トップページ
  連絡掲示板

■全般
  ゲーム内容・特徴
  よくある質問
  操作一覧
  ストーリー
  登場人物一覧
  装備一覧
  アイテム価格表
  小ネタ・裏技


■翻訳
  ストーリーの翻訳
  DLC:Severedの翻訳
  Logの翻訳
  用語集

■攻略
  Chapter1~3
  Chapter4~6
  Chapter7~9
  Chapter10~12
  Chapter13~15
  Nodes&Schematics
  Hard Core攻略
  敵一覧
  実績/トロフィー

■マルチプレイ
  対戦
  対戦募集

■その他
  アンケート
  シリーズゲーム
  twitter
  RSS
  各種リンク






アクセス
現在 -
今日 -
昨日 -
総数   -  

■検索

■今日の人気ページ
■総合人気ページ

■更新履歴
取得中です。



Chapter 02 : Logs



Cut off their limbs

Listen up, this is Sorenson from CEC. Cut off their limbs! It's the only way they go down! It's their limbs, that's the secret! Comms are down, we can't get a broadcast out, so tell everyone you see!
  • 聞いてくれ。こちらはCECのSorensonだ。奴らを倒すには四肢や頭を切るしかない!いいか、四肢や頭部だぞ、重要なことだ!手元の通信機は壊れてしまっているからこの事は放送出来ない、どうか君達で他の連中に伝えてやってくれ!

Quarterly Report

TITAN STATION Quarterly Economic Report

CLASSIFIED: Authorized Persons Only

DO NOT FORWARD

Titan station unemployment grew unexpectedly to 9.5%, due to collateral job losses from the ongoing collapse of local planetcracking business.

The aftermath of the Ishimura incident continues to depress all planetcracking activity, as more and more support services go out of business, leaving less and less capacity for planetcracking.

However Titan Station continues to post a small profit, buoyed solely by the cash influx from EarthGov's scientific research and operations facilities. Human Needs and Services Organization has been spared the brunt of the planetcracking collapse by the pick-up in traffic with Government Sector.

Planetcracker docks, ships services, mining supplies and tool vendors continue to post heavy losses.

However the CEC itself has found moderate new life for its facility in the R&D department of the Government.
  • タイタンステーション四半期経済レポート

    機密レベル:閲覧資格保有者限定
    転送禁止

    タイタンステーションの失業率は9.5%と言う想定外の上昇を見せた。惑星破壊型採掘事業の不調により、雇用が大幅に減少した事が主な理由である。
    石村事件の余波は他の採掘事業にも大きく影響を及ぼしている。廃業を余儀なくされる支援業務が増加する一方で、採掘事業の規模は年々縮小を余儀なくされている。
    しかし、タイタンステーションは地球政府の出資による研究、及びそれに付随する様々なサービス事業などによって、未だに経済的には若干の黒字を維持し続けている。しかしながら、関連する施設や艦船、及び採掘機材、補給の問題など、惑星破壊採掘にまつわる損失はステーション経済にとっての大きな負担であり続けるだろう。
    CECはそれらの不要になった施設を政府の研究開発施設に転用する事で生き残りの道を模索しているようだ。

Titan Part 1

United Spacefaring Guild History series

TITAN STATION: CONQUERING A MOON

PART 1 of 2

Planetcracking first became feasible in the decades following the discovery of the Unified Field Theory, which allowed us to control the gravitron in the same manner we were accustomed to controlling the electron.

With the advent of large-scale applications of gravitron control, it became clear to the mining consortiums they had a new tool at hand. Shockpoint drives were in their infancy, so extrasolar mining was out of the question -- and the dangers of planetcracking were still unknown.

Saturn's moon Titan was selected as the sight of the first "moon harvest", as it was known back then. Saturn was as far from Earth as the consortiums were willing to work and still have reasonable access to timely supplies and support.
  • 銀河旅行社歴史シリーズ
    タイタンステーション:月を征する
    パート1/2

    惑星破壊採掘(Planetcracking)が可能になったのはごく最近の事です。統一場理論の確立・証明により、重力子を電子と同列に扱う事が可能となりました。重力子制御技術の大規模な利用が可能となったことで、我々は全く新しい採掘の手段を手に入れたのです。
    当時、ショックポイント(ワープ)技術は未だ実用化されておらず、資源の採掘場を太陽系外に求めることは論外でした。ですが、惑星破壊採掘技術そのものもまだ理論上のものに過ぎず、それが果たして上手く行くのかは実際にやってみなければわからない状態だったのです。
    そこで最初の実験地として土星の月、すなわちタイタンが選ばれ、実際に惑星破壊採掘を実行して『収穫』してみることになりました。土星は地球にとっての安全と利便性を両立させることの出来る丁度良い距離にあり、それらの実験を行うには非常に都合の良い場所だったのです。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|