kk6_406-407

霧「11月11日はポッキーの日、ね…」
苗「うん。ほら、数字の『1』がポッキーに見えるからってことらしいよ」
霧「企業が販促のためにでっちあげただけの記念日でしょう? どうでもいいわ」
苗「こりゃまた…つれないね」
霧「語呂合わせですらないのが気に入らないのよ。こじつけがましくて」
苗(気に入らないポイントがよくわからない…)

霧「で、あなたはまんまと乗せられているわけね。その手に持っているポッキーを見るに」
苗「乗せられているというか…ほら、今年って2011年だし。『1』が六つも並ぶなんてちょっと特別感が…」
霧「要するに乗せられているわけじゃない。ある意味あなたらしいけど」
苗「あ、ちょっとグサッときた…で、でもさ」
霧「何かしら?」
苗「なんてことないポッキーでも、ちょっとしたことで特別なものに感じられるっていう…そういう楽しみも悪いもんじゃないと思うよ」
霧「まあ…何に楽しみを感じるかは人それぞれだし。それを否定する気まではないけれど」

苗「ということで、霧切さんも一本どう?」
霧「…何が『ということで』なのかよくわからないわね」
苗「いらない?」
霧「いらないとは言ってないわよ。あなたがくれると言うのなら…折角だし貰っておくわ」
苗「うん、どうぞ」

パクッ

霧(モグモグ)
苗「……!?」
霧「甘い、わね。当たり前だけど」
苗「えっと、あの…霧切さん?」
霧「何?」
苗「なんで…僕の手から食べてるの?」
霧「何故って…“持つ部分”をあなたが指で持っていて受け取れないからよ」
苗「いやいや、“持つ部分”の下の方が空いてるでしょ? そこで受け取って…」

パクッ

霧(モグモグ)
苗「って、ちょ…霧切さん…えぇ!?」

パクッ

霧(モグモグ)
苗「ちょ…待っ…」

パクッ

霧(モグモグ)
苗「き、霧切さん!?(こ、このまま行ったら僕の指が…)」

パクッ

霧(モグモグ)
苗(僕の指が…霧切さんの…)

パクッ

霧(モグモグ)
苗(霧切さんの…口の中に…!)

パクッ

苗(あ……霧切さんの……舌……)
霧(ペロペロ)
苗(あ、暖かい……)


霧「…ふぅ。ごちそうさま」
苗「あああああの、き、霧切さん?」
霧「どうかした?」
苗「い、今のは…その…一体…?」
霧「…別に。あなたの言ったことを少し試行してみようと思っただけよ」
苗「僕の…言ったこと?」
霧「『なんてことないポッキー』が『特別なものに感じられる』、『ちょっとしたこと』をね」
苗「え……えぇっと、うん…?」
霧「ふふっ…悪くなかったわ。あなたの言う通りに」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。