希望ヶ峰学園小等部 帰りの学級裁判(ホームルーム)

 石「せんせい! 昼休みに霧切君が兄弟を泣かせました!」
 父「本当かい? きょ…霧切さん」
 霧「…………」
 父「黙っていないでなんとか言いなさい」
 舞「あの、今日の昼休みにみんなでドッジボールをしてたんですけど…」
 桑「俺のボールをよけた大和田がこけちゃってさー」
 安「そこにすかさず霧切さんが倒れた大和田くんの顔面にボールをブチ込んだわけです」
 不「そしたら、大和田くんが泣いちゃってぇ」
 大「ちっ違えよ馬鹿! 誰が女の投げた球なんかで泣くかよっ ただああいう時はふつー立つまで待つと思ってたからゆだんしただけで……グスッ……つうか男ならルールは守れよなぁっ!!(鼻声)」
 戦「……言ってること、おかしくない?」
 石「とにかく霧切くんは兄弟に謝るべきだと僕は主張するっ! 多数決をとろう! 謝るべきだと思う人は挙手を!」
 舞ノ「謝ったほうがいいと思います」
 桑ノ「あの近さで顔はまずいっしょ」
 朝ノ「霧切ちゃん、謝っちゃいなよ~」
 安ノ「頭なんていくら下げてもただですわよ?」
 十ノ「早くしろ……天災テレビくんが始まってしまうだろうが」
 腐ノ「い、いつまでそこで突っ立ってんのよ、かかしにでもなるつもり?」 
 霧「………………っ……」

 「それはちがうよ!」

 霧「苗木……くん?」
 苗「霧切さんは昼休み教室で本を読んでいて、今日のドッジボールは僕が無理やり誘ったのが始めてなんだ……だから霧切さんはルールをよく知らなかったんだ。これが事件の真相だよ」
 舞「……それでも泣かせてしまったことは謝るべきだと思います」
 桑「つかさ、何で苗木は霧切かばってんだよ?」
 葉「それは苗木っちが霧切っちにほの字だからだべ!」
 さ「……ほぉ」
 朝「思春期だ! 苗木は思春期大臣だよ!」
 苗「ち、ちがうって! 何言ってるんだよ!?」
 桑「あ、噛んだな! そーゆーのって怪しいんだぞ!」
 戦(噛むと怪しいんだ……)
 苗「だ、だから――」
 桑「また噛んだな!」
 山「これこれ桑田礼恩どの、こういう時は「二度も噛んだ……!」と某エースパイロットのように……」
 安「黙ってろよ腐れラード!」
 苗「みんな落ち着いてよ! 今はそんな話をしてるんじゃないだろ!?」
 霧「苗木くん……もういいわ」
 苗「霧切、さん?」
 霧「もう私をかばおうとしなくてもいいのよ」
 苗「良くないよ! そもそも今日僕が昼休み君を誘ったからこんなことに――」
 霧「苗木くんのくせに生意気よ」
 苗「ええ!?」
 霧「私の今の状態にあなたが責任を感じることは一つもないわ。それに……」
 苗「?」
 霧「誘ってくれて……嬉しかったから」
 苗「霧切さん……」
 父「……」プルプル(←握った拳の震える音)
 舞「……」シャッシャッ(←砥石でカッターを削る音)
 霧「とにかく、今日の出来事に苗木くんは関係ない……そして私がルールを知らなかったわけでもない……」
 一同「……(ごくり)」
 霧「私は最初から大和田くんを狙い撃ちするつもりだった!」

 ……お後はよろしいようで (どこで間違えたんだろう・・・?)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。