kk2_744-749,754-755

男子側


「えーとまあ苗木の意外な特殊性癖は置いといて・・・・じゃあ次はやっぱ性格か?」
「(特殊性癖って・・・・・(泣))・・・性格って言われても例えばどんな感じで答えればいいの?」
「あー・・・・・、明るい娘とか、大人しい娘とか、優しい娘とかみたいな大雑把な感じで良いよ」

うーん、性格か・・・・その点でいうと・・・・・

「・・・安心出来る人・・・・・かなあ?」
「安心~?それってどういう意味よ?」
「う~ん何て言ったらいいかな・・・頼りになる人、でも良いんだけど・・・ほら、自分で言うのもアレなんだけど、
僕って結構流されやすい性格だからさ、そんな時にこう、手助けしてくれる人・・・みたいな?」
「ふむ、いわゆる公私共のパートナーといった感じを求めているんだね!すばらしいぞ苗木君!!己の伴侶とは共に
協力して生きていきたいという訳だな!?」

いや・・・別にそこまで大仰なものでも無いんだけど・・・・まあ、けど大体の主旨は伝わってるからいいか。

「ふっ、苗木の割にはまともな答えじゃないか・・・確かにそばにいる女が低能ではコチラの気分が害するだけだからな」

いや・・・だからといってそこまで自分本位の考えでもないよ・・・・十神君の彼女になる人は大変そうだなあ・・・。

「ふむふむ・・・という事は苗木っちは俺らの仲間で言うと、霧切っちみたいな性格の女の娘がいいんだべな!!
俺の占いは3割当たる!」
「えっ、霧切さん?」

        • 言われてみると、確かに霧切さんって頼りになるし、横にいて安心も出来るよね・・・・時々、思い出した様に僕の事を
からかったりするけど・・;

「う~ん・・・・・そう言われてみるとそうなのか・・・な?」

女子側

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フフッ///」
「あ、今すっごい勝ち誇ってましたよね!?私達の方を見てすっごい勝ち誇った顔してましたよね!!?」
「そんな事ないわ・・・・・・フフッ///]

そう・・・苗木君は私の様な(性格の)女性に惹かれるのね・・・・・・・。
フフフ・・・パーフェクトな仕事よ、葉隠君。さっきの暴言は聞かなかった事にしてあげるわ。

「むー!口元にやけてるよ、霧切ちゃん・・・!!」
「・・・べつに霧切響子自身を好きと言った訳では無い・・・あくまで性格の事だけだ。あまり調子に乗るな・・・・」ギロッ
「だーから必死すぎだっつーの、この残姉ちゃんは・・・・・まあお姉ちゃんじゃ頼りにはならないよね。野蛮な事に
関して以外じゃ小学生以下の能力しかないし・・・・・うぷぷ、考えれば考える程、残念スペックのお姉ちゃんww」
「ふむ・・・・霧切さんのような性格がいいだなんて・・・・苗木くんは確実「M」ですわね・・・しかもかなりのレベルの、ですわ」ニコッ

誰に言われても良いけど貴方だけには言われたくないわ、セレスさん。

男子側


「じゃあ次は僕からですな!では苗木誠殿、ズバリ!女の娘の萌えポイントですが・・・」
「萌えって言われても・・・;」


「ははは・・・・・・・・・・・あれ?」
「どうしたんだ、不二咲・・・?」
「あ、大和田君・・・(外の廊下に人影が見えるんだけど・・・あれって・・・・・・)ボソボソ」
「・・・どう見ても女子達だな・・・何やってんだあいつら?」
「(多分・・・苗木君の好みが気になるんじゃないかな・・・///?)」
「・・・成る程なあ・・・(おい葉隠、桑田!)」
「(ん?なんだべ、大和田っち?)」
「(何だよ、急に小声で・・・)」
「(廊下見てみろ、廊下)」
「(廊下?・・・・・・・・・ってあの特徴的なシルエットはもしかしなくても女子達か?なんでここにいいるんだ?)」
「(はっはーん・・・ここにいる理由はわかんねえべが、入ってこないのはきっと苗木っちの好みのタイプと聞いて盗み聞きしてるんだべ!)」
「(ま、だろうな・・・くっそー苗木爆発しろ)」
「(よーし・・・それなら俺っちがここで女子達の為に最高の質問をして喜ばしてやるべ!そして俺の人気もうさぎのぼりだべ!)」
「(いや、うさぎがのぼってどうすんだよ・・・・)」
「(つーかこいつさっき盛大に霧切達ディスったの忘れてるだろ・・・・)」


