「――― 好きだから」

「――― 好きだから」

「好きだから」「この状況に陥れた」
「好きだから」「檻に入れた」
「好きだから」「首輪をかけた」
「好きだから」「逃がさない」
「好きだから」「容赦しない」
「好きだから」「あんたが欲しい」
「好きだから」「絶望に染まりきったあんたの姿が見たい」
「好きだから」「武器を持たせた」

「好きだから」「怒りを持たせた」
「好きだから」「あんたの前にばかり現れた」
「好きだから」「嘘をついた」
「好きだから」「あんたをこちら側につかせたかった」

「好きだから」「死にたかった」
「……好き、だから」「殺されたかった」

―――「好きだから」「愛してよ」

「好き……だから……」「愛してよ……苗木、誠」
「………………………」「好きだから、愛してるから」

「ボクが、好き、ならば、ボクを、愛してるなら」
「………………………」

「――――― 生きることに、希望を持ってよ」
「それだけは、出来ない」

「好きだから」   「それがいい」

「嫌いじゃないのか」「嫌いだよ」

「他の言弾は」   「いらないよ」

「やっぱり」    「…………?」

「好きだから?」  「それは違うよ」

「好きだから」   「論破して」

―――――。

「苗木君」   「霧切さん」
「泣いてるの?」「そうみたい」
「どうして?」 「わからない」
「……………」 「どうして、だろ」

「……………」 「……………」

「泣きなさい」 「濡れちゃうよ」

「良いのよ」  「……………」

「あなたは、頑張った」 

「……………」

「自分を、誇りに思いなさい」

―――――。

「好きだから」「さよならは言わない」

「好きならば」「また会える」

「返事は」  「また会った時に」

「待ってるよ」「待てるのかい?」

「辛くても」 「……………」

「あんたの為なら」 「ありがとう」

「それじゃあ」 「……またね」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。