「とんでもない」

「ボクが『超高校級の絶望』……?」
「と、とんでもない……」

「ボクの名字が江ノ島?」
「それは違うよ」

「江ノ島さんの下の名前、盾子……さん、だよ」

「ボクは男。江ノ島さんは女性。性別からして違うし……
 ああ、でも、勘違いする可能性はあるか」


「大丈夫、怖がらないで。希望を持って」


「これからもキミが希望を失わないように、
 ほんの少しの絶望が込められた言弾を優しく撃ち込むだけだから」


「うんうん、希望を持って、笑って笑って」


「ああ、あっち?」

「――――― 『超高校級の絶望』、江ノ島盾子さんが受け持ってるから大丈夫だよ」

「アタシが『超高校級の希望』……?」
「とんでもないッ!!」

「私様の名字が苗木?」
「それは違うわ」

「苗木クンの下の名前、誠……クンだよ?」

「私は女性。苗木クンは男。性別からして違うではありませんか。
 ああ、でも、勘違いする可能性はありますね」


「大丈夫ぅー、怖がらないで、キャッ☆ほぉら絶望を持って☆」


「これからテメェらがリビルド(再生)的絶望を永久に抱くよう、
 デストロイ(破壊)的希望が込められた言弾をオレが盛大に撃ち込んでやるだけだからさ!!」


「うぷぷぷぷぷぷぷぷぷ…………そうそう、絶望を持って、笑って笑って!!」


「ああ……あっち……ですか……?」

「―――『超高校級の希望』、苗木誠が受け持ってるから大丈夫だよ」

―――――。

「お疲れ様、苗木」

「お疲れ様、江ノ、島……さ……ん……。………………」

「………………どうしたの?誠」

「……お前はいつもやりすぎだ!!盾子!!」

「あ、やっぱ……いつも通り、怒ってる?」

「当たり前じゃないか!!………こっちは普通にいってるのに、キミはいつもいつも……」

「ルール破ったのは重々承知してるよ。知った上で破ってるんだし、アタシ、甘んじておしおきを受けます」

「『規則をやぶったら、おしおき』。
 キミの場合、本当どうかと思うけど、それに代わるものがないからな……。
 帰ったら、みんなに頼んでおしおきセット用意して貰わない……と。
 って、いつものことだからって、用意されてるんだろうな……。
 ああ、もう!!今日のおしおき当番、モノクマじゃないか!! 
 クソッ!!あいつの場合、連帯責任……ボクもおしおきだッ!!」

「オマエと一緒にお・し・お・き!?
 ああ、それってなんて、絶望的な希望で、希望的な絶望なのッ!!
 これからももっともっとアタシの絶望を発揮していかなきゃ!!もしかしたら、常人には許容範囲超えいっちゃうかも!!
 苗木誠、あんたは希望を失わないでアタシを止められるかしらん??」

「……………。はあ……終わってからの、ある意味絶望コース、無限に終わらない気がしてきたよ……。
 けど、ある意味希望コースに進むこと、ボクは諦めないけどね。
 …………もし、ボクの許容を超える絶望をお前が振りまくならボクは容赦しない。
 江ノ島盾子、ボクは負けない。どんな絶望が降りかかろうが……希望を失わないで、全力でお前を止めてみせる!!」

「「―――― はっ!」」


「あー、えっと、うん、ゴメンね~? いつものノリなんだよ、アタシ達の」
「それは違うよ!!いつもじゃないでしょ、というかノラせるのそっちでしょ!?     
 世間一般的にはボクは普通の中の普通人って認識なのに……キミと一緒にいると………」
「希望と絶望、表と裏、でも、紙一重な関係。
 お互いが希望も絶望も受け入れて一緒にいることを選んだんだから、それくらい、どうでもいいって顔をしなさいよね。苗木」
「………なんてね、元々、そのつもりだよ。江ノ島さん」


「うぷぷぷぷ。
 じゃあ、改めまして」

「……………ボク達が何者なのかって、質問に答えるね」


  ―――――。



「ボク達は……」「アタシ達は」


「「―――― 【超高校級の(希+絶)望】なんだ」」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。