石丸君から戦刃さんへ

「別に良いのに…お返しなんか」
「いや、そういうわけにはいかない!」
「あんなチョコ渡しておいて…正直こっちとしては、受け取るのも心苦しいというか…」

 なんて、一応遠慮はしてみるものの、さっきから頬が緩むのが止まらない。
 渡したあの日には、まさかこんな関係になるって思ってもみなかったから。

 石丸は私に合わせて、男女の仲でなくてもいい、相棒でいい、そう言ってくれたけれど、
 私の方がとっくに、彼にべた惚れというか。

 もちろん、正式な恋人の仲じゃない。
 キスはおろか、手を繋いだことだってない。
 この距離感が心地いい時だってあるけれど、やっぱり、もっとずっといちゃいちゃしたい。

 二人で一緒に、トレーニングと称したデートを繰り返し、
 一人では沈黙のまま、淡々とこなしていたランニングや筋トレが、
 彼と二人だと、驚くほど速く進んで行くわけで。

 ホワイトデーの一週間前から、気が緩めばニタニタと笑いだしてしまい、
『お姉ちゃん、絶望的に気持ち悪いんだけど…』
 と、盾子が口癖のように言ってしまうほどだ。

 そして、

 そんな浮かれている私にも、今日も絶望は憑きまとってくるわけで。

「…これなんだが」
 彼が神妙な面持ちで、自分の鞄から取り出したのは、

「…」
 コーヒー豆を入れるような、なかなかの大きさの缶だった。
 ラベルには、なにやらよくわからない文字がずらりと書かれている。
 緩んでいた頬が、すー…っと、引き締まっていく。

「プロテインだ」

 そうですか。

「…あ、気に入らなかったか?」
「あ、いや、そうじゃなくて…ほら、缶だから! 一瞬何か分からなくて…」

 彼が心配そうな顔を覗き込むので、私はとっさに笑顔を取り繕う。
 こういうの、盾子当たりなら得意なんだろうけど、おそらく今の私の顔は、相当いびつに歪んでいる。

「そ、そうか、よかった…」
 私の笑顔がどう彼の眼に映ったのか、とにかく彼は安堵の息を吐いた。

 いやいや、おかしい。
 私が残念がるのは、筋違いだ。

 だって私の方が言ったんだから。男女としての付き合いは苦手だって。
 それを鑑みれば、私とこいつはただの相棒、むしろトレーニング仲間なわけで。
 プロテインだって、最高のプレゼントじゃないか。

 それに、石丸が選んでくれた、それだけで…

「実はそれ…ただのプロテインじゃないんだ」
「…?」

「僕はあまり、プロテインは詳しくなくて…朝日奈君と大神君に相談して、二人に選んでもらったんだ。
 だからそれは、世界に一つだけの配合だ。いわば『超高校級のプロテイン』……戦刃君?」

 …だから。
 おかしいんだ、私がこんな気持ちになるのは。
 どれだけめんどくさい女なんだ。

「あ…りがとう、早速今日から…飲んで……っ」

 気を使ってくれたんじゃないか、石丸は。
 私に合うものを、必死で探してくれた。自分で分からないから、他の女子に聞いてくれた。
 他の、女子に…

「悪い、今日はちょっと…体調が」
「…戦刃君?」

 今度は上手く笑えただろうか。彼に心配をかけないように。

 石丸がくれたプレゼントを手に、私は彼に背を向ける。

「ま、待ちたまえ、戦刃君!」

 石丸が手を掴んだ。男らしいゴツゴツした手だ。
 ああ、いつか手を繋いでもらえたら、と思っていたのに。
 こんな形で、その機会を迎えるなんて。

「何か僕の方に不備があったか?お願いだ、教えてくれ!」
「…ないよ」

 不備だらけなのは私の方だ。
 なんか、情けなくなってきた。

 石丸が手を離そうとしないので、私は背を向けたまま、文字通り後ろ手を引かれている。
 変な体勢だけど、こんなグシャグシャな顔、こいつに見せるわけにはいかないから。

 私が『普通の女子高生』に憧れをもっていることは他でもない事実なわけで。
 彼にもそのことを、それとなく伝えていた。
 だから、ちょっと期待してしまったんだ。年頃のカップル然としたイベントに。

