希望VS絶望(入浴編)

苗木「江ノ島さん、お風呂沸いたから先に入っていいよ」
江ノ島「はーい。あ、そうだ。どうせなら苗木も一緒に入る?なんちゃって……」
苗木「うん!わかったよ!」
江ノ島「は?いや、冗談に決まって」
苗木「それならボクは先に入って待ってるよ!」
江ノ島「え……なに?なんなの……?」

苗木「まだかな、江ノ島さん……」
江ノ島「苗木?じゃ、じゃあアタシも入るから……」
苗木「うん!遠慮しなくていいよ!」
江ノ島「なんでそんなに元気なの……ほら」
苗木「ちょっと待ってよ!どうしてタオルを身体に巻いているの!?」
江ノ島「はぁ?当たり前でしょ?なんであんたが喜ぶような事をアタシがしなきゃいけないんだよ」
苗木「それはおかしいよ!タオルを湯船に入れるなんてマナー違反じゃないか」
江ノ島「うぷぷぷ、必死だね苗木クン。見れなくて絶望した?」
苗木「それは違うよ!タオルで身体を隠すって事は、その見えない部分に人は希望を持つんだ!」
江ノ島「え……?じゃあ、見せなかったらアンタはこのまま希望を持ち続けるの?」
苗木「そうだ!それにボクが期待通りに絶望しないなんて、江ノ島さんにとっては凄く絶望的だよね?」
江ノ島「アタシが絶望する?……最高じゃない!!」
苗木「キミがタオルを取らない限りはボクは絶望したりなんかしないし、希望を持ち続ける……これがボクの答えだ!」
江ノ島「……わかった。あんたに見せてやるから、それで思いっきり絶望しな!」
苗木「うん、江ノ島さんの裸は絶望的だよ(訳・饅頭怖い)」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。