こちら苗木誠探偵事務所2

 「呆れた。まさか一人でまだしりとりしてたなんて」

「そう言わないでよ。てっきり霧切さんは気付いてるものかと思ってたんだ」
 返事はない。冷たい視線(今度は本当に冷たい)だけを僕によこして、霧切さんは天井を仰いだ。その動作に合わせ、座っている椅子が音もなく斜めに傾いだ。
えらく質のいいオフィスチェア。これは部費で購入したものらしい。ちなみに僕の椅子は普通の、パソコン室にでも置いてそうな回転椅子だ。
少し前までは普通のパイプ椅子だったのだけど、見かねた山田君と不二咲さん(パソコン同好会所属)が寄付してくれたものだ。
「……何よ?」
「いや、別に何も」
 ちょっとずるかった。
 
 
 苗木誠探偵事務所は、教室の三分の二程度の大きさしかない。
 
 部活動に所属したことのある人ならわかってもらえるだろうか、床はリノリウムでできていて、長机が二つ、くっつけて置いてあって。
 そこそこ大きなスチール棚と、使ってるのか使ってないのかわからない、掃除用具でも入っていそうなロッカーがなぜか四つ。
それに、これはうちの事務所(霧切さんがそう呼べって言った)にしかないと思うけど、本棚。
 そこに椅子を向い合せに並べて。僕と霧切さんを配置して。
 そうすれば、苗木誠探偵事務所のできあがりだ。
「だいたい貴方は少しずるいのよ。私が”なえぎくん”って呼ぶの知ってるくせに」
「ちょっと意味がわからないんだけど」
 支離滅裂なことを言ってくる。さっきしりとりで僕が負けた時悔しかったように、霧切さんは拗ねていることを隠そうともしない。
「だって。私が最後にに”なえぎくん”って呼びかけるだけで、それだけで負けになるじゃないの」
「それを言うなら僕だって同じじゃないか。きりぎりさん、って言うだけでアウトだよ」
 問題は呼びかけじゃなく敬称だと思う。
 まあそれはともかくとして、依頼がないときの僕らはいつもこんなかんじだ。
 霧切さんお勧めのミステリを読んでみたり、二人でとりとめのない会話をしてみたり、さっきみたいにちょっとした遊びをしてみたり。
 二人だけの(良く部活申請が通ったものだと思う)探偵事務所は、一部を除いて学園内の依頼しか受けない。クライアントが学園生だけに限定されるからだ。
 ひとたび依頼があれば二人とも出払ってしまうから、数多くの依頼を受けることもできない。一人ぐらいは留守番で残った方が良いのかもしれないけど、それは霧切さんが許してくれないし、それに彼女は部員を増やすことにもいい顔をしないのだった。
「そこまで言うなら、呼び捨ててみたらどうかな。なえぎ、って」
「嫌よ。なんだか突き放した言い方になるじゃない」「そうかな」「そうよ。試してみる?」
「それじゃあ、やってみようかな。……霧切」
「苗木」
 ………これは、なんというか。
 霧切さんもなんか傷ついた顔してるし。
「霧切さん、僕が悪かったよ」
「………いいえ」
「え、えっと! じゃあさ!」
 ひどく沈んでしまった空気を振り払うように、僕は身を乗り出した。がたん、と椅子が倒れる音がする。
「え、ええ」
 びくり、と霧切さんが肩を震わせる。きょとんとした霧切さんの顔は珍しいっていやそうじゃなくて。
「名前で、……呼んでみるっていうのは、どうかな」
「……え」「いやほら! しりとりにならないから、ね?」
 ますます霧切さんが戸惑った顔をする。僕は何を言っているのか。
「わかったわ。えと、……誠、くん」
「駄目だよ霧切さん。敬称つけたら意味ないじゃないか」
「そうね。あ、貴方も、言って頂戴。……誠」
「う、うん。……響子」
『…………』
 これは、なんというか。
 もうしばらく、部員は増やさなくてもいいかもしれないと。
 僕はそんなことを思ったのだった。
 

 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。