「ほほう!苗木誠殿はポニーや三つ編みといった括った髪に魅力を感じると・・・!?」
「いや、だから別にちょっと可愛いなと思うだけで・・・///」

うう、なんか今日だけで僕の嗜好が無駄にバラされてる気がする・・・!そろそろ止めにしてくれないかなあ・・・・;
ていうかさっきから葉隠君達は何を話してるんだろう・・・何か嫌な予感がするんだけど・・・・

「おーい苗木っち!」

ああ、やっぱり何かあったよ・・・・・;

女子側

「ふむ・・・・今度は括った髪に・・・ですか。苗木くんの「M」はマニアックの「M」でもあるのですね・・・まあ、私のような
高貴な髪型に憧れる気持ちは理解できますけど」
「そうです・・・・っねっと」
「・・・・何、急に髪をポニーテールにしてるんですの、舞園さん?」
「えっ?何のことですか?」ニコッ
「・・・・ぶりっこド腐れアイドルが」ボソ

「へー・・・括った髪ねー・・・ま、まあ別に私は関係ないけどさー!・・・・・・・えへへへ////」
「良かったな、朝日奈よ・・・」
「や、やだなーさくらちゃん!だから別に私はそんなじゃないってばー!!////」テレテレ

「・・・・・・・・・世界なんて私と苗木以外滅んでしまえばいい」
「さっきから全戦全敗のお姉ちゃんの荒み方が半端ないんだけど誰か何とかしてっつーかそれだと私も滅べって事かよ、お姉ちゃん?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フフッ//」
「・・・・後さっきから全戦全勝だからって勝ち誇りオーラ満載の霧切も死ぬ程ウゼーんですけど誰かどうにかしてくんない?」

男子側


「・・・で、何、葉隠君?・・・・・・・・・僕もそろそろ羞恥心の限界なんだけど・・・;」

これ以上僕の印象を悪く(?)しないでほしい・・・。

「まあまあ、そう気を悪くすんなって!次で最後の質問にするだべから!」

やっと最後か・・・でもこれ以上何の質問が残ってるかな・・・?大体の事は答えたはずだけど・・・・

「じゃあ最後の質問いくべ!・・・・・・・ズバリ!!!?」
「ズ、ズバリ・・・・!?」


「超高校級の女の娘と普通の女の娘、付き合うならどっちだべ!!??」

「え、超高校級の?・・・・・・・・・・ははは、それはないよw」

女子側 

「(それはないよw)」

「「「「   ガ━━━━━━━∑(゜Д゜;)川━━━━━━━━ン!  」」」」

「あ、朝日奈っ!?傷は浅いぞ、しっかりするのだ!」
「うぷぷぷぷぷぷぷぷ!!!!フラれてやんのwwww!?全員まとめてフラれてやんのwwwww!!!!」

「そ、そんな苗木くん・・・・ヒドイです~・・・」
「・・・・「それはない」はないよね・・・;」
「・・・・苗木君の分際でこのセレスティア・ルーデンベルクをフるだなんて・・・・・・・あのナ・エ・ド・コ・風・情・がーーーーー(怒)!!」
「・・・・もう、世界なんて絶望に満ちてしまえばいいんだ」
「・・・・待って落ち着くのよ霧切響子まだフラれたと決まったわけじゃないわ「それはない」と言ってもそれは別に私の事を指している
とは限らないそ、そうよ苗木君は超高校級に対して無いと言っただけであって私自身をないといった訳ではないし、だけどわたしも
超高校級の探偵には間違いないわけでだとすればこの肩書きを捨てればいいんじゃないかしらそうそうよそうすればいいのよまずは
手っ取り早く霧切家から根本から潰す方向で動けば・・・ぶつぶつぶつ」

