頼りにしてます

「勉強を?」
「はい。しばらく学校に来ないうちに、数学が全くわからなくなっていたので、苗木君に教えてもらえたらと思って…」
やっぱり、迷惑ですよねと、曇った顔を見せると、苗木君はあわてて、そんなことないよとOKしてくれた。

…そんな風だから、私につけいられちゃうんですよとは、さすがに口に出せない。



「それで、判別式に全部代入して…。 これで全部終わり、かな?」
「なるほど。苗木君、結構教えるのが上手なんですね」

彼の教え方は、要点をつかんだ、非常にわかりやすいものだった。それは、この学校に来てから、身についた能力かもしれないが。
中学生くらいの生徒たちの前で教卓に立つ彼を想像し、一人でふふ、と笑ってしまう。

「…? そういえば、何でボクを選んだの?もっと教えるのが上手そうな人なら、クラスにもたくさんいるのに…」

あなたと一緒に居たかった、というのも大きな理由なんだけど。

「なんていうか…苗木君、平均点は確実に取れるじゃないですか」
「うん」
「なら、苗木君が分からなかったところをやらなくても、最低限のことは理解できるかな、て…」
これだけを言うと、彼を傷つけてしまうだろうか。そんな心配は杞憂に終わり。

「ボクなんかで役に立てたなら、嬉しいけどね」

またお人好しなことを。…少し困らせちゃいましょうか。
私は、胸の中に湧き上がるいたずら心を抑えきれずに、

「じゃぁ、明日は英語をよろしくお願いします!」
さあ、どうだ。

「…もちろん、いいよ。舞園さんがボクに頼んでくれれば、」
ボクにできることは何でもするよ。そう言ってはにかむ彼の瞳は、いつも通り真っ直ぐで。

「嘘じゃないですよね?」
ちょっと驚いたが、彼の言葉は素直に嬉しい。

そんな風だから、私はあなたに甘えちゃうのに。
でも、これからは、あなたのお墨付きだから。

「…頼りにしてますよ、苗木君」

うなずく彼の顔は、私と同じように真っ赤だった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。