もしも不二咲が本当に女だったら

もしも不二咲が本当に女だったら

生まれつき、気が弱い自分にコンプレックスを持っていた不二咲は、誰に対しても強気でぶつかっていく大和田に、いつしか恋愛感情を抱いていた・・・

不二咲(大和田くん、すごいな・・・いつも堂々としててかっこいいな・・・私、好きなのかな?大和田君の事が・・・でもきっと、大和田君は私を好きになってくれない・・・
プログラミングしか取り柄のない私になんか、興味を持ってくれないよ・・・それに、大和田君みたいに素敵な人には、もう彼女がいるはずだよ・・・
だから、遠くから見てるだけにしよう・・・)

朝日奈「最近さ、不二咲ちゃん、大和田の事ばっか見てない?」
舞園「恋・・・ですかね?」
朝日奈「ええー?ないない!さすがに大和田相手にはないって!」

大和田「なんかこの頃、不二咲のやつがこっち見てるような気がすんだけどよ」
桑田「あー、そりゃオメーあれだよ。自意識過剰だよ」

大和田「ああ?んなことねーって!確かに視線を感じんだよ!」
桑田「なら、嫌われてんだわ。これで決定。他にありえねーって」
大和田「マ、マジかよ・・・」

朝日奈「ねえ、不二咲ちゃん。大和田と何かあったの?」
不二咲「え・・・どうして?」
朝日奈「最近、大和田を目で追ってるように見えたからさ」
不二咲(き、気付かれてたんだ。恥ずかしい・・・)
朝日奈「まさかとは思うけど・・・いじめられてる、とか?」
不二咲「ち、違うよ!大和田君は・・・そんな人じゃないよ!」
朝日奈「だ、だよね。ごめん・・・でも、じゃあなんで?」
不二咲「それは、その・・・その、ね・・・」
朝日奈「ん?」
不二咲「あの・・・誰にも、言わないでくれる?」
朝日奈「いいけど・・・」
不二咲「わ、私・・・大和田君のことが、好き、なんだ・・・」
朝日奈「・・・えっ?」
朝日奈(いやー、ビックリした。まさか舞園ちゃんの言った通りだったとは)
不二咲「でも私、自分に自信が持てないから、見てることしかできなくて・・・」
朝日奈「・・・不二咲ちゃん。話してくれてありがとう!私も協力するよ!不二咲ちゃんの恋が実るように!」
不二咲「ええっ?い、いいよそんな、悪いし、それにきっと、大和田君には彼女が・・・」
朝日奈「いないよ絶対」
不二咲「えっ・・・本人に聞いたの?」
朝日奈「聞いてはないけど・・・でもいないのは確実だよ。あ、そういえば今日の日直、私と大和田だったんだ!
放課後、あいつと2人だけで教室に残ることになるからさ。その時にそれとなく聞いてみるよ。不二咲ちゃんの事、どう思ってるのか!」
不二咲「ええー?そ、そんな、もし嫌われてたらどうしよう・・・」
朝日奈「・・・不二咲ちゃん。今のままでいいの?」
不二咲「うっ・・・」
朝日奈「勇気を出さなきゃ、ずっと何にも変わらないよ?だからさ、一緒に頑張ろうよ!」
不二咲「・・・そう、だよね。ありがとう、朝日奈さん・・・私、頑張ってみる!」
朝日奈「うんうん、その意気だよ!」 


放課後、教室にて
日直の仕事をしている大和田と朝日奈
朝日奈(うーむ、どうやって話を切り出そう・・・)
大和田「なあ、朝日奈」
朝日奈「んっ?」
大和田「お前よ、不二咲とよく話すだろ?あの女・・・俺の事嫌ってる様に見えるか?」
朝日奈「ううん、全然・・・」
大和田「そうか・・・ならいい」
朝日奈「でもさ、なんでそんなこと聞くの?大和田ってさ。人からどう思われるかとか、気にしないタイプだと思ってたけど」
大和田「・・・ま、まぁ、そいつはな・・・」
朝日奈「?」
大和田「だ、誰にも言うんじゃねえぞ!いいな!」
朝日奈「な、何を?」
大和田「俺は・・・俺はなあ!不二咲に惚れてんだよ!」
朝日奈「・・・えっ?」
朝日奈(うわー、すごい偶然!あれかも、赤い糸ってやつかも!)
朝日奈「だったら、今すぐ告白してきなよ大和田!不二咲ちゃんも大和田の事が好きなんだよ!本人から聞いたんだから間違いないって!」
大和田「は、はあっ?ほ、本当だろうな、それ?」
朝日奈「本当だってば!不二咲ちゃん、きっとまだ校内にいるはずだよ!探しに行って、気持ちを伝えてきてあげて!」

その頃、不二咲は教室に向かっていた
不二咲(今日は朝日奈さんと一緒に帰ってもらおう。大和田君のことで、相談に乗ってもらいたいし・・・)

大和田「け、けどよ、俺、告白って上手くいったことねえんだよ・・・今まで、何回も失敗しちまって・・・」
朝日奈「もう、何ビビってんのさ!絶対大丈夫だって!」
大和田「くっ・・・お、おい朝日奈!お前でちょっと練習させろや!」
朝日奈「はっ?」

