ms2_650

舞「苗木君、ポッキー買ってきたんですけど、一緒に食べませんか?」
苗「うん。ちょうど小腹も空いてたし、ありがたくいただくよ。」

ポリポリ…ポリポリ…

苗舞「あ。」
舞「一本だけ余っちゃいましたね。」
苗「そうだね。」
舞「苗木君、どうぞ食べて下さい。」
苗「いやいや。舞園さんが買ってきたんだから、舞園さんが食べてよ。」
舞「じゃあ半分こしましょうか。」
苗「そうだね…って、舞園さん。何でチョコのついてない方をくわえてるの?」
舞「ん…。」(ポッキーをくわえたまま顔を突き出す)
苗「(こ、これってポッキーゲームってやつじゃ…)ちょ、それはマズイよ舞園さん…。」
舞「ん…!」
苗「もし誰かに見られでもしたら…。」
舞「ん~!」
苗「わ、分かりました…。」(渋々もう片方をくわえる)

ポリポリ…ポリポリ…ポリポリ…

舞「(もう少し…もう少し…)」
苗「(うう…。緊張で心臓が爆発しそうだ~!)」

パキッ!

苗舞「!」
舞「あ~。もう少しだったのに…。そんなに力入れて噛んだらダメじゃないですか。」
苗「ご、ごめん…。何か緊張しちゃって…。」
舞「ちょっと待ってて下さい!今からコンビニでもう一箱買ってきますから!」
苗「え!?またポッキーゲームするつもりなの!?ちょ…舞園さ~ん!」


END


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。