超絶望級の恋

あたしは何にでも飽きっぽい。
そんなあたしがここまでやったんだ。頑張ったほうじゃない?
お姉ちゃんを殺し、クラスメイトを殺し合わせ、そして―――あたしも、死ぬ。
別に死ぬことは怖くない。むしろ生きてて最大の絶望を感じれるんだから最高じゃない。

「江ノ島さんっ…待ってよ!」
おしおきに移行する直前、苗木誠があたしに言った。
あたしは聞こえなかったふりをする。何なの、こいつ。何でまだあたしを…
「ねえ、ボクは君に死んでもらおうなんて考えてないんだって!」
「おい苗木、お前はそいつをかばうのか?」
「ね、ねぇ…止めなよ…」
「でもよー、朝日奈っちだって憎いんじゃねえのか?だってこいつのせいでオーガは死んだんだべ?」
「そ…それは…」
「やめなさい、今ここで私たちが喧嘩しても意味がないでしょう?」
「ギャハハハッ!あーははっ、まこちんはぁーどーっちなのさぁーん?」
結局、こいつらも脆い馬鹿な人間なんだ。偉そうに言ったって、みんな誰かを殺そうとした。
絶望に、感染した。
「江ノ島さんっ!」
伸ばしてきた苗木の手をあたしははらい、椅子の上に立つ。
そして大きく深呼吸をし、叫ぶ。
「では改めて…
さあ、始まりました!ドッキドキワックワクのおしおきターイム!」

今まで使用したおしおき道具が次々とあたしを襲う。
けど、そんなものでは死なない。だってあたしは「超高校級のおしおき」を受けるのだから。
あたしは強欲で我儘で自分勝手で最低な人間。
そんなあたしを苗木誠、あんたは受け入れようとしてくれた。
バッカみたい。だから嫌いなやつだった。あたしは絶望なのに。最初から絶望なのに。
希望とは相反する存在。だから苗木、あんたとは分かり合えない。無意味なことなのに。
なんで、好きになっちゃったんだろう。そう気付いた時にはもう最後のおしおきだった。
苗木が受けて、生き残ったおしおき。でもあたしは生き残らない。確実に死ぬ。
無意識にモノクマを抱きしめる力が強くなる。それは死ぬ恐怖ではなく、怒りだった。
何で苗木はそんな哀しそうな目であたしを見つめているの?本当に嫌い。
嫌いだったくせに好きになってしまった。それに気付くのがあまりにも遅かった。
これも、絶望。身体がずしっと重くなって息苦しくなる。それが、快感。
プレス機の音が大きくなる。死が近づいてくる。
きっと目にも当てられない無様な死体になるのだろう。どうせ最期なら、想おう。

好き。あたしは苗木のことが好き。
世界中の誰よりも苗木誠の事を愛してる。大好き。
初めて会った時の苗木、今でも忘れられないよ。おどおどしていて、とっても可愛かった。
だからあたしは思いっきり抱きしめたよね。こっそり胸を強調して。
その時苗木は顔を真っ赤にしてあわてて離れた。
そして何でか謝った。あははっ、何も悪くないのにね。
苗木、あんたはこれからいっぱい絶望することだろう。
けれど「希望」のあんたは何があっても立ち向かうことだろう。仲間と共に。
それは何とも思わない。勝手にすればいいじゃない。
けどさ、忘れないでよとか願ってもいいかな?あんたには最低なイメージしかないだろうけど。
苗木、好き。大好き。愛してる。

ああ―――
 苗木のことを
  好きになるの
            飽きた 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。