kk4_608

苗木「あ、霧切さんおはよう。今日も暑いね」
霧切「…ええ、おはよう。良いもの食べているわね、苗木君」
苗木「ん、これ?」
霧切「宇治金時とは、またベタなチョイスね。あなたらしいけど」ソワソワ
苗木「…食べたいの?」
霧切「! そ、そんな浅ましい目をしていたかしら…」
苗木「食べたいんだね。待ってて、今もう一つ作るから」
霧切「…あ、ありがとう」


霧切「…ん、結構美味しいのね」シャクシャク
苗木「もしかして、食べるの初めて?」
霧切「似たような文化は向こうにもあったけれど…そうね、抹茶アイスに餡子に練乳、なんて、こっちでしか味わえないから」シャクシャク
苗木「そっか」
霧切「…」シャクシャク
苗木「あ、もしかして…あの、そんなに急いで食べると、」
霧切「……!! …~~~っ!!!」キーーーーン
苗木「やっぱり、関連痛のこと知らなかったんだね…えっと、お茶お茶」
霧切「あ゛っ…な、苗木君、これは…!?」
苗木「大丈夫、すぐ治まるよ。待って、今温かいお茶を…」

霧切「は、んんっ…あぅっ…!」
苗木「……」

霧切「な、苗木君…お茶、は?」
苗木「……大丈夫、すぐ治まるよ」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。