2_82-88

朝「家庭科の調理実習で、バレンタインチョコ作らせてくれるなんて…学園長も粋だよねー!」
セ「あら…あなたには、誰か渡す相手でもいるのですか?」
朝「いるよー!クラスの皆にはお世話になってるし…まず本命はさくらちゃんでー」
大「朝日奈…かたじけない」
セ(なにか色々間違っている気がしますわ…)

朝「男子でもさ、まず苗木は外せないよね!色々面倒な事も手伝ってくれてるし…
  あと、桑田はランニング付き合ってくれてるし、石丸は勉強を教えてくれるし、
  大和田はこの前不良に絡まれた時に助けてくれたし、山田は…」
セ「必要ありませんわ」

朝「…え?」
セ「必要ない、と、そう申し上げたのです。あんな腐れラードに食べさせるのは、
  チョコをどぶに捨てるようなものですわ。必要ありません」
大「…朝日奈よ、察してやれ」
朝「え?どういう…あ、そっか、そういうことねー。
  大丈夫だよセレスちゃん、そういうことなら山田には、市販の義理のしか渡さないから」
セ「…何を勘違いされたのかわかりませんが…」
大「その丁寧にラッピングされたチョコレートは、誰宛てのものだ…?」
朝「ご丁寧に本名つきのカードまで入れちゃってさー。素直じゃないんだから」
セ「…あまりにもあの豚が哀れだから、恵みを施してあげるだけですわ」


舞「ふふ、みんな楽しそうですね…」
霧「あら、随分余裕ね、舞園さん。朝日奈さんも苗木君にチョコを渡すようだけれど」
舞「ええ。だから見劣りしないよう、私も気合入れて作らないと!」

霧「アイドルから手作りチョコを貰えるだなんて…苗木君も出世したものね」
舞「そういう霧切さんも…その可愛いチョコ、誰に向けたものですか?…私、霧切さんには負けませんから」

霧「…心配しなくても、あなたの邪魔になるようなことはしないわ。
  ただ、彼には日ごろお世話になっているから…そのお礼に、ね」
舞「ふーん…ホント、素直じゃないのはどこも同じですねー。ベルギーから取り寄せた○万円のチョコレート使ってるクセに」
霧「なんのことかしら?まあ、月並みだけど名前を伏せて、下駄箱にでも入れておくわ」

舞「だ、ダメですよそんなの!こういうのは手渡しじゃないと!正々堂々、同じ土俵で勝負ですよ、霧切さん!」
霧「私なんかから手渡されても…その…あまりいい気持ちはしないだろうし…
  差出人不明のまま、彼にはいい夢を見させてあげたいから…だから舞園さんも、今の話は内緒にしてね」
舞「何言ってるんですか、もう!ライバルがそんなんじゃ、こっちとしても張り合いがないんです!」
霧「ら、ライバルって…」

桑「今年のバレンタインは、何個チョコもらえっかなー♪」
山「リア充氏ね、ですぞ」
桑「うっせーよブーデー!っつーかさァ、何十個貰ったところで意味ねえんだよ!
  好きな一人からチョコ貰ってる、お前の方がリア充だろうが!毎年、セレスからは貰えるんだろ?」
山「まあ、さんざんな罵倒と、十倍のお返しの請求と共にですがね…義理でも貰えるだけありがたい、というものです」
桑「『義理』って…おめえも大概、三次元には鈍いなァ…」
苗「あはは…」

葉「…いや、苗木っち、『あはは』じゃねーべ。お前さんが一番、この問題を真剣に考えるべきだって」
苗「へ?」
山「そうですぞ、苗木誠殿!…結局、どちらの本命を受け取るのですか?」
桑「あーあ、羨ましいよなァー!国民的アイドルの手作りチョコに、世界レベルの探偵の高級チョコ、二つも本命貰えてよ」

苗「そ、そんな…まだくれるかどうかわからないし、本命かどうかだって、わからないじゃないか…
  それに、僕だって自覚してるよ…僕なんかには、相応しくないって…」

大「…苗木よぉ…お前、それじゃ駄目だろうが、男として」
苗「え…」
大「義理でも本命でも、くれたからには、向こうはお前にそういう気持ちを伝えてくれてんだ。
  自分にふさわしくない、とか、そんな言葉でごまかしてんじゃねえ」
十「この単細胞と意見が合うとは、珍しいな。しかし苗木、俺からも言わせろ。
  自分に相応しくない、という言葉は、同時に相手の気持ちを否定して、踏みにじっていることにもなるんだぞ」
苗「そんなつもり、じゃ…いや、うん…そうだよね…ゴメン、教えてくれて、ありがとう」
十「ふん…くだらん」

