kk6_93

霧「苗木君、プレゼントよ」
苗「え? ど、どうしたの、唐突に…」
霧「いつもあなたに貰うばかりだから…たまには私からも、と思って」
苗「そんな、気を使わなくても良いのに…でも、ありがとう」

苗「これは…小説?」
霧「ポーよ」
苗「ぽー…?」
霧「知らない? エドガー・アラン・ポー」
苗「ご、ごめん…詳しくなくて」

霧「江戸川乱歩…という名前を聞いたことはないかしら?」
苗「確か、小説家…だよね?」
霧「推理小説作家よ。怪人二十面相や少年探偵団…くらいなら、あなたも知っているでしょう」
苗「あ、うん」
霧「彼の『江戸川乱歩』というペンネームは、エドガー・アラン・ポーをもじったものなの」
苗「へえ、そうなんだ」
霧「ええ。ポーは史上初、推理小説というジャンルを確立した作家とされているのよ」
苗「ふうん」
霧「名探偵による推理の展開や、その助手による第三者的視点からの語りなんかも彼が定型化して…」

苗(霧切さん、いつになく饒舌だなぁ)
苗(やっぱり好きなもののことになると、さすがの霧切さんも身が入っちゃうんだろうなぁ)
苗(いつものクールな霧切さんも良いけど、こういうのに夢中な姿も結構可愛い…かも)

霧「それで、あなたに渡したのは私が一番好きな、……苗木君?」
苗「……え? あ、ごめん…何?」
霧「……」
苗「…あの、霧切さん?」

霧「やっぱり、あなたには退屈な話だったかしら…」
苗「えっ?」
霧「ごめんなさい…興味のないことを延々と話されても、つまらないわよね」
苗「いや、あの…」

霧「あなたのような世間一般の男の子が、いったい何をプレゼントされたら喜ぶか、分からなくて…」
霧「せめて自分の好きなものを、と思ったのだけれど…」
霧「…どうやら、失敗だったみたいね。次はもっとマシなものを用意しておくわ…ごめんなさい」

苗「そ、それは違うよ! 興味ない話なんかじゃないよ」
霧「…でも、現にあなたは…」
苗「別に霧切さんの話が退屈とかじゃなくて、驚いちゃってさ」
霧「…驚く?」
苗「霧切さんって、普段はあまり自分のこと話さないでしょ」
霧「そ、そうかしら…」
苗「そうだよ。だから、こうやって好きなものの話をしてくれるのが、なんか新鮮で…」
霧「……」
苗「やっぱり霧切さんにも、女の子らしい可愛い一面もあるんだな、って考えてたんだ」
霧「!?」

霧「……、それは普段の私が女の子らしくない、という意味?」
苗「え!? あっ、いや、そういうわけじゃなくて、もちろん普段も可愛いんだけど」
霧「!! な、…生意気よ、苗木君のくせに…」
苗「えぇー…」
霧「……罰として、その本は明日までに読んできなさい」
苗「うん。霧切さんがせっかくくれた本だもん、帰ったらすぐに読むよ」
霧「……もう」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。