喫茶店にて

霧「苗木君、このパフェを注文してみようと思うんだけど」
苗「なんか凄いボリュームだね……。こんなの食べきれるの?」
霧「私一人なら無理かも知れないわね。でも、この場にはあなたもいる。ここまで言えばわかるわね?」
苗「え、えーと……」
霧「だから、その……二人で食べるのよ。……駄目かしら?」
苗「あ、ああ……うん、いいよ」
霧「……じゃあ、決まりでいいわね。すみません、このジャンボパフェいただけるかしら。それと……スプーンを二つ」


苗「……(モグモグ)」
霧「……(パクパク)」
苗「……おいしいね」
霧「そうね……」
苗「そうだ、霧切さんサクランボ好きだったよね。あげるよ」
霧「……悪いわね」
苗「どういたしまして」
霧「……(パクパク)」
苗「……(モグモグ)」
霧「あ、苗木君」
苗「ん、何?」
霧「右の頬にチョコレートが……」
苗「え、どこ?」
霧「じっとしてて。拭いてあげるわ」
苗「あ、ありがとう……」
霧「……礼を言われるほどのことじゃ、ないわ」
苗「う、うん……(モグモグ)」
霧「……(パクパク)」
苗「……」
霧「……どうしたの?」
苗「あ、いや……その、こうしてると僕達ってさ……」
霧「私達が、何?」
苗「や、ごめん。やっぱりなんでもない」
霧「途中まで言いかけておいて止めないで。いいから言ってみなさい」
苗「わ、わかったよ。……こ、こうしてると僕達って、その……なんというか」
霧「なんというか?」
苗「こ、こい……」
霧「……!」
苗「じゃなくて……え、ええっとそうだ。きょ、兄弟みたいだね!(←逡巡の果ての照れ隠し)」
霧「!?」
苗「……とか言ってみたりして……ははは」
霧「……」
苗(あ、あれ? もしかして怒らせちゃった?)
霧(くっ、おかしい……途中まで完璧だった筈なのに……! どこで……どこで間違えたの?)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。