苗木のクリスマス

 今日はクリスマスイブ。
 街にはきらびやかなイルミネーションが施され、道を行きかうカップルであふれている。

 しかし、僕、苗木誠はというと。

「・・・」

 熱を出し、保健室で寝ていた。

(はあ。どこが超高校級の幸運だか・・・)

 特に用事があったわけではないが、なんだか損した気分になる。こういうところは、僕が凡人だからなのだろうか。

 前向きが唯一のとりえである僕だが、こういうシチュエーションにはへこんでしまう。


「フン、風邪を引くなんていかにも庶民のお前らしいな。」
「いや、関係ないでしょ・・・」

「ずばり、苗木っちの病気はすぐに良くなるべ。
    俺の占いは3割当たる!」
「・・・残りの7割はどうなるの?」

「風邪なんて、プロテインを飲めばよくなるよ!」
「いや、我は病気のときは走りこんだ後に、滝に打たれるのが一番だと思うぞ。」
(いや、僕はそんなことしたら死んじゃうと思うぞ・・・)


皆家に帰っていたり、仕事が忙しかったりで寮に残っていたのは彼らだけだった。しかし、その4人も用事ができて外出してしまった。

彼らといると、疲れるも確かだが、いないとさびしく感じてしまう。

(はあ・・・この後どうしよう)

 壁の時計に目をやると、すでに7時を回っていた。
 彼らがいなくなった後、もう一眠りしていたため、風邪はかなりよくなっている。しかし、外に一人で出る気にはとてもなれなかった。

若干のホームシックを、胸に感じながら寝返りを繰り返していたとき、

 ガチャリ、とドアを開ける音が後ろから聞こえた。
 誰が来たんだろう。振り返ってみると、そこにいたのは。

「・・・メリークリスマス。調子はどうですか、苗木君?」
「舞・・・園さん?どうして・・・今日は仕事じゃなかったの?」
「さっき終わりました。苗木君が風邪だと聞いたので、こっちによることにしたんです」
「ご、ごめん、気を使わせちゃって・・・」
「もう、苗木君。誤る必要なんてないですよ。私が勝手にしたことですし。  
   それより、林檎買ってきました。今、切りますね。」

「はい、苗木君。あーん」
「ちょ、いくらなんでも恥ずかしいよ・・・」

 いたずらっぽく笑った舞園さんが、フォークにささった林檎をちらつかせている。

「誰も見てなから大丈夫です。それより、苗木君は病人としての自覚を持って下さい。」

 まだ、顔も赤いですよ・・・と、僕の顔を覗き込む舞園さん。

もっと恥ずかしくなり、目をそらしてしまう。

「だ、大丈夫だよ。熱はだいぶ下がったし・・・」

林檎と同じぐらい顔を赤くして答えるが、全く説得力がない。

本当ですか?と、クスクスしながら首を傾げる舞園さん。


見るものを笑顔にさせてくれる、彼女の仕草は。何時だったか本人が言っていた、過去の記憶の。彼女を励ましたアイドルのそれと同じだろう。

                ・
                ・
                ・

「そういえば、クリスマスプレゼントもあるんですよ。」 

 嬉しさ3割、恥ずかしさ7割の食事の後、待っていたのは嬉しい贈り物。

 彼女から差し出された紙袋には、暖かそうな赤いマフラーが入っていた。

「わあ、ありがとう・・・! でも、僕は何も用意していないな・・・」
「いいんです。苗木君にはこの1年間、お世話になりっぱなしでしたし。」
「じゃあ、せめて、何かしてほしいことがあったら言ってくれる?」

別に今すぐじゃなくてもいいからさ。僕がそういうと、舞園さんは頬に手を当てて少し考えたあと、

「そうですね・・・。苗木君がよければ、一緒に初詣にいきましょう。いいですか?」

「もちろんだよ。」

 少し意外な申し出ではあったが、断る理由はないし。なにより舞園さんから誘ってくれたのは、嬉しかった。

会話の後、すこしの間二人とも黙ってしまったので、僕は起き上がり、

「僕、コーヒー入れてくるね」

 何ももてなしをしていなかったことに気がつき、そう言った(僕の部屋ではないけどね)。

「あ、私がやりますよ?」
「いいよ。これくらいならできるから。」

「そうですか?じゃあ、お言葉に甘えて・・・」

             ・
             ・
             ・
保健室の奥にある電気ケトルでインスタントのコーヒーをつくり、再びベッドに戻ると、

(・・・あ。)

やはり仕事帰りで、疲れていたのだろうか。彼女はスヤスヤと、安らかな寝息をたてて僕のベッドに突っ伏していた。

このままでは風邪を引かせてしまう。が、寝させてあげたほうがいいだろう。

そう判断した僕は、起こさないように、そっと、慎重に彼女を隣のベッドまで運んだ。

 向こうで寝る彼女は、本当に気持ちよさそうだ。
 しかし、さっき恥ずかしい目にあったことを思い出した僕は、ささやかな反撃をしかけた。

 (えいっ・・・)

 パシャッという音。もちろん僕のケータイの音だ。

 心を洗われるような彼女の寝顔。 今日の僕の不幸なんて、彼女は一瞬で消し去ってくれる。

 思い返せば、僕こそ舞園さんの笑顔に勇気付けられ。言葉に励まされ、この学園での1年を送ってこれた。

 同じ中学のよしみとはいえ、何のとりえもないといっていい僕に普通に接してくれたのは、彼女だけだった。

 もし彼女がいなかったら、すでに学校をやめていたかもしれない。それだけ、この学園生活は天才たちに囲まれる不安や、自分の能力への絶望でいっぱいだった。

 だからこそ。舞園さんと出会えたこと、それが僕の最大の「幸運」だと信じて。

「来年もよろしく、舞園さん」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。