kk7_195-200

 真の愛とは、見返りを求めないものだ。

 私がかつて仕事で滞在していた国のことわざ。
 本当に相手を思うなら、自分は二の次。
 誰かを愛することが出来るなら、その人はきっと優しい心の持ち主。
 心が富めるのであれば、相手が幸せならそれで自分も幸せなのだという。


 ふぅ、と溜息を吐くと、白く濁った。


「新年早々、運気が逃げますよ」
 前を行く舞園さんが振り返る。
 ファーのついた高級そうなコート、毛糸の帽子がよく似合っていて、可愛らしい。
 隣を歩く私は、男物。なんとも対照的で、可愛らしくもない。が、私にはお似合いだ。

「最近多いですよ、ため息。悩んでいるなら、私でよければ相談に」
 気を遣ってくれるのはありがたいのだが、おいそれと人に話せるものでも、
「…とは言っても、どうせまた苗木君絡みでしょう?」

「……また、例のエスパー? 私にプライベートはないのかしら」
「それ、霧切さんが言っちゃいます?」

 クスクスと愛くるしい表情で笑う彼女を、正面から見返せずに目を伏せる。
 一度事件となれば自分で驚くほど饒舌になるのに、どうにもこういう日常の応酬には弱い。特に、舞園さん相手には。


 年が明ける数分前から降り出して、早朝になっても雪は止んでいなかった。
 多少は積もっていたけれど、昼にでも初詣に行こうと提案したのは、例によって苗木君だった。
 男子は男子同士、女子は女子同士で集まり、神社で合流。
 お参りを済ませたら、適当に御飯でも食べたり、カラオケにでも行ったり。

 正直、同窓生同士の集まりはあまり好きじゃない。
 別段彼らのことが嫌いなわけでもない。
 ただ私が、そういう集まり事が苦手だというだけのこと。何をしていればいいかわからなくなるのだ。
 だというのに苗木君は、
『大丈夫だよ、適当にブラブラするだけだし。どうしても嫌だったら途中で抜けてもいいからさ、来るだけでも』
 相変わらず、私の言い分は聞いてくれなかったのである。

 さらに慎重なことに、私がバッくれないようにとわざわざ舞園さんまで迎えに寄越した。
 彼とは約束を違えた覚えはないけれど、そんなに信用が無いのだろうか、と少し憂鬱になる。

 私が苗木君を好きだということを、舞園さんは知っている。
 直接言葉にした覚えはないけれど、どうにも私はこと恋愛に関しては分かりやすい女だったらしい。

 苗木君が舞園さんに憧れている、というのも周知の事実だ。
 中学校まで同じだった、とまでなれば筋金入りだろう。

 別にそれは、いいんだけど。

 無理に叶えるべき恋だとも思えない。
 人にはそれぞれ、分相応というものがある。
 苗木君には苗木君に見合う恋愛、私は私に見合う恋愛。
 昔から、無理や高望みはしない主義だ。

「ちょっと急ぎましょうか。時間、遅れ気味だし」
 コートを羽織り直し、舞園さんが駆け足を促す。
「すみません…その、苗木君と電話してたら、ちょっと迎えに行くのが遅くなっちゃって」
「……構わないわ。私は…迎えに来てもらった身だもの」

 嫉妬の火種が煙るのを必死に隠して、首元のマフラーに顔を埋める。

 そう、私自身の恋が報われないのは、まだ我慢できる。
 ただ耐えられないのは、彼の心が他の女の子に向いているのを見せつけられること。

 いっそ憎めるほどに嫌な女の子だったらよかったのに、と思ったのは、一度や二度ではない。
 この理不尽な嫉妬をぶつけるには、あまりにも舞園さんは優しすぎる。
 この鬱々と溜まり続けた汚い感情は、除夜の鐘でも濯ぎ落とせなかったようだ。

 新年一発目からコレか、と、溜め息を吐いた私の心情、誰か共感してはくれないだろうか。


 真の愛とは、見返りを求めないものだ。
 彼が私以外の誰かを好きになっても、変わらずに彼を好きで居続けること。

 ならば、この気持ちは。
 どれほど抑えても、分不相応だと自分に言い聞かせても、舞園さんと苗木君の仲を見守ろうとしても。
 心の奥底で煙る、仄暗いこの気持ちは、真の愛ではないのだろうか。

 苗木君に振り向いて欲しいと思ってしまうのは、偽物の気持ちなのだろうか。

「遅いですわよ、あなたたち」
 笑顔を崩さず、セレスさんに怒られる。
 意外と時間には厳しい人だ。

 遅れたのは、私のせいというか、雪のせいというか。
 考え事をしながら走っていたため、横断歩道で思いっきり足を滑らせ、お尻を打ってしまったのだ。
 まだちょっと痛い。痣が出来ているかも。

 女子は女子で集合、という形で本当に良かった。
 苗木君にあんな恰好悪い姿を見られていたら、今日はもう帰るしかなかったから。

「えーと、他のメンバーは?」
「十神は一人で先に行っちゃったし、腐川は十神のストーキング。オーガは確か道場でなんかかんかあるから来れなくて…」
「江ノ島は『雪積もってるからパス』だとさ。あとはちょっと遅れてる男子に、苗木のやつがあっちで連絡取ってる」

