kk5_804-807

「うぷぷぷぷ、おはようございまーす!」
 起き抜けに見るモノクマの姿ほど、不快な気分にさせるものはない。

「…勝手に就寝中の女子の部屋に入るなんて、良識すらもないのかしら?」
「いいじゃん、そもそも監視カメラで全国放送中なんだよ?」
 それを言えば身も蓋もない、と思いつつも、寝ぼけた眼を擦る。
 時計を確認すれば、午前四時半。
 早朝と言えないこともないが、こんな時間に起こしに来るなんて、嫌がらせ以外の何物でもないだろう。

「…それで?」
 不機嫌を隠さず、私は大柄な人形を睨みつける。
「何か用事があって、この部屋を訪れたんでしょう?」
「うぷぷ…コレコレ」

 モノクマがどこからともなく取り出したのは、一枚の硬貨。

「じゃじゃーん、モノクマメダルー!」
「……」
「あれあれ、食いつき悪いなぁ。霧切さん一人だけモノモノマシーンやってないみたいだからさぁ」
 何かと思えば、そんな用事か。
 いや、モノクマにしてみれば、用事自体はどうでもいいのだろう。
 ただ嫌がらせに、適当な用事をでっちあげて、私を叩き起こすのが目的なのだ。
「せっかくだから、メダルを分けてあげるよ。これで一人だけ仲間外れにされずに済んだね」
「メダルゲームだなんて幼稚な真似、興味ないの」
「メダルゲームじゃないよ、ガチャガチャだよ」
「大差ないわ。用件は終わり?なら、さっさと出て行って」

 付き合うのも馬鹿馬鹿しい。
 適当にあしらうと、モノクマはメダルを残して部屋から唐突に消え失せる。
 まだ眠気の覚めやらぬ私は、もう一度ベッドに潜り込んだ。

―――――

「モノモノマシーン?」
 恒例の朝食会がてらに今朝の出来事を伝えつつ、私は苗木君に尋ねる。
「ええ。モノクマは皆やっていると言っていたけれど…あなたたち、本当にあんな子供だましに手を出しているの?」

 メダルの文様からして、今回の事件の黒幕が用意したものだろう。
 それに平気で手を出せるなんて、なんとも危機感のないことだ。

「うーん…でも、結構面白いよ、アレ」
 と、能天気に返され、思わず気が抜ける。
「結構面白い景品も出てくるしさ。隠されているメダルを探し出すのも醍醐味だし」
「……まあ、あなたがいいのなら、口を出すつもりもないけれど」

 本当に、抜けている少年だ。
 話せば話すほど、毒気を抜かれてしまう。
 まあ、そんな彼だからこそ、私も話したいと思ってしまうのだけれど。

「霧切さんはやらないの?」
「ああいう子供じみた遊びには、興味ないのよ」
 苗木君をモノクマと同様にズバッと切り捨てて、私は食堂を後にした。

 部屋に戻り、軽くシャワーを浴びて、午後の予定を立てる。
 現段階で探索できるところは探索し尽くしてしまったし、やることも限られている。
 かといって、体を動かしたり娯楽に興じる気にもなれない。
 結局私は、何かを調べている時間が一番落ち着くのだ。

 バスタオルに体を包んでベッドに腰掛け、ふとその枕元に目が行く。
 一枚の硬貨が、鈍い輝きを放っていた。
「……」
 探索する場所がない以上は、私も娯楽に興じるべきなのかもしれない。
 子供だましと馬鹿にはしたけれど、全く興味がない、と言えば嘘になるし。
 それに、あのマシーンから何か新たな手掛かりが掴めれば儲け物だ。

 そうと決まるや否や部屋着に着替え、一枚のコインを握り締めて部屋を後にした。
 購買部まで足を早め、誰にも見られていないことを確認し、中に入る。

「…なんとも趣味の悪いデザインね」
 私を出迎えたボックスにそう吐き捨てて、早々にメダルを投入した。
 こんな子どもっぽい遊びに興じているところを誰かに見られたら、明日以降の私の沽券に関わってしまう。

