kk11_340-341

霧「……」
苗「……」
霧「…苗木君」
苗「何、霧切さん?」
霧「貴方は何も…気付かないの?」
苗「え?」
霧「いつも通りのはずの日常に潜む違和感に…貴方は気付いていないの、と尋ねているのよ」

 >……ど、どうしたんだろう、いきなり…

霧「…気付けないのだとしたら、貴方の危機管理能力を疑うわ」
苗「危機管理、って…そ、そんな深刻な事なの?」
霧「……」
苗「あの…」
霧「……そうね、ある意味深刻、とも言えるかもしれない…」

 >…ある意味?

霧「まだ気付かないのね…よく探してみなさい」
苗「う、うん…」
霧「……いつも隣にいる大切な人の変化にすら気付けないのね…」
苗「え?」
霧「……それとも、隣にいることが当たり前すぎるから気付けないのかしら」

 >そ、それってもしかして…
 >いやでも、この『気付いて欲しそうな』彼女の反応からすると…

苗「…えっと、もしかしてさ」
霧「……」
苗「髪型のこと、だよね? 三つ編みの位置が、いつもよりちょっと上に…」

霧「苗木君」
苗「…は、はい」
霧「…貴方には失望したわ。私の口から言われるまで気付けないだなんて…」
苗「えぇー…」
霧「それでよく『超高校級の探偵』の助手を名乗れるわね…?」

 >自分から名乗ったことなんて一度もないんだけど…

 >というか、最初から気づいてはいたけれど、
 >そんな些細な変化のことを言っているだなんて思わなかったんだ。

 >…なんて言ったら、怒られるじゃ済まないだろう。

苗「えーと、その、ゴメンなさい…?」
霧「謝って済むなら探偵はいらないのよ…」
苗「…あ、でも、似合ってるよ、三つ編みを高く結ったの。ちょっと明るい感じになったし、可愛いと思う」
霧「な、」

霧「……そ、そんなとってつけたようなお世辞で…私が許すとでも…」

霧「……苗木君のクセに、ナマイキね…」

 >許してくれたみたいだ。

苗「…で、でもさ、霧切さん」
霧「…何かしら」
苗「霧切さんの方こそ、僕のちょっとした変化に気付いてる?」
霧「……貴方の、変化?」

霧「……」

霧「……そういえば、最近数学の成績がかなり落ち込んで…」
苗「そういうことじゃないよ!」
霧「……英語?」
苗「勉強じゃなくって…というか、そういう傷口に塩を塗るようなことは止めてよ…」

 >実は最近、ブーツを上げ底にしたんだけれど…

霧「……」

霧「そんな些細な変化、気付けるわけないじゃない」
苗「えー…」
霧「それほどに小さな変化に気付いてもらえると思ったの? …自意識過剰よ、苗木君」
苗「……そ、そうかな…」
霧「第一、1cmや2cm程度の差なんて…」

舞「それは違います!」

苗「うわっ!?」
霧「…舞園さん、いつからそこに?」
舞「最初からです。苗木君、私は気付いてましたよ? ちょっと身長伸びたかなぁ、って」
苗「ほ、ホント?」
舞「もちろんです! 私が苗木君の変化に気付かないワケ無いじゃないですか」
苗「舞園さんっ……ありがとう…!」
霧「……」

霧「…答え合わせをしてから『自分も知っていた』だなんて…見苦しいとは思わないの?」
舞「何のことでしょうか?」
霧「……貴方、苗木君にちょっと近づきすぎじゃないかしら」
舞「もしそうだとして、何かいけないことでもあるんですか?」

 >うわ、ホントに近い! 舞園さんが、僕の腕を…
 >……う、腕に、肘のあたりに何か、柔らかい感触が…むにゅ、って…
 >こ、コレは…!

舞「ねえ、苗木君…霧切さんは酷いですね、1cmの差なんて大したことないそうですよ…?」
苗「は、はい…」
舞「そんなことないですよね、1cmの差って意外と大きいですよね? 私、知ってます…」
霧「舞園さん、その手を離しなさい…!」
舞「ほら…1cm違うだけで、こんなに…」

霧「……見損なったわ…苗木君、そして舞園さん」
舞「どうぞご自由に。見損なったのなら、もう放っておいて、二人きりにしてくれませんか?」
霧「…それとこれとは別問題よ。来なさい、苗木君。大事な話があるわ」

 >ぼ、僕は一体、どうすれば…

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。