kk6_867

霧「ケホッ…ごホッ、…」

舞「ほら、ちゃんと毛布被らないとダメですってば」 ファサッ
霧「…暑いのよ…」
舞「それはそうですよ、汗をいっぱい掻かないといけないんですから。それと、お粥。ほうれん草と梅、食べれますか?」 カチャカチャ
霧「あ、ありがとう…」
舞「熱いから、ちゃんと冷ましてくださいね。それ食べたら、冷蔵庫にジュース入ってますから」
霧「…迷惑掛けるわね、舞園さん」
舞「こんなの、全然迷惑でもなんでもないですよ。あ、窓開けて換気しますね」 シャッ ガラガラ

霧(…優しい娘ね。嫉妬していた自分が恥ずかしいわ)
舞「……」

舞「それにしても、苗木君と交代するかのように風邪を引きましたね…霧切さん」
霧「…ええ、そうね。彼を看病しすぎて、移ってしまったのかしら」
舞「看病しただけで、風邪がうつるでしょうか」
霧「……何が言いたいの?」
舞「風邪が移るようなことをしたんじゃないですか? 例えば、そう…口移しとか」

霧「……」
舞「……エスパーですから」

霧「…そう。なるほどね。こうして私の看病をしてくれたのも、意趣返しということかしら?」
舞「誤解しないでください。看病に来たのは、純粋に友達の霧切さんが心配だからですよ」
霧「悪いけど…私が彼にしたことに対して、あなたにとやかく言われる筋合いはないわ」
舞「ええ、分かってます」
霧「なら、なぜ今、このタイミングでその話を引き合い、に……っ」

霧(…っ、何…? 急に、眠気が…!)

舞「さっき食べたお粥…美味しかったですか?」
霧「…探偵の…いえ、霧切の名折れね…何を入れたのかしら…?」
舞「ウチのマネージャーが裏口で取り寄せた、風邪の特効薬です。ちょ~っとだけ眠くなっちゃうのが玉に傷ですけど。この粉薬とセットなんですよ」
霧「あなた、こんなことして…何が、っ…目的なの…?」
舞「目的…? そんなの、決まってるじゃないですか…」 ギシッ

舞「抜け駆けした霧切さんへの…オ・シ・オ・キ、です」

霧「何を、ちょ…近っ…!」
舞「力が入らないでしょう? んふふ…苗木君のファーストキスを奪ったのは、この唇かな?」
霧「…っ!?」
舞「と、いうことは…今霧切さんと口づけすれば、苗木君と間接キスということになりますね」
霧「や、止めなさい、舞園さんっ…! 女同士で、こんなこと…!」
舞「こんなこと、なんですか? 何もいかがわしいことをしようというわけじゃありませんよ」
霧「ひっ…」

舞「そう…霧切さんに粉薬を飲ませてあげるだけじゃないですか…じっくり、ねっぷり、足腰が立たなくなるまで…ね?」
霧「な、ちょっ…や、……んっ、む、○※☆◇♪×~~~~~!!???」





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。