kk5_956-957

苗「…このスレもそろそろ終わりだね」

霧「途中で落ちるどころか、最後まで減速もしなかった…みんな暇なのね」
苗「だから、それは違うよ。貴重な時間を使いたくなるくらい霧切さんが、」
霧「…ふふっ」
苗「ど、どうしたの?霧切さん」
霧「以前もこのスレで、似たような問答をしたわね…」
苗「……うん」

苗「…霧切さん、どうかしたの?」
霧「え?」
苗「いや、あの…ちょっと、悲しそうに見えたから」
霧「悲しくはないわ…ただ」
苗「ただ?」

霧「…ちょっと、寂しいかもしれないわね」

苗「スレが終わるのが?」
霧「ええ……ごめんなさい。場違いよね、こんな気持ち…」

苗「……ねえ、霧切さん。このスレで、僕たちは色んな事を話したよね」
霧「出てくる話題のほとんどは、私とあなたのことだったから…」
苗「こけしを見られて動揺したり、僕のストラップで遊んだり、僕の観察日記をつけたり」
霧「……ホント、ここの人たちは私に何を求めているのかしら」
苗「そうやって、下ネタばかりのレスに拗ねちゃったこともあったよね」
霧「…別に、拗ねたわけじゃないわよ…」
苗「僕の妹を彼女と勘違いしたり、一緒に花火したり、大人になってお酒を飲んだり、もっともっと、いろいろ沢山、」
霧「苗木君…何が言いたいの?」

苗「霧切さんは、楽しくなかった?」
霧「…楽しい?」

苗「僕は、楽しかったよ。霧切さんの色々な表情が見れたし、色々な言葉を聞けたし」
霧「…」
苗「霧切さんを、たくさん知ることが出来た…そんな気がしたんだ。それが嬉しくてさ」
霧「……私も、あなたと過ごせて…楽しくなかった、と言えば嘘になるわ」

霧「けど、だからこそ……このスレが、もうお終い、って言われると…」

苗「…霧切さんの感傷も、もちろん分かるよ」
苗「けれど、終わると同時に、始まるものもあるんだよ」
苗「…ううん、終わりじゃない。このスレでの、いや…前の、一番最初のスレから、ずっと」

苗「続いているんだよ…僕たちの、希望は」
霧「苗木君…」

苗「スレの番号が霧切さんと一緒に歩いてきた足跡だと思うと、僕は達成感みたいなものも感じるよ」
霧「そ、そう言われると…照れくさいわ」
苗「霧切さんが、このスレの最初に言ってくれたでしょ?僕たちに何が出来るか楽しみだ、って…」
霧「……ええ、そうね。楽しみね、次のスレも」
苗「でしょ?」

霧「…あなたは、本当にすごいわね。いつでもそうやって前向きで、私に希望を…」
苗「え?」
霧「…なんでもないわ。苗木君のくせに生意気、って言ったのよ」
苗「えー…」

苗「でも、もうすぐこのスレが終わっちゃうことも、事実だからさ…」
霧「…ええ。最後に、言わなきゃいけないことがあるわね」


霧「このスレで私や、私と苗木君の話を書いたり、色々な語りを書いた全ての人へ」
苗「本当に乙でした。よければ次スレでも、お付き合いください」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。