハード


舞園「うぅっ、く…な、縄が食い込んで、痛いです…縛る必要、あるのかなぁ…?」

苗木「いい格好だよ、舞園さん。這いつくばって、犬みたいだ…おマンコも丸見えだし」

舞園「いやぁ…は、恥ずかしいです…見ないで、苗木君…」



苗木「…入れるからね」

舞園「え、そんな、まだ心の準備ひぎゃあああああああ!!!」ブチブチっ



舞園「あ゛っ…いた、痛い…いぎぃっ!!」

舞園「しょじょ、が…私の、処女がぁ…あ、あ゛あぁっ…」

舞園「!! ま、待って、苗木くぅあ゛ぁっ! うご、動かな、ひぎぃっ!!」


苗木「ゴメンね、なんて言ってるか分からないや」

舞園「ひ、ひど、い、ですっ…あぐぅ! こんな、こんなぁあああっ…」

苗木「出すよ…舞園さん」ドクッドクッ

舞園「い、い゛ぃいいいい!!」


舞園「う、あ……」

苗木「……もう、一回」

舞園「ま、待って…せめて、少し…休ませ、っ…!」

舞園「あぁあぁあああっ…あ、はぁ゛ああああっ…!!」


苗木「鍵、使うよ…これ、ローターって言うんだけど…聞いたこともない?」

舞園「ダメ、だめっですぅっ…今、そんなの使われたら、しんじゃうっ…」

苗木「…なんだ、舞園さん、実は知ってたんだ…嘘ついてたんだね、僕に」ヴィイイイ

舞園「あぁあああゴメンなさいぃいいい!!」


舞園「いやぁ゛あああっ…ローター止めてぇえええっ!!」

舞園「し、しぬっ…しんじゃうっ…!!」

 ドクッ

舞園「ふぁっ……あ、はっ……」

モノクマ「はーい、お疲れ様」

苗木「……」

舞園「あ…ぅ…」

モノクマ「うぷぷ、容赦なかったねぇ。舞園さん、処女を奪われた感想はいかが?」


苗木「解錠は終わっただろ。早く扉を開けろよ」