4-463

突然ですがノンストップ議論開始!
(ウィークポイントは『』です)

キリギリ「常識的に考えて、『目玉焼きにはウスターソースをかけるのが普通』だわ!」

キリギリ「苗木君は超高校級の幸運である以外は至って普通の高校生…。」

キリギリ「苗木君。ここまで言えば分かるわね?」

マイゾノ「根黒六中ではみんな目玉焼きに醤油をかけてました。」

マイゾノ「苗木君も六中出身ですから、『彼も醤油派』のはずです!」

マイゾノ「そうですよね、苗木君?」

セレス「いいえ。苗木君はいずれ『わたくしのナイトになる殿方』…。」

セレス「『彼にとっての普通はわたくしの普通と同意なのです。』」

セレス「ならば彼も『目玉焼きにケチャップをかけるのが筋』というものでしょう。」

オオワダ「下らねえ。」

オオワダ「目玉焼きに『最高に合うのはマヨネーズ』だろ!!!」

オオワダ「マヨネーズ以外なんて認めねえぞ、俺は!」

トガミ「全く、貴様らの貧しい舌には同情を禁じ得ないな。」

トガミ「目玉焼きには『デミグラスソース』しか有り得ん!」

フカワ「目玉焼きにも一流のこだわりを求める…。」

フカワ「さ、流石は白夜様!」


ナエギ「(どうしよう…。僕が今持ってる言弾は…)」

  • 言弾…苗木の目玉焼き:今朝の朝食のメニュー。下味以外は何もかかっていない。

ナエギ「(これじゃ使い物にならないし、かと言って誰かの言弾を記憶して論破しても後で絶対痛い目見るだろうな…)」

ナエギ「画面の前の皆さん。僕は一体どうすればいいのでしょう?」



オチがないまま終わる

誰が何派かは完全に私の独断と偏見によるものなので、突っ込まないでください。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。