k2_214

 ――最初は、ほんの少しからかってあげようと。
 ただそれだけのつもり、だったのに。

「――だって、霧切さんが笑った顔って、すっごく、かわいいんだよ!?
  だから、隠すなんてもったいないよ! 笑った方が絶対にいいって!」

 何を言っているのだろう、この少年は。

 彼が、苗木君が無理をしているのは、すぐにわかった。おそらく本人は私をだましているつもりなのだろうけど。
 苗木君がかわいい、という言葉を発した時、ほんの一瞬だけ、彼の目線が床へとそれた。それを私は見逃さない。だって私は、超高校級の――、

 ……ええと、なんだったかしら。

 とにかく、彼はウソをついている。ひどく稚拙で、くだらない、見え見えの、苗木君らしい、――でも苗木君らしくない、ウソ。
 私が年頃の少女のように、……たとえばあの朝日奈葵のように頬を染め、恥じらうなどと思っているのだろうか? まさか、そんなこと。
 でも、そうだとするなら本当に。

 ……私は笑った方が良いのかもしれないわね。あなたが、本当に。そんな馬鹿げたことを信じているのなら。

 だから、少しだけ。ほんの少しだけ気になったのだ。
 彼がどんな反応をするのか。どんな言葉を私に向けるのか。
 だから私は、からかってみようと思って。

「きゅ、急に…何を言ってるのよ……か、かわいいなんて…いきなり…そんな風に言われても…」

 彼のお望みどおり頬を染めて、それこそただの高校生のように振る舞ってみる。
 感情を押し殺して表情を隠してしまうより、嘘でもなにかを装う方がずっと簡単。
 苗木君。さあ、どう?
 ひっかかったね、霧切さん。そんな風に言う? それとも?

「…………」

 でも。
 私の予想は、……いえ、それはほとんど確信に近かったのに。
 それはあっさりと打ち砕かれたのだ。

「…………ほら、」

 苗木君は、少し呆けたような表情をして。ああ、その時点で私の予想は大ハズレ。
 それで、苗木君は、

「ほら、霧切さん。……やっぱり、もったいないよ」

「え? ……え?」

 かわいいよ、と。ヒトを安心させるような顔でにっこり笑って。何故だか彼も頬を染めて。
 ぽりぽりと頬を掻くその仕草は、確かにただの高校生で。
「えっと、……その、えと、……苗木、くん?」
 そして、簡単なはずの演技さえできなくなった私も、ただの高校生だった。

「どうしたの? 霧切さん」

 ああ――、

「……あ、ありがとう」

 どうやら私は、超高校級の、ただの女子高生だったらしい。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。