タッタッタッタッ

「呼ばれて飛び出てジェノサイダーーーwww!?・・・ってあらあら~ん?何でみんな急に凹んでるの~?私のいない間に
楽しい事でも起きた?た・と・え・ば・・・・・・・・皆一斉にフラれたとか!?デヒャヒャヒャヒャヒャwwwww!!!」

「「「「 ズ━━━━━━━ il||li OTL il||li━━━━━━━ン  」」」」

「貴様ぁ・・・・傷心の朝日奈達をさらに傷つけよって・・・・・!!」
「え、マジなの?シィーッッット!!一斉フ・ラ・レ・現場見逃したじゃーん!?デヒャヒャヒャヒャwwwwww!!!!」

「「「「 スド━━━━━━━━━━━il||li OTL il||li━━━━━━━━━━━ン 」」」」

「やめろぉぉぉ!!朝日奈達の体力は既に零なのだぞ・・・・・!!!!」

男子側

「・・・・・えーと・・・・・・・・・・・・・・・な、ないんだべか・・・・?」
「え、うん・・・ないって言ったけど・・・・・?」


「(・・・どどど、どうすんだよ!?まるっきり逆効果じゃねーか!??)」
「(だ、だってそんな事言ったって、まさかこんな返事が返って来るとは思わねーべ!!??)」
「(お、おい・・・・ここからでも分かるぐらい女子達のテンションMAX下がってんぞ・・・)」
「(うわぁ・・・・もう完璧お通夜みたいになってるよ~・・・;)」
「(っていうかさ!葉隠、テメエなんつー質問してんだよ!?アレじゃあ片方選ばなかったらこうなんの分かるだろ!?)」
「(お、俺ッちの占いだとココで苗木は「超高校級」を選ぶ筈だったんだべ!!俺の占いは3割当たる!!」
「(アホかーーーー!!?お前それだと7割はコッチ選ぶってことじゃねーか!?)
「(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありゃーΣ(゜ロ゜;)!! !)」
「「(ありゃー・・・・っじゃねーーーーーーーーーーーー!!??」」

えーと・・・なんか葉隠君達の様子が変だけど僕なんかおかしい事言ったかなあ・・・・?

「ふむ、苗木君・・・参考までになぜそう答えたのか教えてくれないか?」
「え、そりゃ・・・・「超高校級」なんて肩書き持ってる人が、ただの一般人の僕なんかとじゃ釣り合いが取れると思わないし・・・・
友達とかならみんなみたいになってくれると思うけどさ、恋人とかになると候補にも挙がらないだろうなーって・・;」
「苗木貴様・・・それは本気で言ってるのか・・・?」
「といいますか・・・・普段から舞園さやか殿や霧切響子殿等のアプローチに対して何か反応が薄いと思っていたら、本気で
気付いてなかったんでありますな・・・苗木殿マジ天然・・・;」
「・・・・・???」

後日・・・

「あの・・・霧切さん・・・・?」
「・・・・・・・・・・・・・」プイッ
「(困)え~と・・・・・・・舞園さん・・・・?」
「・・・・・・・・・・・・・」ムスッ
「(汗)・・・・・・あのセレスさん。これって・・・」
「・・・・・・・・・・・・・チッ!」スタスタスタ
「(悲)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あの朝日奈さ」
「苗木のバーカ!」
「(泣)・・・・・・・・・・あっ、戦場さん!これ一体何が・・・」
「・・・モノクマに蹴られて私と一緒に死ね」
「どういう状況!?」

ちなみにこの状態は苗木が謝り倒し(理由は分かってないけど)、全員をデートに(苗木的には遊びに)誘うまで続いた・・・。

「・・・・ていうか、やっぱりリア充展開じゃねーか!!苗木マジ爆発しろ!!!」
「誠氏ね、ですぞ!!」
「ええ、何で!?」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。