石「ははは、結構な事じゃないか!」
大「なんだ兄弟、珍しく『不純異性交遊だ!』とか言わねえんだな」
石「うっ…いや、まぁ、その…」
大「ははーん、さては…」
石「ち、違うぞ!断じて、期待しているとかではない!
  ただ…女子が気持ちを込めて作ったものを、校則だから、といって無碍にするのも…」
大「照れんなって!お、ほれ、女子組が帰ってきたぜ」

朝「みんなー!チョコ作ってきたよー!今年は全員の分あるからねっ!」
桑「おっ、サンキュー!へへ、大事に食うわ!」
葉「貴重な糖分だべ…」

朝「あ、山田のは市販だから。ほい」
山「な、なんですとぉー!この格差…い、いや、貰えるだけでもありがたい…ですが」

セ「…ふん、無様ですわね」
朝「(・∀・)ニヤニヤ」
山「あ、安弘多恵子殿」
セ「そっちで呼ぶなっつってんだろがぁ!…コホン…まあ、いいですわ。
  さて、授業で作った私のチョコ…残念ながら、今年も渡す相手がいませんの。
  でも、このままゴミ箱に捨てる、というのも忍びないですし…
  もしあなたがどうしても欲しいというのなら、このチョコを欲しいとお願いするのであれば…」

山「いや、別に要りませんぞ」
セ「差し上げてもよろし…は?」

山「先程、みんなで話していて思ったのです。こういうものには気持ちが大事だと。
  確かにセレス殿のチョコレート、頂けるのならこれ以上なく魅力的ではありますが…
  誰宛でもないそれを、余っているからといって、僕ごときが受け取っていいのか…いや、いいはずがない!」
セ「な…」
山「そういうものは、セレス殿…いえ、安弘多恵子殿が本当に好きな人ができた時まで、とっておくべきです。
  …それに、実を言いますと、その…今月と来月は財布が厳しくて、頂いても値の張るお返しは用意できそうにないのです…面目ない。
  なので、どちらにしろそれを受け取る権利は、僕にはなくてですね…」

セ「ふ、ふふ……チグソ…が…」
山「あ、あれ?…せ、セレス殿?」
セ「ビチグソがぁああ!いいから黙って受け取れやぁあああ!!」
山「ヒィーーーー!!?」

セ「……ふぅ…どうせあなたの安っちいお返しなど、最初から期待しておりませんから…
  特別に、特別に今年は、無条件で差し上げます…要らなかったら、自分でゴミ箱にでも捨てればよろしいですわ」

山「そ、そんな、捨てるなどと…で、でも……いや、ありがたく頂いておきますぞ。
  ありがとうございます、安弘多恵子殿」
安「っ…び、ビチグソが…」


朝「(・∀・)ニヤニヤ」

桑「ヒュー♪おアツいことで」
葉「あのカップル、見てるこっちが恥ずかしいベ」

舞「ふふ、いいことじゃないですか。なんかこう、青春!って感じで。それはそうと…葉隠君、桑田君、はい、チョコレート」
桑「お、サンキュー。マジ感激っす!」
舞「一応、手作りなんですよ」

葉「…でも、本命はあいつなんだべ?」
舞「そうですね…受け取ってくれるか、わかりませんけど」
桑「大丈夫っしょ、舞園ちゃん可愛いし。それに、さっき俺らで、あいつにさんざん言い聞かせたから」
舞「…でも…彼自身の本命は、たぶん…私じゃ、ないから…」
桑葉「「…」」


桑「……なあ、コレ今食っていい?」
舞「え?ええ、大丈夫ですが…」

桑「モグ…うぉ、超ウメェ!これめっちゃ美味えよ、舞園ちゃん!」
舞「そ、そうですか?」
桑「ああ、これなら絶対苗木も喜んで食うって!なあ、葉隠!」
葉「パク…ああ、これなら間違いないベ!俺の占いは三割当たる!」
桑「だから、それじゃ駄目だろ!」

