お下品なスレの流れに霧切さんはご立腹のようです

599 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/09/05(月) 06:37:37.54 ID:mDTimRya
いつからこのスレはこんな下品になったんだよw

600 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/09/05(月) 08:49:34.26 ID:zBgB7A/Y
>>6や>>8の霧切さん・苗木君が
今のこのスレの流れを見たら、なんと言うだろうか


霧切「……」
苗木「えっと、霧切さん。その……」
霧切「何よ」
苗木「もしかして、怒ってたりする?」
霧切「……別に。くだらないことで他人に揶揄されるのには慣れているし。
   これくらいでどうこう思うほど私は繊細に出来ていないわ」
苗木「……」
霧切「流れがあまりに低俗過ぎて呆れ返っている。それだけよ(プイッ」
苗木(思いっきり怒ってるなこりゃあ……)

霧切「……」
苗木「あ、あのさ」
霧切「何? まだ何かあるの?」
苗木「いや、なんというか……ごめん」
霧切「何故あなたが謝るの? もしかして、あなたもこの流れに参加していたとか?」
苗木「そ、それは違うよ!」
霧切「なら、何なの?」
苗木「このスレの住人達はみんな霧切さんを応援してくれている人達だからさ。
   今回はちょっとアグレッシブになり過ぎちゃったけど……許してあげてほしいんだ」
霧切「……」
苗木「僕が代わりに謝るから……ね?」
霧切「……ふふっ、まったく……だからさっきも言ったじゃない。私は気にしていないって」
苗木「霧切さん……」
霧切「それにしても、つくづくお人好しね、あなた。
   どこの誰ともしれない名無しをかばい立てしても、あなたには何の得もないでしょうに」
苗木「それはまあ……そうだけど」
霧切「でも、それがあなたのいいところね。私も、あなたのそんなところが……」
苗木「え?」
霧切「なんでもないわ。それより……実際のところ、あなたはどうなの?」
苗木「? 何の話?」
霧切「この流れみたいなこと、あなたも考えているのかしら?」
苗木「い!? そ、それは……その」
霧切「ああ、それから……あなた先刻『このスレの住人は私を応援している』と言ったけど、それは正確ではないわね。
   正しくは……『あなたと私を応援している』じゃないかと思うのだけれど」
苗木「え、や、わ……!?」
霧切「ふふっ……本当にからかい甲斐があるのね。
   それもあなたのいいところよ。お蔭で気が晴れたわ」
苗木「ちょ、ちょっと霧切さん! 気が晴れたって……もう……!」
霧切「さてと……すっかり遅くなってしまったけど、昼食にしましょうか。早く行くわよ、苗木君」
苗木「あ、待ってよ霧切さん! ……本当にもう……」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。