 苗木、という名前が出て、舞園さんがチラチラとこちらを見てくる。
 気付かないフリをして、集まりから少し遠ざかり、石段に腰を預けた。

 こういう時、どう会話に加わっていいか分からない。
 だから、私は集団に加わるのが苦手だ。
 ただ黙っているのも気を遣わせてしまいそうだし、何か口を挟んでも空気を乱しそうだし。
 一人の方が、ずっと気が楽。


「お待たせ…山田君、寝坊だってさ」

 電話を終えた苗木君が肩を竦ませて、みんなの輪の中に加わった。
 元日から寝坊とかないわー、どうせアニメだろ、先に行ってて良くない?
 各々がガヤガヤ騒ぐのを背に、こちらに目を向ける。

「霧切さん」
 名を呼ばれても顔を上げずに、コートのポケットに手を突っ込んだ。

「着てくれたんだ」
「…あなたが誘ったんでしょう」
「そうだけどさ。もしかしたら来ないかも、と思ってたから」
「信用ないのね、私も」
「あ、いや、そういうワケじゃなくて…」

 輪に入れない八つ当たり、とばかりに、苗木君を困らせてみる。
 思った通りに言葉を詰まらせているのが面白くて、吹き出してしまう。

「…もう。そういう心臓に悪いからかい方、止めてよね」
「あら、冗談で言ったわけじゃないわ」
「迷惑だった?」
「…電話でも言ったけれど、本当は苦手なの」

 自分でもよく分からないのだが、苗木君は割と話しやすい相手だ。
 特によく気が利くわけでも、機知に富んだ発言が出来るわけでもないのに。
 彼をからかうのは楽しいし、彼に気を遣われるのはくすぐったい。

 話しているといつの間にか、みんなの輪は私たちを…というより、苗木君を中心に出来上がってきた。

「なあ、そろそろ行かねえ?」
「あ、うん。じゃ、山田君にはメールしておくよ」
「お昼はどこに行くの?」
「駅前に新しい喫茶店が出来たってさ」

「……」

 私はまた、黙りこくる。
 苗木君と一対一ならまだ話せるのだけれど。
 もう、苗木君は私の方を向いていない。

 みんなに優しいのは、彼の良いところだ。
 好んで輪に入りたがらない私にまでも、その優しさは向けられる。

 だけど、その『みんなに優しい』のが、なんとももどかしい。

 『みんなに優しい』苗木君が好きなのに、『みんなに優しい』のが嫌だ、なんて。
 自分勝手なのは自覚しているから、声にも出せないけれど。

「じゃ、先ずお参りしよっか」
「あれ、おみくじは?」
「俺が占ってやんべ。特別割引料金で」
「三割しか当たらないんでしょ、いらないよ」

 口々に雑談しながら、階段を上っていく。
 私はわざと遅れて歩き、少しだけ集団から遠ざかった。

「ね、霧切ちゃんと苗木、良い感じだね」

 輪の後ろに着いていたはずなのに、声を掛けられたのは背後から。
 私を「ちゃん」付けで呼ぶ人物は、一人しか思い当たらない。

「…良い感じ、って?」
「むふふ」
 朝日奈さんは、いやらしい笑みを浮かべる。
 トレードマークのポニーテールは、今年も継続するようだ。
「霧切ちゃんってば、苗木としか話さないじゃん」
「……」

 そういう風に見えていたのか。
 別に苗木君としか話さないわけじゃないのに。

「私に好き好んで話しかけてくるような物好きが、苗木君しかいないというだけよ」
「そんなことないよ、私だってホラ、今」

 けれど、輪に戻れば。
 朝日奈さんは太陽のような人だ。
 自分から輪の中心に行ってしまう。私のような陰日向に構う暇なんてない。

 それを言えば、苗木君だって同じだ。
 私と特別、というわけじゃない。

「…苗木君は『みんな』と仲が良いでしょう。私も、その例に漏れなかっただけよ」
「???」
「私が苗木君としか話さないんじゃなくて、苗木君が私とも話すってだけ」
「同じじゃないの?」
「大きく違うわ」
 一段一段、もう転ばないように、しっかりと踏みしめて登る。

 みんなを見上げれば、ふと後ろを歩いていた苗木君が、振り返ってこちらを見ていた。
 一瞬だけ目が合って、けれどまた前に向き戻ってしまう。

 小声だったから、聞こえてはいないと思う、けれど。
 万が一聞かれていたら、それを考えてしまう。
 ざわつきだした心を、上手く沈められない。

「じゃ、苗木のこと好きじゃないの?」
「……、嫌いではないわ」
「好きってこと?」
「……」

 沈黙で返す。
 関係を急ぎたくはない。今の距離感が心地良いのだから。
 そもそも彼は、舞園さんが好きなはずだ。

 そうやって自分に言い訳するのも、何度目になるだろうか。

「ねえ、霧切ちゃん?」
「…そう言う朝日奈さんは?」
「うぁ、あたし!? あ、あたしはまだ、そういうのは…」
 途端に真っ赤になって、もごもごと口籠る。
 こういう話題、自分のことになると彼女は苦手。
 我ながら、あしらうには最適の返し方だ。

 朝日奈さんは苦笑って、先に階段を上がっていった。
 戻った輪の端で、舞園さんと苗木君が談笑しているのが目に入る。

 溜息は、何度吐いても白い。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。