舞「ふふ…でも、ありがとう…ちょっと、自信がつきました。苗木君にも、渡してきますね!」
桑「おう、頑張れよ!」

葉「…辛い役回りだべ、桑田っち」
桑「うるせーな!…まあ、舞園ちゃんが苗木のこと好きでも、俺が舞園ちゃんを好きな事に代わりはないからよ。
  あーあ、だっせーなー…負け犬の俺、マジカッコワリーっす!」
葉「今度ラーメンでも奢ってやるベ」



不「あ、あの、大和田君…これ、女子のみんなに材料貸してもらって作ったんだけど…
  へ、変な意味じゃなくて、いつもお世話になってるから、その…よかったら食べてくれないかな…」
大「あぁ?」
不「あっ、あっ、ゴメン…変だよね、僕達男同士なのに…ゴメンね…やっぱ、なかったことにして…これ、ちょっと捨てて……っ…」

桑「あー!大和田が不二咲泣かせてるぞ!」
葉「いーけないべー、いけないべー!この男たらしー!」
大「うっせーぞ外野ぁ!!チッ…おい不二咲、それ寄こせ」
不「あ、で、でもあのその…」
大「せっかく作ってくれたんだろが、食ってやんよ!だがまぁ…
  こういうのは、飯を奢る、とかの方が、男のダチらしくていいんじゃねえか?
  今度一緒に、なんか美味いもんでも食いに行こうぜ、お返しに俺が奢ってやっからよ」
不「う、うん!ありがと!」

十「…おい、なにをコソコソしているんだ」
腐「ヒッ!…あ、あの、その…」
十「…さっさとその手に持った小包を寄こせ。拒否権はない」
腐「はっ、はいぃ…」
十「ふん、チョコか…くだらん」
腐「あ、あの、一応霧切…さんに分けてもらったベルギーのチョコレートで、
  せめて白夜様に相応しくなるよう、ラッピングにも絹の…」

十「黙れ…値段などどうでもいい。そんなもの、少し小遣いを払えば手に入る。
  問題は、誰がこれを作り、誰がこれを手渡したか、だ。くだらん事実をいちいち言わせるな…」
腐「あぁっ、スミマセンスミマセ…えっ…」



戦「あの…」
石「う、うむ…」
戦「不味かったら、無理して食べなくてもいいのだけれど…」
石「いや、せっかく女性から頂いたものだ。遠慮せず、頂こう…」

石(臭っ……苦っ!!!)
戦「…ど、どうだろう…こういうのは形からだと思って、カカオから作ってみたんだけど…」
石「む、ぐ…あ、あぁ…そのカカオの風味が、すごく、よく…引き出されているよ…とても、美味しい」
戦「本当…?よかった…」

江「おっ、お姉ちゃんに石丸じゃーん!何してんの二人して?」
戦「盾子…」

江「あ、もしかして…昨日徹夜して作ってたチョコって、石丸のためのやつだった?」
戦「あ、う…///」
江「なんだ、そういうことなら私も手伝ったのに…ちょっと味見」
石「ま、待ちたまえ江ノ島君!!」
戦「あっ…ちょっと…これは石丸に…」

江「…うぇえええ、苦っ!まずっ!絶望的! 何これ…」
戦「え…!?」

戦「そんな…石丸は、美味しいって…」
石(最悪だ…)
江「紳士の石丸が、女の子のくれたものを『不味い』なんて、間違っても言うわけないじゃん!
  …お姉ちゃん、レーションの食べすぎで味覚おかしくなって…っていうか、これ、味見した?」
戦「あ…し、してなかった…」
江「もう、ホントに残姉ちゃんなんだから…石丸、無理して食わなくていいからね!じゃ、あたしはこれで」

戦「石丸…無理させちゃってたんだ…」
石「そ、そんなことはないぞ!僕には本当に美味しく…」
戦「いいよ、気を使わなくて…ごめん、ね…」
石「ああっ、待ちたまえ、戦刃君!!」

舞「霧切さん、ほら、二人で一緒に渡せば怖くないですから!取って食われたりはしませんから!
  あ、でもこの場合は、取って食われた方がいいのかな?」
霧「アイドルが下ネタなんて、感心しないわね…
  ホントに私は大丈夫だから…ほら舞園さん、苗木君が帰ってしまうわよ」
舞「ああ、もう!ホントに私一人で行っちゃいますからね!?」


