399

桑田「やっぱよ、朝日奈だって!あのムチムチボディ、たまんねえっしょ!」
山田「いやいや、安弘多恵子殿のミステリアスな雰囲気…三次元にしておくにはもったいない逸材ですぞ!」
大和田「けっ、わかってねえな、テメーら…女ってのはよ、こう、守ってやりたくなるようなか弱さがな…」
苗木「み、みんな、そういう話はよくないよ…」
桑田「んだよ苗木、ノリ悪ぃな!」
葉隠「そういう苗木っちは、誰がタイプなんだべ?」
苗木「え、僕!?ぼ、僕はタイプとかそういうのは…」
石丸「隠さなくてもよいではないか、苗木君!君がいつも舞園君を目で追っているのは、周知の事実…」
苗木「わあーっ!!わぁああーーっ!!」
大和田「容赦ねぇな、兄弟…」

不二咲(な、なんか複雑…)
朝日奈「もー、男子ってばサイテー!」
大神「まあ、たまにはよいではないか…」
セレス「あの腐れラード、人前で本名を出すなとアレほど…」
江ノ島「ふーん、『人前で』、ね…」

舞園「でっ、でも、男の子なんだからしょうがないというか、よくある話題ですよね?」
霧切「……そう、ね」
舞園「…霧切さん?どうかしました?」
霧切「いえ、別に。ところで舞園さん、顔真っ赤よ」
舞園「あ、えっ!?やだ…」

十神「ふん、くだらん…帰るぞ、腐川」
腐川「は、はい…あ、あの、それで白夜様のタイプは…」
十神「…それを俺が貴様に教える義務があるのか?」
腐川「いっ、いえ…すいません」
十神「…チッ」

戦刃「…みんな楽しそうでいいなぁ」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。