yt_679-681

セレス「あら、苗木君。ハッピーバレンタインですか?」
苗木「ハ、ハッピーバレンタインって・・・。全然だよ」
セレス「まあそうですわね。苗木君ですもの。うふふ、いつも通りで安心いたしましたわ。誇ってもいいのですよ?」
苗木(誉められてるのか貶されてるのか分からないよ・・・!)
セレス「それはそうと私の下僕は見かけませんでした?」
苗木(下僕って・・・山田君の事だよな?)
「ついさっきまで一緒にいたよ。まだ食堂にいるんじゃないかな?」
セレス「食堂・・・?ああ、【恵んでもらってる】のですか。まったく醜いですわね」
苗木「それは違うよ!
山田君は恵んでもらってるんじゃない、逆なんだ!」
セレス「逆・・・?」
苗木「そうなんだ。山田君はチョコをいっぱい貰ってるんだよ。」
セレス「っ!?あんな奴にチョコを渡す物好きが・・・」
苗木「山田君は同人作家なのは知ってるよね?」
セレス「・・・まさか」
苗木「そうなんだよ、山田君のファンからいっぱい来てるんだよ!」
セレス「・・・証拠はあるのですか」
苗木「・・・え?」

セレス「証拠はあるのですか、彼に来たチョコがファンからだという証拠が。」
苗木「どういう意味?」
セレス「彼の事です。自分でチョコを買って自慢してるのではありません?」
苗木(なんでセレスさんこんなにムキになってるんだ?
でもあるんだ、証拠が。それをセレスさんに示さないと!)
「証拠はこれだよ。ついさっき撮ったんだ」‘携帯の写真’
セレス「・・・っ!?何ですのこれは、何故、そんなに、チョコが天井に届くほど山積みにっ・・・!」
苗木「このチョコ全部山田君宛なんだ。もし彼が自分で買ったなら目立つはずだよ。
それに全部手作りなんだ。山田君が自分で作ったとしても昨日の食堂にはなかったよね?
これだけの量をたった一晩で作るなんて不可能だよ!」
セレス「し、しかし。共犯者がいれば可能ではないのでしょうか」
苗木(共犯者って・・・おおげさじゃ・・・)
「確かに可能かもしれない。けどね、山田君は絶対しないことをこのチョコ達はしてるんだ」
セレス「絶対しない、事?」

苗木「そのチョコ達は山田君の好きなキャラを象ってるんだ!
自分で作ったのならそんなすぐバレるようなことはしない。
それに、山田君は昨日熱で寝込んでたんだよ?
買いにいくのも作るのも不可能だ!」
セレス「ぐうっ・・・!・・・うふふ、そうですか
      • 負け、ましたわ」
苗木(負け、って。勝負してたのか?)
セレス「ふふふ、負け犬で哀れな苗木君に差し上げましょう」
苗木「え、この包みは?」
セレス「ハッピーバレンタインですわ。山田君に負ける苗木君に哀れみの手ですわよ。せいぜい感謝して泣き崩れありがたみ食しなさい」
苗木「あ、ありがとうセレスさん!」

数分後
山田「おや、苗木誠殿。うっひょ!どなたから頂きました!?」
苗木「セレスさんだよ。ついさっき会ったんだ」
山田「ぐぬあっ!?ひ、一口頂けませんか!」
苗木「もちろんだよ!いっぱい食べさせて貰ったからね。」
山田「ぬふふ、これでおあいこですぞ。あー・・・んぐんぐんぐ・・・う?
何ですかな、チョコの甘さの裏に感じる・・・ラー油?葱?肉??あ・・・餃・・・子」
苗木「や、山田君!?ちょっ、倒れるほど!?山田君っ?大丈夫!?ちょっ、餃子臭っ!?」


終われ


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。