舞園さんと初詣

 がらんとしたバスに乗り込む、僕と舞園さん。

「・・・随分すいてるね」
「元日ですからね」

 彼女は、クリスマスプレゼントのお礼をしたいと言った僕を、初詣に誘ってくれたのだ(ちなみに、そのプレゼントは今僕の首に巻いてある)。

 ・・・あまりお礼になっていない気がしてきた。ほんとにいいのかな?

「いいも何も、私のわがままに付き合ってもらってるんですから。苗木君には、感謝してます。」
「僕ってそんなに単純?」
「エスパーですから」
「いや、答えになってないし・・・」

 クスリ、と笑う舞園さん。
 きっと、隠し事はできないんだろうなと、心の奥でそっとため息をつく。

「そういえば、仕事はまだないの?」
「んー。年始の番組は、クリスマス前には撮り終わってましたし。しばらく休暇です」

 もしかしたら、テレビで今頃『あけましておめでとう』って言ってるかもですね。
 そう続ける彼女に、やはり住む世界が違うと感じてしまう自分がいた。


「思ったより、ひとがいるね」
「元日ですからね」

 同じ答えだが、意味が真逆だ。
 神社は、お参りに並ぶ人であふれかえっていた。 

「苗木君は、何をお願いするんですか?」
「うーん、考えてなかったけど・・・。無事にこの1年を過ごせますように、かな」 
「欲がないんですねー。『背が伸びますように』とか、お願いしないんですか?」
「・・・考えとくよ」 

 そんな、ニコニコしながら言わなくても・・・。真顔で言われても、もっと困るけど。

「冗談ですよ」
本当かな。

 人の列は、新年早々複雑な気分になった僕を、ゆっくりと運んでいった。


「お参りもすんだし、次はどうしようか」

 舞園さんが僕に口を開こうとした、その時。

「おー。苗木っちに舞園っち。占い、今なら半額だべ。こっち来いよ~」

 声の主は、見なくてもわかる。・・・あまり人前で関わりたくない人だ。

「ま、舞園さん・・・」
「苗木君、あっちでおみくじ売ってるみたいです。行きましょう!」

 そう言うがいなや、足早に歩く舞園さん。 

「ま、待って・・・」僕も後を追いかける。

「二人ともひどいべ?無視しないでくれー!」

 聞こえない、聞こえない。


「どうして、どこに出かけても誰かに会うんだろう・・・」
「皆、神出鬼没ですよね」

 おみくじ屋の前で、一息つく僕ら。

「まあ、気を取り直して、くじを買いましょうか」


「どう?」
「吉です。『恋愛運が絶好調!気になる人にアタックだー!』だそうです」
「やけにテンションが高いおみくじだね・・・」
「次は、苗木君ですよ。超高校級の幸運、見せ付けちゃってください」
 ・・・誰だ、そんなものに僕を選んだやつは。

変な重圧を感じながら、くじをそっと開く。

「・・・大凶」

 お約束のパターン。

「うーん。『人間関係のもつれに気をつけて』ですって」

 くじのコメント、短いよ。回避する方法とか、書いておいてよ。

 現実逃避で、八つ当たりする僕。・・・涙が出てきそう。


「少しは立ち直れましたか?苗木君」
「はは・・・おかげさまで」

 もぐもぐと、幸せそうに甘栗を食べながら僕に聞く舞園さん。
 僕らは、帰りしなに天津甘栗が売っているのをみつけ、一緒にベンチで食べていた。
「おかげさまで。・・・この栗、本当においしいね」
「わたしは、子供のとき以来かもしれません」
 父が、私に買ってくれたんです。そうしゃべる彼女は、やはり甘いものがすきなのか、頬が緩みっぱなしだ。

 そんな彼女を見ているうちに、僕のずたずただった心が、見る見る癒されていのを感じた。

「さて、そろそろ行きましょうか。バスが来ちゃいますしね」

 栗を名残惜しそうに食べ終えた彼女に倣い、僕も腰を上げた。


「じゃあ、苗木君。新学期にまた会いましょう」

 フワリと笑いながらそういう彼女だが、少しさびしそうに見える。

 また、わがままに付き合ってください。そう言い残し、彼女は歩いていった。


 僕も家に歩き出し。ふと、朝のお願いを思い出す。

 いったい僕は、これからどれだけの時間を彼女と、皆と過ごせるか。

 僕らが大学生になったら、きっと皆今以上に忙しくなるだろう。

 高校生でいられる時間なんて、限られている。
 皆といられる時間なんて、もっと限られている。
 だからこそ。

 だからこそ・・・一生忘れない思い出を、隣にいる彼女と一緒に、作れますように。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。