モノクマの台本 誤植編

江ノ島はモノクマの台詞の台本を戦刃に頼んだ
モノクマの台本に誤植が多々あった。
江ノ島は台本担当の戦刃に文句を言いに言った

江ノ島「お姉ちゃん?酷いじゃないの。読んだよ、モノクマの台本」
戦刃「え、酷いって、モノクマの色合いが?」
江ノ島「グヘェって違うよ、誤植だよ誤植!台本の文字が間違ってるんだよ」
戦刃「えーホントに~?何処どこ何ページ目?」
江ノ島「ほら、モノクマが処刑の説明をするシーンで
『ハリケーンなんちゃらで体がバラったり』
って、最高に牛男的な台詞が、
『ハリケーンなんちゃらで体がユリったり』
酷いよこれ!」
戦刃「あ、ホントだ。やっちゃった」
江ノ島「いや、やっちゃったじゃないよもう!コロシアイ学園生活がBLじゃなくてGLっぽくなったじゃん!!」
戦刃「ハッハッハ」
江ノ島「ハッハッハァ?なんでご機嫌なの!?誤植はここだけじゃないよ」
戦刃「え~ホントー?何処どこ?」
江ノ島「モノクマが自分を指すところで、
『憎らしくも愛らしいモノクマ』
って、微妙にナルシストっぽいシーンで、
『肉らしくも愛くるしいモノクマ』
戦刃「あ、ホントだ、漢字間違ってる。やっちゃった」
江ノ島「いや、だからやっちゃったじゃないよちょっと!」
戦刃「ハッハッハ!肉らしくもって何?熊肉?」
江ノ島「ハッハッハじゃないよ!なんでそんなに上機嫌なの?!」
戦刃「いや~先日モノモノマシーンでレーションが当たっちゃって~」
江ノ島「ぇ、ホント。よかったね。でもこちとら全然よくないんだよ。まだ誤植あるんだよ」
戦刃「え~何処どこ~?」
江ノ島「ほら二人以上殺したらどうなるかを説明する時の、
『ミンチだよミンチ即ミンチ』
ってチョイ怖い場面で、
『リンチンチンだよリンチンチン即リンチンチン』」
戦刃「あ、ホントだ」
江ノ島「即リンチンチンって、何!?どんなお仕置きをしたら名犬になるのもぅ!また『やっちゃった』とか言わないでよ?」
戦刃「…なんで…やっちゃった…?」
江ノ島「いや、何でと言われても!何ちょっと死にかけたいたいな言い方してんの!誤植はまだあるんだよ?!」

戦刃「え~何処~?レーションには困らない私が一体どんな間違いを?」
江ノ島「その次のページだよ。モノクマが、
『皮と肉しかのこってませんよ』
って言う皮肉を説明する台詞が、
『泡と肉しかのこってませんよ』
なんでモノクマがいきなり泡肉の説明してるの!?」
戦刃「あーホントだ。間違ってる」
江ノ島「間違いすぎだよ!」
戦刃「ハッハッハ…なんで…やっちゃった…?」
江ノ島「死にかけっぽく言わないでよ!気に入ったの?その喋り方?」
戦刃「…なんで…気に言った…?
…なんで…取らないで…?」
江ノ島「取らないよそんな喋り方!それよりもっとあるんだよ誤植!!」
戦刃「え~まだあるの~?…なんで…どの変…?」
江ノ島「何でどの変?そんな無理に言わなくても…最後だよ、最後のページ!モノクマが、
『はい、タイムアーップ!』
って言うごまかしの台詞だよ!」
戦刃「どれどれ?」
『はい、チャームアーップ!』
戦刃「あ、ホントだ。…なんで…やっちゃった…?」
江ノ島「なんですかはいチャームアップって!?」
戦刃「ゴメン、レーションの事で頭が一杯でついうっかり」
江ノ島「しかももっと酷い誤植が最後にあるんだよ!モノクマがあーあーあー!聞こえない!聞こえないよー!
って幼稚な妨害をする台詞だよ!」
戦刃「え~!?そんな台詞間違えないと思うけど…」
江ノ島「間違ってるんだよ!!
『(∩゚Д゚)』
なんなのよ(∩゚Д゚)って!もぅ文字ですらないし!
しかも正体がばれた時の台詞、何これ!?
『私様の歯以下になるなら世界の半分をあなた方に差し上げましょう』
何で私の歯だけが偉いみたいになってんの!?」
戦刃「…何で…やっちゃった…?」
江ノ島「何でじゃないでしょ!この台詞あきらかに私の歯しか偉くないっておもってるでしょ!?」
戦刃「…なんで…そのとおり…?」
江ノ島「だからなんでじゃ…あ~もぅ、なんかもぅ……なんか…やってられない…!!!」
戦刃「…なんか…ごめんね…?」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。