k2_78-80

豆腐の角に頭をぶつけた霧切さん
何故か幼児退行した

霧切「なえぎくんはわたしのじょしゅなのよ!だからいっしょにいなさい!」
苗木「ええ!?と言うか霧切さんどうしたの?」
霧切「いっしょ!いいわね!」
苗木「え、いや、あの…」
霧切「いいわね!?」
苗木「あのさ、霧切さん、事情を…」
霧切「う~っ!い・い・わ・ね!?」

霧切さんが涙目になってきたので苗木君はとりあえず了承した

霧切「なえぎくん!いっしょにそうさするわよ!」
苗木「う、うん」
霧切「ふむふむ、わかったわ!なえぎくん、はんにんはあいつよ!」
苗木「え、そうなの?」
霧切「そうよ!しょうこはこの…」

探偵の能力は変わっていないので非常に優秀である
心は子供、頭脳は大人…その名も霧切響子(特別仕様)

霧切「ゆうごはん、おいしいね!なえぎくん!」
苗木「うん、そうだね」
霧切「なえぎくん!あ~ん!」
苗木「え?」
霧切「あ~ん!」
舞園「霧切さん、苗木君も困ってますから…」
霧切「え、そうなの?…ご、ごめんなさい、なえぎくん…」
苗木「え?ああちょっと!だ、大丈夫だよ!何でもないよ!ほ、ほら!あ~ん!」
霧切「わぁい!あ~ん!おいしい?なえぎくん」
苗木「う、うん…」
舞園「苗木君、霧切さんには甘いですよね」
苗木「え?いや、そんな…」
舞園「じゃあ…あ~ん…」
苗木「え?」
舞園「…ほら、やっぱり霧切さんには甘いです。いいですよ、苗木君なんて知りません」
苗木「わ、分かったよ!あ~ん…」
舞園「…もう、仕方ないですね。あ~ん…」
霧切「む~!なえぎくん!あ~ん!」
苗木「あ、あ~ん…」
葉隠「苗木っちに女難の相が出てるべ」
桑田「リア充氏ね」
山田「いえ、ここは誠氏ね、の方がいいですな」

霧切「なえぎくん!いっしょにおふろはいりましょー!」
苗木「………………………………………え?何?霧切さん?」
霧切「いっしょにおふろ!おっふろ!おっふろ!」
苗木「いや!?あの!?霧切さん!?さすがにそれはまずいって!」
霧切「やー!なえぎくんといっしょにおふろはいるの!」
舞園「……苗木君?」
苗木「舞園さんいつの間に!?と言うか顔が怖いよ!目にハイライトが入ってないよ!?」
舞園「元々入ってないから大丈夫ですよ」
苗木「いや、ちょ…」
霧切「おふろー!」

結局入った

霧切「なえぎくん、おやすみなさい」
苗木「……そこ、僕のベッド…」
霧切「…なえぎくんがこわがるとかわいそうだからいっしょにねてあげるの」
苗木「……怖いの?」
霧切「こわくないもん」
苗木「怖いんだね」
霧切「こわくないもん。これはなえぎくんのためだもん」
苗木「…分かったよ。おやすみ…」

結局一緒に寝る事になった…のだが途中で起こされた

霧切「な、なえぎくん…なえぎくん…」
苗木「ん…ぅ…なに?霧切さん…」
霧切「おしっこ…も、もれちゃう…」
苗木「…分かったよ、一緒にトイレに行こう…」

間に合った

苗木「朝か…ふわぁ…」
霧切「ん…」
苗木「あ、霧切さん、おはよう」
霧切「おはよう…苗木君…」
苗木「え?」
霧切「どうしたの?苗木君……あら?ここは………っ!??!?!」

霧切さんは幼児退行していた時の記憶を覚えていたようだった

霧切「苗木君……」
苗木「な、何?霧切さん…」
霧切「き、昨日の事は忘れなさい!いいわね!」
苗木「え、でも…」
霧切「いいわね!?」
苗木「…えっと…」
霧切「い・い・わ・ね!?」

苗木君は了承した…が、それは建前だけだった
普段見る事の出来ない霧切さんの表情を忘れる事は苗木君には出来なかった
そして、朝食

苗木「いただきます」
霧切「苗木君、あ~ん…」
苗木「え?」
霧切「っ!?な、何でもないわ…」

まだ若干幼児退行の名残があったようだ

舞園「苗木君、あ~ん…」
苗木「え、その…」
霧切「舞園さん、苗木君が困るからやめた方がいいわよ」
舞園「苗木君、嫌ですか?」
苗木「いや、そんな事は…」
霧切「舞園さんには甘いのね」
苗木「き、霧切さん?」
霧切「………あ、あ~ん…」
苗木「え?」
舞園「………苗木君、あ~ん…」
霧切「苗木君、ここまですれば…わ、分かるわね?」
舞園「苗木君、私には分かってますよ、苗木君の気持ち…エスパーですから」
葉隠「……修羅場だべ」
桑田「…怖ぇ…」
山田「誠イ㌔…ですぞ」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。