エンシェントビートモン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 エンシェントビートモン
【読み方】 えんしぇんとびーともん
【世代】 究極体
【種族】 古代昆虫型
【タイプ】 ワクチン種
【必殺技】 テラブラスター
カラミティサンダー
【所属】 伝説の十闘士

【詳細】

伝説の十闘士に数えられる、はるか古代に存在した初めての究極体のデジモン。

『雷』の属性を持ち、カブトムシやクワガタムシ、カマキリなど多くの昆虫を合わせた様な姿を持つ。

その外郭の硬度はクロンデジゾイドに匹敵すると言われ、カマキリの鎌状の両腕はあらゆる物を切断し、自らの質量の何百倍の物を軽々と持ち上げる驚異的なパワーを持つ。

エンシェントビートモンの能力は、その後"昆虫型デジモン"等へ引き継がれていった。

必殺技

  • テラブラスター
ヘラクルカブテリモンの必殺技・ギガブラスターの1000倍もの威力を持つ超放電攻撃。

  • カラミティサンダー
超災害をもたらす災厄のイカヅチ。