kk6_870

ガチャ

苗木「霧切さん、具合はど…う………。」

霧苗舞「………。」

苗木「ご、ごめん!二人がそういう関係だったなんて、僕ちっとも知らなくて…。」
霧切「違うわ苗木君!これは…。」
舞園「そうです!私達は決してそういう…。」
苗木「み、見なかったことにしておくよ…。勿論、皆には黙ってるから。それじゃ霧切さん、お大事に…。」

バタン

霧切「ちょっと!どうしてくれるの!?苗木君にとんでもない誤解されちゃったじゃない!」
舞園「元はと言えば霧切さんが悪いんじゃないですか!苗木君にあんなことするから!」
霧切「アレは看病の一環よ!大体、あなたと苗木君は付き合ってるわけじゃないでしょう!」
舞園「そんなの霧切さんだって同じじゃないですか!それなのに………う。」

パタッ

霧切「え?ま、舞園さん、どうし……う。熱が上がってきた…。」


大神「霧切、39度7分。舞園、40度。二人とも安静にしていろ。」
霧切「ま…舞園さん。あなたとは良いお友達になれそうね…。色んな意味で。ゲホッ!ゴホッ!」
舞園「き、奇遇ですね…。私も同じこと考えてました…。は…ハックション!」
朝日奈「舞園ちゃんも霧切ちゃんも仲良しなのは良いけど、その辺にしといたら?二人ともインフルエンザだって。」
大神「他の皆に移すわけにもいかぬ。よって、しばらくの間、必要時以外は面会謝絶にさせてもらう。何かあったら我らに言え。よいな?」
霧舞「はい…。」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。