 ガチャリ、ゴトン。

 重々しい音がして、ガラスケースの奥にこぶし大のカプセルが落ちてくる。
 恐る恐る手を伸ばして、半透明のカプセルを取り出した。

「これは…こけし?」

 出てきたのは、黒く塗りつぶされた瞳の気味の悪い人形。
 何の変哲もない置物。

 正直、拍子抜けだ。
 あの黒幕のことだから、もっと趣味の悪いものを入れてくるとばかり思っていたのに。

 ふと見ると、こけしの底にスイッチが付いている。
 ダイヤルを回すことで電源を入れるタイプの…「強・中・弱」とメモリが付いている。

 なんだろう、と思いつつもメモリを回すと、

 ヴ、ヴ―――――ン

 と、頭頂部が重い振動を始めた。

「……」

 やってくれた。

 「動くこけし」とは、そういうことか。
 一応、知識としては持っている。
 これが一体何のために、どういう用途で用いられるのかということは。

 けれど、不純異性交遊がどうのこうの言っていたのは何だったのか。
 こんなもの、神聖な学び舎に持ち込んで。
 ジョークとしても低俗すぎて、言葉も出ない。

 さて、この低俗な玩具をどうしてくれようか。
 このままここに放置して、他の人の目に触れさせるわけにもいかない。
 朝日奈さんあたり、見ただけで卒倒しそうだし。

 そうして、手の中の憎らしいこけしを睨みつけて、

「あれ、霧切さん?」
「!?」

 はたして、一番この現場を見られたくない人物が現れた。

「苗木君……なぜ、あなたがこんなところに?」
「? いや、モノクマが『購買部に行けば面白いものが見られる』って言ってたんだけど…」

 モノクマ…!

「…黒幕の言動に従うなんて、ホントにあなたは…馬鹿正直ね」
「あ、うん…ゴメン」
「謝る必要は…ないけど…」
 人のことは言えない。
 まんまと私も、罠にはめられた訳だ。

 考えてみれば、モノモノマシーンの景品も黒幕が用意しているんだ。
 私が景品を引くのに合わせて中身を変えるなんて、造作もないことだろう。
 咄嗟にこけしを背に隠すも、苗木君は目ざとく私の挙動に気付く。

「あれ、何を隠したの?」
「…なんでも、ないわ。あなたが気にする必要のないものよ」
「えー、そう言われると気になっちゃうな」
 苗木君は、まるで同級生とじゃれあうように、楽しそうに私に迫ってくる。
 こっちはそんな楽しく戯れてる場合じゃないのよ…!

「…モノクマの言う『面白いもの』はないわ。部屋に戻りなさい」
「え?でも、」

 私が隠したものがそうだろう、と追及しようとしたのだろうが、

「――三度目はないわよ。大人しく戻りなさい、いいわね?」
「う、……はい」

 次は口じゃなくて拳が出るぞ、という剣幕で迫れば、渋々彼も頷いてくれる。
 聞き分けの良い少年で助かった。
 そもそも背中にコレを隠したままで、接近戦は分が悪い。

「…わかってくれればいいのよ」
 ふ、と頬を緩める。
 さすがに私が悪いのに、こんなに邪険に追い払うのは申し訳ない。
 悪意がないことを、せめて伝えてフォローしてあげなければ。

「ごめんなさい、悪気があってあなたを遠ざけているわけじゃないの」
「っ……!?」
「ただ、どうしても他の人には見られたくなかった…苗木君?」
「…、……」

「あ、の…霧切さん」
 苗木君の様子が、目に見えて急変した。
 額に冷や汗が吹き出し、熱でもあるかのように耳まで真っ赤に染まってる。

 嫌な予感がする。

「それ…隠してたやつ、出てる…、と思うんだけど…」

 彼の視線の先。
 背中に隠していたはずの、私の右腕――


 もはや邪悪な玩具にしか見えないこけしの顔が、宙を見つめていた。


 ぶわ、と、寒気が背中を駆け抜けて、
 次の瞬間、燃えるような熱さが頬に宿る。

「ち、がうのよ、苗木君、これは、」
 想像し得る中で、最悪のケースが起こってしまった。
 一番見られたくない相手に、一番見られたくない姿を、見られてしまったんだ。

 こんな道具を持ってうろついて、まるで痴女じゃないか。
 弁解しなければ。私はふしだらな女じゃない、これは黒幕にはめられたのだ、と。
 そう思っているのに、上手く口が動いてくれない。

「あ、僕、その、ごめんなさい!」
「違う、違うの…落ち着いて苗木君、あなたは誤解しているわ…」

 純朴な少年は、顔を真っ赤にして、両手をブンブンと振る。
 私の言い分も、まるで耳に入っていないようで、

「いや、大丈夫! わかってるから、絶対誰にも言わないし、このこともすぐ忘れるから!!」
「あ、待っ…」

 完全に混乱状態の苗木君は、目を白黒させながら購買部を飛び出していった。
 私と共に購買部に残されたのは、静寂と、

「……」

 ヴ――――ン、と、スイッチをつければ重い振動で私をあざ笑う、大人のこけしだけだった。


「許さない……」

 こけしよりも遥かに激しく戦慄きながら、

「絶対に、許さないわ…黒幕…!!!」

 死にそうなほどの恥辱と惨めさで、私は床に崩れ落ちた。


 こけしの行方は、誰も知らない。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。