不二咲が教室のドアを開けた瞬間、大和田は朝日奈にこう言った。

大和田「お前が好きだ!付き合ってくれ!」

不二咲「・・・えっ?」
不二咲「あ、あはは・・・」
大和田「ふ、不二咲・・・!」
不二咲「あははは、はは・・・」
朝日奈「ち、違うんだよ。これはね?」
不二咲「ご、ごめんね?邪魔しちゃったみたいで・・・」
大和田「ま、待て!お前、誤解してんだよ!」
不二咲「そ、それじゃあ、今すぐ帰るから・・・」
朝日奈「お、お願い!話を聞いて!」

不二咲は、教室を飛び出した
普段の彼女からは想像もつかない速度だったため、大和田も朝日奈も、後を追う事が出来なかった・・・

不二咲は、ろくに前も見ずに帰り道を走り抜けた

不二咲(これで、よかったんだよ・・・大和田君も、朝日奈さんも、私の大切な人・・・
2人が幸せになれたんだから、それでよかったんだよ・・・
 ・・・なのに、なのに・・・
なんで涙が、止まってくれないの・・・?)

彼女はその夜、一晩中泣いた
心が潰れてしまいそうな苦しさで、眠ることなどできなかった・・・


担任「はーい皆さん、席に着いてくださいねー。ホームルーム始めますよー。えー、今日はですね。不二咲さんはお休みです。
お家から連絡がありました」

大和田(・・・不二咲が、休み・・・)
朝日奈(やっぱり、昨日のことがショックで・・・)

舞園「心配ですね・・・不二咲さん。どうしたんでしょう?」
腐川「ふ、ふん・・・!どうせすぐに、あの情けない顔を見せにくるわよ。そうに決まってるわ・・・!」

大和田(あの女を、傷つけちまったってのに・・・)
朝日奈(不二咲ちゃんの力になるって、決めたのに・・・)

担任「えーと、じゃあ他に、来ていない人は・・・」

大和田(俺は・・・何をウジウジしてやがるんだ!)
朝日奈(私・・・自分のことしか考えてなかった!)

大和田と朝日奈の魂は、この瞬間赤く燃え上がった

担任「ひっ・・・?」

桑田「ちょ、どうなってんだこれ!あちぃ!なんか大和田がめちゃくちゃあちぃ!」
石丸「きょ、兄弟!自分を取り戻したのだな!僕は信じていたぞ!」

大神「あ、朝日奈よ・・・!我には見えるぞ!お主の胸の奥に灯った火が・・・!」
セレス「今度は暑苦しくなりましたわ。いっそ教室から出て行っていただけませんでしょうか」

江ノ島「うっわ、何この空気!キモッ!やば、耐えられない、吐きそう!」
むくろ「あの2人から、強い戦意と、覚悟を感じる・・・」

苗木「き、霧切さん!大変だよ!大和田君が!朝日奈さんが!どうしよう!」
霧切「わ、私に聞かれたって・・・どうしろっていうの!」

「理解できない」という経験に慣れていなかった霧切さんは、軽いパニック状態になっていた

夕方
自宅の自室のベッドの上で、いまだに泣いていた不二咲の耳に、激しくドアをノックする音が聞こえた。
不二咲「・・・誰?お母さん?」
大和田「不二咲!俺だ!開けろ!」
不二咲「え・・・?お、大和田くん・・・?」
大和田「顔を見せろ!お前に言わなきゃいけねぇことがある!」
不二咲「ど、どうして大和田くんが、私の家、知ってるの・・・?」
大和田「朝日奈の奴が調べてくれたんだよ!学校中の奴に聞いて回ってな!」
不二咲「・・・心配、かけちゃったんだね。ごめん・・・でも安心して、明日からは、学校に行くから・・・」
大和田「そうじゃねえよ!俺はお前に・・・本当のことを言いに来たんだよ!」
不二咲「・・・え?」
大和田「俺が好きなのはお前だ!お前が昨日見たあれは、告白の練習をしてただけだったんだよ!」
不二咲「う、嘘・・・本当に?」
大和田「本当じゃなきゃ、家まで来やしねえよ!」
不二咲「で、でも、私なんか・・・大和田君と違って、弱い人間だから・・・」
大和田「弱い・・・?」
今まで何度も頭の中で再生されていた、兄の最期の瞬間
それを、大和田はもう一度体験していた
大和田「・・・俺だって、弱ぇんだよ!俺が強けりゃ、自分の力だけで気持ちを伝えられりゃ、お前がここに籠ることもなかっただろうが!
なぁ、頼む。出てきてくれ。もう覚悟はしてきた。お前にどう想われてもいい。迷惑かけちまった朝日奈や、クラスの奴らのためにも・・・お前とは向き合わなきゃいけねぇんだ」
そう言って、床に座り込んだ大和田の目の前で・・・
ドアが、ゆっくりと、とてもゆっくりと開いた
そこから、おそるおそると不二咲が、涙に濡れた顔を出した
不二咲「私で、いいの・・・?本当に、いいの・・・?」
驚きの顔を浮かべた大和田だったが・・・
ふっと笑みを見せると、立ち上がり、不二咲を抱きしめた

大和田「今さら、聞くまでもねぇだろ・・・」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。