7_436

ゼロと原作のコラボSS

ある日、松田に呼び出された葉隠
「松田っち、俺を呼び出して何のようだべ?」
「…お前の脳が徒氏相応でなく馬鹿すぎるのが気になってな…
…すこし検索してみようと思う。」
「ななっ!?そうみせて洗脳するきだな!?」
「…どうしてそういう結論に行き着く。
まぁいい、少し貴様の脳の構造を調べさせてもらうぞ。」
言うや否や葉隠の頭に大量のコードが取り付けられる
「どれどれ…むっ?何だこれは!?勉強や運動など基本的雑学の知識を養分として
その知識を消去する代わりにオカルト話やオーパーツなど下らん知識を詰め込む力が
極端に発達している!?
これは…想像以上に面白いぞ!!」

数分後

「どうだったべか?」
「…いい研究データが取れた、また、暇なら寄ってくれ」
「だべ。今度、レムリア文明のことでも語り合いながらお茶でもするべ。」
そういって葉隠は去っていった
その後、松田は葉隠の記憶消去による脳発達のメカニズムを研究するうちに
人の記憶を忘れさせる方法を思いつくのであった

…そう、これがゼロの事件の幕開けになるとも知らずに…


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。