 高価なものじゃなくていいから。
 形に残るものじゃなくていいから。

「本当のことを言ってくれ、戦刃君!」
「嘘じゃないって…」
「じゃあなんで、あんなに辛そうに笑うんだ!」

 どこの二流学園ドラマか、と、私は涙をこぼしながら笑う。

 廊下を通りすがる生徒が、怪訝な目をしてこっちを見ている。

 もう、大げさなんだ。こいつも、私も。

「僕は何か、君を傷つけるようなことをしたんだな?けど僕は愚かだから、その答えに気づけない…
 頼む、正直に話してくれ!僕達は、相棒じゃないか!」

 相棒、だから。
 恋人じゃ、ないから。

 言えるか、そんなこと。
 女の子らしい、お前が自分で選んだモノが欲しかった、なんて。

 あーあ、このまま家に帰れば、盾子に笑われるんだろうな。

「…プレゼントがまずかったんだな!?」

 石丸の手が汗ばんでいる。
 ホント、むさくるしいほどアツいやつだ。

「…そんなことないよ。嬉しいよ」
「ちょっと、待っててくれ」

 衣擦れの音が後ろで聞こえた。ポケットをまさぐっているようだった。

「後ろは向かなくていい…これを、手に取ってくれないか」

 掴まれている手と逆の手に、包み紙を押し付けられる。
 器用な体勢でそれを受け取り、いったい何なのか、と私は片手でその包装を解いた。

「これ…」

 包装の中に入っていたのは、小さなイヤリング。
 三日月を象った綺麗な石の欠片が、銀色の枠にはめ込まれている。

 それはまさに私が望んでいた、『女の子らしい』『カップルらしい』プレゼント。

「最初はそっちを渡そうとしていたんだ…」

 石丸はようやく手を離し、私の正面に立とうとする。
 それも私は拒み、顔をそむけた。

「けれど君は女であることに抵抗があるようだし、そういう装身具は、逆に傷つけてしまうんじゃないかと思って…
 それに、その…僕自身の下心を押し付けている気がして… ぐふっ」

 彼が言い終わる前に、私は勢いよく振り向き、
 その胸板に向けて、思いっ切り頭を押し付けた。

「…い、戦刃君?」
「…ちょっと胸貸せ、馬鹿」

 手は無意識に、彼がくれたイヤリングの袋を握り締めていた。

「今度はどうした?…や、やはり気に入らないか?」
「…こっちでいい。こっちがいい」

 泣きながら笑う、というみっともない顔を見られないように、胸板に額を押し付ける。
 見せてたまるか、こんな姿。

「…プロテインも貰うけど…こっちの方が嬉しい。お前が自分の手で選んでくれたプレゼントの方が」
「そうか…よかった」

 頭の上から声が響き、そっと肩を抱かれる。
 肩を抱かれる、なんて、少し昔の私じゃ、きっと怖気を抱いていただろう。
 今は、どうだ。こんなに安心感に包まれている。

 変われるだろうか、私も。
 普通の女子高生に。

「それより下心って、お前…」
 鼻声になっているのも気にせず、私は照れ隠しに石丸をからかう。

「それは…最初に言ったではないか、女性としての君に惹かれている、と…」
「…しかも女に渡すプレゼントを、他の女に選ばせて、挙句それを本人に明かすとか」
「す、すまない…君が傷つくと思ったんだ」

「もういいよ、お前になら…」

 お前になら、女扱いされたいよ、私は。

「…戦刃君」

 下校時刻を知らせるチャイムが鳴っても、私は石丸の胸に顔をうずめていた。
 もう涙は乾いていたけど、なんとなくこうしてもたれかかるのが、心地いいから。

「何」
「その…なんだ…良い匂いがする」

 らしくない発言に、ちょっと面喰らいながらも、私は尋ね返す。

「硝煙の匂いでもすると思ったのか?」
 悪戯っぽく、上目遣いで石丸を見上げてみる。
「そういうわけじゃない!のだが…」
「あのな、私だって毎晩ちゃんと風呂に入っているんだから…というか、急に何?」
「い、いや…女扱いされたいと、君が言うからだな、その…」

「それならもっと…ほ、ほら、胸が当たっている、とか」

「胸?…今は、当たっているのか?」
「…」

「ぐほっ…!」

 鍛え抜かれた拳で以って、石丸の鳩尾を穿つ。

「す、すまない、気がつかなかったんだ…」
「気が、つか…!?」
 紡いだ二の句も、私の残り少ない胸をえぐり、私は石丸の首を締め上げた。
「ぐ、うぉおおお…な、にを、する…」

「無いわけじゃない!人よりちょっと小さいだけだ!」
「な、何を言っているんだ!?」
「花も恥じらう女子高生に、そんな失礼な事言うな!」
「何が恥じらうんだ!人前で脱ぎ出す痴女のくせに…」
「お前…仮にも乙女に向かって…!」
「お、乙女なんてキャラじゃないだろう!」
「うううううるさい!良いだろ、憧れてるんだから!」

 自分でも、どうしてこんなやつを好きになってしまったのかと思う。

 空気読めないし、頑固だし、無駄に明るいし、熱血だし、真っすぐすぎるし、私の素肌を見ても綺麗だとか言ってしまうし、

 もう、ホント、馬鹿。大好きだ。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。