舞「苗木君、はい、チョコレート!」
苗「わ、ありがとう!すごく嬉しいよ」
舞「言わなくても分かっていると思いますけど、手作りで、本命ですから」
苗「あっ、えっと、その…ありがと…」
舞「…あ、でもでも、それは気にしないで食べてくださいね!」
苗「う、うん!舞園さんから本命チョコを貰えるなんて…僕、本当に幸運だよ」

霧(よし、今のうちに下駄箱に…)

舞「ホントはもう一人、苗木君のためにチョコを作った誰かさんがいるんですけどねっ!」
霧「!?」
苗「え、そうなの…?」
舞「直接渡すのは恥ずかしいから、下駄箱に入れに行くって言ってましたけど…」
霧(まずい…ここで下駄箱に行ってしまえば、私が本命だと苗木君にばれる…
  彼が来るより先に、下駄箱に行かなければ…)

舞「あれ、霧切さんが走って行きましたね…行き先は下駄箱でしょうか?」
苗「な、なんで行き先を知ってるの…?」
舞「ふふ、エスパーですから」


霧「はぁ、はぁ…着いた…えっと、苗木君の下駄箱は…」(ガチャ)

霧「…!」

霧「……そう、よね」
霧「なにも彼にチョコを渡そうと思っているのが、私たちだけとは限らないんだ…」
霧「彼は優しいし、色々な人に好かれているから…」
霧「私なんかからわざわざ匿名で貰ったりしなくても…私のチョコなんか、必要ないのよね」



「――それは、違うよ」

霧「なっ、苗木、君…」
苗「はぁ、はぁ…き、霧切さん…ぜぇ…」
霧「…走ってきたの?そんなに急いで、何か急ぎの用事でもあるのかしら」
苗「ある…あるよ…はぁ……霧切さんが、その鞄の中に隠したものに…」

霧「…これは…調理実習で作ったものよ。自分で食べるの。バレンタインとかは、関係ないわ」
苗「そうなの?でも桑田君、すごい高いチョコを使ってるって言ってたよ。
  自分で食べるためのチョコを作るのに、そんな高いものをわざわざ取り寄せるかな?」

霧「っ…訂正するわ、自分で食べるというのはウソ。あなたが考えている通り、これは本命のチョコよ。
  …今から、その大切な人の下駄箱に入れるところ、だったんだけれど…
  残念ながら、その人はもうたくさんチョコを貰ってしまっていたの。だから、私のチョコなんか必要ないのよ」

苗「それは、違うよ!」
霧「違わないわ。たくさん貰っても迷惑だろうし、おまけに渡される相手が私ともあっては、ね。
  それに…よく考えれば、こんな高いチョコレートを贈られても、重いだけよね…
  お金や素材に物を言わせた自分が恥ずかしいわ。だから、これは…渡せない」


苗「…霧切さん、もし僕がチョコを贈られる立場の人間だったら、きっとこう思うよ。
  チョコじゃなくて、チョコに込められた気持ちが、嬉しいんだ、って」
霧「…」
苗「値段や素材は、その気持ちの込め方の一つでしかないって思うんだ。
  そして、その…すごく思いあがった考えなんだけど…もし仮に、その相手が僕なんだとしたら…
  そうだとしたら、やっぱり下駄箱とかじゃなくて、霧切さんから直接、受け取りたいんだ」


霧「…苗木君」
苗「…ダメ、かな」

霧「…その言葉に、責任は持てるのね?」
苗「もちろんだよ。僕、霧切さんのこと…その…」
霧「私の愛は、重いわよ?」
苗「!…う、うん、全部受け止めてみせる」
霧「そう…じゃあ、その意気込みを、さっそく見せてもらおうかしら」


 そう言って、霧切さんは自分の作ったチョコレートを、自分の唇で挟んだ。
 僕の初めてのキスは、少しだけ苦くて、濃厚で、これ以上にないくらい甘かった。



おまけ・のぞき見するクラスメイト一同

舞「あーあ、結局霧切さんかー…」
朝「さんざん二人の後押ししてた舞園ちゃんが、そんな残念そうに言っても…ってちょ、泣いてんの!?」
セ「失恋した悲しさですか?それとも、友人の恋が叶った感動で?」
舞「どっちも、でしょうか…ふふ」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。