366

朝日奈「うぅ…ごめんなさい…夜時間のルールを破った私をどうぞお許し下さい…
     でも、今の私には…どうしてもドーナツが必要なのです…」

(…ゴクゴク…)

朝日奈「え…?」

(…ゴクゴク…)

朝日奈「今の…音って…?」

(…ゴクゴク…)

朝日奈「お風呂場の方から…聞こえてるみたいだけど…」

(…ゴクゴク…)

朝日奈「こ、怖いけど…でも…!」


                                                          • 脱衣所-----------------------------

学園長「…ふぅ、風呂上りの牛乳はうまいなぁ…」

朝日奈「……誰!?!?」

学園長「しかしあのヌイグルミめ…まさか不意をついて私をロケットで
うち上げるとは…」

朝日奈(ロケット!?うち上げる!?何の事!?)

学園長「とっさに生物室の骨格標本を身代わりにして抜け出したが…
いつ気付かれる事やら…」

朝日奈(ま、マジで何を言ってるの…あの人…
関わらないほうがいいかも…)

学園長「…誰かいるのか?」

朝日奈(!!)←物陰に隠れて両手で口を塞ぐ

学園長(…どうやら、あのヌイグルミではなさそうだな…)

朝日奈(わ、私は何も見てない…何も見てない!)


                                                              • 翌日-------------------------------

大神「朝日奈は腹痛らしい。今日は部屋で休んでいるそうだ」
学園長「食あたりか?食いすぎには注意したほうがいいと伝えておきなさい。」
霧切「…っていうか何故お父さんがここに?」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。