こちら苗木誠探偵事務所3

「本当にありがとう! いやぁ、なんとお礼を言ったらいいか……」
「そんな、お礼なんていいですよ」
「いや、そういう訳には。是非お礼がしたい。させてくれ!」
「本当に、大丈夫ですから。僕らも好きでやってることですし」
「そうか……なら、せめてこれを受け取ってくれ。食堂で使える――」
「――それなら」
「うん?」
「……それなら。二枚、頂けないかしら。その食券」

 苗木誠探偵事務所は、基本的にボランティアだ。


 そもそもからして部活動で金銭のやりとり、というのがありえない。活動資金は部費で十分にまかなえるし、霧切さんも僕もお金が目的で探偵事務所をやっているわけじ

ゃない。
 じゃあなんで探偵事務所なんかやっているのかと尋ねられれば……それは、僕にもわからないけど。霧切さんは未だに理由を教えてくれない。
 閑話休題。とにかく僕らは金銭を受け取らない。けれども霧切さんは優秀な探偵で、望外の依頼遂行にお礼をと、何かを取り出す人は後を絶たず。
 そんな時に、霧切さんは。消費できるものなら、ふたつ。もしくは二の倍数で、報酬を要求するのだった。
「霧切さんは、何食べるの?」
「そうね。今日は……せっかくだから定食にしようかしら。苗木君は?」
「じゃあぼくはラーメ……」「………」「ぼ、僕もなにか定食にしようかな……」
 今回の報酬は食券二枚。一度きりで好きなものが食べられるスグレモノで、文化祭など学内イベントでの景品でよく見かけるものだ。
 というわけで、僕と霧切さんは翌日の昼食を学食でとることにした。
 結局僕はとり南蛮、霧切さんは焼き魚定食を選び、空いている席に向い合せで腰かけた。なんだか事務所にいるみたいだ。
「……? なにがおかしいの、苗木君」
「ううん、なんでもないよ。いただきまーす」「……いただきます」
 二人で合掌。味噌汁をすすって、ほう、と息をつく。
「ねえ、霧切さんはラーメン嫌いなの?」
「どうして?」
「いや、さっき……」「なんのことを言ってるのか、わからないわ」「……そう」
 首を傾げつつ、ご飯を口にする。暖かい食事が食べられるのが、お弁当にはない利点だと僕は思う。自炊もあんまり、得意じゃない。
「(霧切さんは……料理、得意なのかな)」
 ほんのりとした酸味のある鶏肉を口に運びながら、ちらりと霧切さんを伺う。
 ちまちま、ちまちまと。霧切さんが器用にサンマの身と骨を分けていく様子は、なんだか可愛らしくさえ思えた。
 そう言えば以前、海外生活が長かったというような話を聞いた覚えがある。それにしては随分箸の扱いが上手い。
「…………何よ?」
 ――と、目が合う。その瞳は無感情にも見えるし、なんとなく僕を責めているようにも見える。
「あまり人の食べるところをジロジロと見るものではないわ」
「ご、ごめん」
 慌てて自分の食事に戻る。思い出したように鶏肉を一口。このタルタルソースは絶品だ。鶏肉もしっかり揚げてあって言うことない。ついでに未だ湯気を上げているご飯を

ぱくり。
「うん、美味しい」
「……ねえ、苗木君」
「どうしたの?」
「その、とり南蛮? って、美味しいのかしら」「美味しいよ。食べたことない?」「ええ。初めて見る料理だったから」「だったら、ほら」
 とり南蛮の味を知らないなんてもったいない。僕はひょいと食べやすそうなサイズの鶏肉を箸で摘みあげて、霧切さんに差し出した。
「ほら、霧切さん。ぱくっ、と……――」
 ――僕は。一体、何を。
 霧切さんの口許に突き出した僕の箸。今更それを引っ込めるようなことはできなくて。というか気づくのが遅いよ僕。
「………ぁ」ぱくり。もぐ、もぐ。もぐ、……ごくん。
 その、白くて細い喉が上下するのさえ、僕は凝視してしまって。
「ええと、」「……」「……美味しかった、かな」「味なんて、分かる訳、無いでしょう」「ご、ごめん。……それじゃ、もうひとつ」「――ッ!?」「うぁ、ええと、違くて、その、」
 その一瞬だけ、僕らは今いる場所がどこか完璧に忘れて。
「……また、食べに来ようか、霧切さん」「……ええ」
 僕らは互いに顔を伏せ。見知ったクラスメイトが通りかかって話しかけるまで、そうしていた。

Next Episode こちら苗木誠探偵事務所4


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。