t_28

食堂で
腐川「白夜様の好物ってな…なんですか?
もしかして…私?」
十神「黙れ、煮ても焼いても食えなさそうな奴が…」
腐川「教えてください白夜様!!
教えてくれたら私が腕によりをかけて作りますから!!」
十神「…俺は人に自分の好物を教えるような人種ではない。
しかし、ヒントぐらいはやるぞ。五月五日…ここまでいえばわかるな?」
腐川「分かりました!!あと霧切のモノマネうまいですね!!」
そういうと腐川は厨房に走っていった…

腐川「どっどうぞ!!」
十神「…なんだこれは…かしわもちじゃないか。」
腐川「五月五日の定番ですから!!」
十神「…まったく…五月五日といえばもう一品あるだろう。」
腐川「あっ…ちまきの事ですね!!」
十神「…そうだ。」
腐川「すいません!!間違えてしまって…でも私、ちまきは作った事が…」
十神「…作り方は俺が指導してやる。」
腐川「えっ…!?」
十神「勘違いするな、お前の作った料理が食べたいからではない。
俺の好物が作れる人間が一人でもいたら、少しは退屈しのぎになるからだ…
…と言わせておきながら何故お前は悶えている…!!」
腐川(白夜様から直接指導をいただけるなんて…)ピクピク

その後腐川はちまきの作り方を教わったそうです



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。