大人ナエギリ番外編 初冬は編み物日和

苗「えっと…ここの結び目に、これを通して…」

霧「いい年の男が編み物、ね。ジェンダー差別は嫌いだし、あなたの趣味に口を出すつもりはないけれど…」
苗「じゃ、その物言いたげな目線は何なのさ」

霧「…別に。最近美味しい料理も作ってくれないし、飲みに誘っても断るし」
苗「いや…夜中の三時に誘われても、飲みに行く気にはならないから」
霧「私をほったらかして何をしているのかと思えば、手芸に熱中していた…なんて」

苗「もしかして、構ってほしいの?」
霧「……失礼な言い草ね。私が、苗木君に構ってあげているの」
苗「それはいいんだけど、暇だからって僕のこと三つ編みでぺチぺチ叩くのはやめてね」

苗「霧切さんも趣味の一つや二つ、見つけなよ」
霧「私はいいのよ。あなたで遊ぶのが趣味だから」
苗「そんなんじゃ、いい人も出来ないよ?」

霧「……余計な、お世話よ」

苗「あはは…えっと、次はこっちの毛糸を…」
霧(……ホント、どの口が…)


翌日


霧「…珍しいわね。あなたの方から、私の家に訪ねてくるなんて」
苗「そうかな。まあ…女の人の家って、なんか気軽に入れないんだよね」
霧「……今日は、編み物はいいのかしら。私に構っている暇なんて、ないんじゃないの」
苗「あれ、もしかしてお邪魔だった? 今忙しいなら、すぐ帰るけど」
霧「……」

苗「これ、渡したくてさ」
霧「……紙袋?」
苗「プレゼント」
霧「開けていいの?」
苗「うん。そのために作ってきたんだから」


霧「……これ、」

霧「毛糸の手袋…手編み、って、もしかして…」

苗「本格的に寒くなる前に渡せて、よかったよ…明日から雪が降るみたいだし」
苗「なんか霧切さんがいつもしてる手袋、寒そうだったからさ」
苗「あ、でも…気に入らなかったら返して。僕が使うからさ」

霧「…返さないわ。あなたが作ったものは私のもの、よ」
苗「理不尽な…まあ、受け取ってもらえるのならよかった」


霧「……あの、…ありがとう…」


苗「……熱でもあるの?」
霧「相変わらず失礼ね…厚意に感謝を忘れるほど、礼儀知らずじゃないわよ」
苗「じょ、冗談です…」

苗「さて、じゃあ僕、帰るね」
霧「え、もう…?」
苗「霧切さん忙しそうだし」
霧「そん、な…忙しいって、程でも……」
苗「あまり長居しても迷惑だろうし。次ウチ来る時は、ちゃんとメールしてね。…あ、夜中の三時とかはダメだけど」

霧「ま、待って…」
苗「ん、何?」
霧「今日くらい、久しぶりに二人、で……」

霧(……苗木君、目の下にクマ…)
霧(もしかして、明日雪が降るからって、徹夜で…?)

霧「……ゴメンなさい。なんでもないわ」
苗「そう? じゃ、帰るね」
霧「ええ…おやすみなさい」

霧(……寒くなる前に、ね)
霧(…明日から雪も降り始めるという割に、今日はずいぶんと顔が熱い…)

苗(霧切さん…照れた時に目をそらす癖は、相変わらずだな)
苗(…実は僕とおそろい、だなんて、僕の方が恥ずかしくて言えなかったけど……)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。