619

コロシアイ学園生活開催前日

戦刃「さて、明日は計画実行の日だけど…私はどうすればいい?」
江ノ島「そうねぇ…」
―――――――――――――――――――――――――――――――――
このとき江ノ島の脳内では学級裁判のような展開がおきていた

江ノ熊(モノクマを持っている江ノ島)「まずは簡単な説明から始めます。
お前らの投票で姉さんをどうするか決めてくださいーい。」

議論開始
江ノ静(クールで物静かな江ノ島)「アタシは…
むくろは裏に回っていたほうがいいと思う。」
江ノ勝(男勝りな江ノ島)「賛成だ!!
姉貴が表に出てもメリットねぇからな!!」
江ノ子(子供っぽくてかわいい江ノ島)「それもそうだね。
お姉ちゃん何かとドジしそうだから…」
江ノ暗(暗い雰囲気の江ノ島)「すごく…賛成です…」
江ノ知(知的な江ノ島)「これで決まりですね。
3Zのお姉さまが表に回ってもメリットは0%です。」
江ノ王(女王的な江ノ島)「同士よ!!他意はないな!!
では決定する!!」
江ノ島(普通の江ノ島)「それは違う!!(論破)
つーか、お姉ちゃんが後ろに回って方が危険だよ。」
江ノ王「それはどういう事だ?同士よ。」
江ノ暗「たぶん…あの江ノ島はこういいたいんだと思います…
…残念な姉さんが裏に回っても残念な計画しかしないと…」
江ノ子「それじゃどうするの?」
江ノ島「任せて!!何か閃くから…」

閃きアナグラム開始
み○しめ
  ↓
みせしめ
江ノ島「そうかわかったぞ!!
表に回して見せしめ役にすればいいのよ!!」
江ノ静「確かに可能かもね…しかし肩書きはどうする?
超高校級の軍人なんてださいだけだ…」
江ノ知「我らの肩書きである超高校級のギャルを使えばいいでしょう。」
江ノ勝「俺はいやだからな!!姉貴に肩書きをかすのなんてよぉ!!」
江ノ島「聞き入れてくれないなら…これで証明する!!
(どうせすぐ殺すのだから関係ない)それならいいでしょ。」
全江ノ島「賛成!!」
江ノ熊「それでは投票をお願いしまーす!!」
(戦刃は表に回り見せしめ役にされる)
はいはーい!!全員一致で決まりましたー!!」
そして江ノ島の脳内の裁判は終了した
―――――――――――――――――――――――――――――――――
江ノ島「…お姉ちゃんが私に変装して表に回ってよ。」
戦刃(…何か今江ノ島の脳内で私を馬鹿にした裁判が開かれていた
気がする…)

終わり


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。