kk5_534

苗「はぁ……疲れた……」
霧「お疲れ様。悪いわね、いつも捜査を手伝ってもらって」
苗「あ、ううん。それは全然いいんだけど」
霧「そう言ってもらえると助かるわ。
  でも、そうね……たまには少しくらい、あなたの労をねぎらってあげないといけないわよね」
苗「いいよそんなの! 僕も好きでやってるんだしさ」
霧「私はこれでもあなたにとても感謝しているのよ?
  少しくらい、その気持ちを形にして示させて欲しいの」
苗「気持ちは嬉しいけどさ。でも……」

苗(僕としては霧切さんと一緒にいられるだけでも十分……なんて、さすがに面と向かっては言えないよな……)

霧「そう遠慮しないで、苗木君。お願いだから……」
苗「……わかったよ。そこまで言うなら」
霧「ありがとう。本当に慎み深いのね、あなた。
  ……それじゃあ、そこにうつ伏せになって」
苗「!? い、一体何を?」
霧「何って……マッサージよ。他になにがあるの?」
苗「あ、ああ……そりゃそうだよね……」
霧「? どうかした?」
苗「い、いや、何でもないよ! ははは……。
  そ、それじゃあお願いするね」
霧「ええ……」

―――――

霧「どう、苗木君?」
苗「う、うん。気持ちいいよ」
霧「そう……良かったわ」
苗「マッサージ、上手なんだね」
霧「まあね。祖父によくやらされたから、少しは自信あるのよ」
苗「へえ。ちょっと意外かも」
霧「ここはどうかしら?」
苗「い……痛っ!?」
霧「我慢して。痛いのは効いている証拠なんだから」
苗「わ、わかったよ……」
霧「ふふっ……ほうら」
苗「痛たたたっ!」
霧「我慢よ。男の子でしょう?」
苗「う、うん……。
  あの、ところでさ」
霧「何かしら?」
苗「……なんで僕の上にまたがってるの?」
霧「なんでって、マッサージしやすい態勢だからよ」
苗「そ、そうなの?」
霧「……もしかして、重かった? ごめんなさい、気が回らなくて」
苗「そ、そんなことないよ! 全然重くないから!」
霧「本当に? このまま続けても大丈夫?」
苗「あ、えーと……うん」

苗(重さは気にならないけど、その、お尻の感触が……でも言えないよなあ)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。