苗木君の手料理

「じゃあボクは野菜を見てくるね」

「ええ、私はあのあたりに居るわ」

そういって霧切さんは指差した方向に歩いていく。
現在僕たちはスーパーの食品コーナーに居る。つまり、一緒に買物をしているのだ。
と、いっても前もって約束してたとかそういうのではなく、
寮を出るときに偶々霧切さんと鉢合わせて、行き先が一緒だったからせっかくだし、
ということで同行することになったのである。
基本希望ケ峰学園では3食の食事は出るのだが、長期休暇のときは別である。
つまり、今は冬休みなので食事は出ないのだ。
家に帰ることも考えたのだが、妹が高校受験を控えているので、
迷惑をかけないように寮で過ごすことを決めたのだった。
まあ、こんな感じでボクの身の上話は終わりである。

「あ、ズッキーニ……、
今日のパスタに入れよう。
…さて、一通り揃ったかな?」

献立も決まり、野菜も必要な分をそろえたボクは霧切さんを探すことにした。

「確かこのあたりのはず…」



霧切さんが指差したあたりに来て、あたりを見渡してみる。
すると、後ろのほうかかズゴゴゴゴゴと、まるで雪崩のような音が聞こえてきた。
何事かと思い振り返ると、そこにはカゴ一杯のカップラーメンと、
それを掴む黒い手袋が見えた。
ボクは、この手袋の主が霧切さんじゃないと良いなぁ…、なんて思いながら顔を上げた。

「あら、苗木くん。
もう買うものは選び終わったみたいね。
私も今決めたところよ。さあ、お会計に行きましょう」

霧切さんだった。
カゴ一杯に同じカップラーメンをぶち込み、あまつさえ嬉しそうな顔でそれを見ている。
貴重な笑顔をこんなところで使わないでもらいたかった。

「えっと……、霧切さんってカップメンが好きだったんだね。
あはは、知らなかったよ」

ダメだ、自然に笑えない。

「…?
ああ、これのこと?
そういうわけではないのよ」

どうやらカップメン中毒とかではないようだ。少し安心した。

「私料理ができないのよ。
でも外食だと高いし、時間は掛かるしで続ける気にはなれなくて……、
だから一週間分の食事が安く手に入って嬉しかったのよ」

同じカップメンで一週間過ごすつもりらしかった。
流石にそれは不味いと思ったボクは、思わず次の言葉を口走っていた。

「それは健康に悪すぎるよ。
なんだったら昼休み中はボクが食事を作ろうか?」



「…え? いいの……?
迷惑じゃないかしら?」

「そんなことないよ!
霧切さんには世話になりっぱなしだし、
それに体調不良でも起こしちゃったら後悔してもしきれないし」

「そう……、じゃあお願いしようかしら」

そう言って、カゴ一杯のカップメンを売り場に戻す霧切さん。
こんな感じで、ボクは今夜霧切さんの食事の世話を見ることが決定したのだった。



フライパンの上の麺がクリームベースのソースと絡み、良い匂いをあたりにまき散らかす。
ボクはあらかじめ炒めておいた野菜をそれに混ぜ、軽くさえばしでかき混ぜる。

「うん、こんな感じかな」

ボクは2人分の夕食を作り終わり、それを2枚の皿に盛る。

「運ぶのは手伝うわ」

「あ、…うん。ありがとう、霧切さん」

「礼を言うのはこっちのほうよ」

霧切さんと2人で料理を運び、食卓につく。
なんだか家族みたいである。いや、他意はないよ?

「いただきます」

「はい、召し上がれ」

出来立てのパスタをフォークに絡めて口に運ぶ。
うん、おいしい。
ソースは市販のものだが、野菜が取れる上に簡単なパスタは1人暮らしの友である。
ふと、霧切さんの方を見る。



「……」

フォークを手に固まっている。
既に一度口に運んでいるようなのだ。もしかして口に合わなかった?
カップメン大好き疑惑がボクの脳裏をよぎるが、霧切さんは基本嘘はつかない。
だとすると、どうしたというのだろうか?
先ほどまで特に体調が悪いとか、そんなそぶりはなかったが…。

「あの…霧切さん…?」

「…苗木君」

「あ、うん。
どうしたの?口に合わなかった?」

「私は今始めてあなたを尊敬したわ」

「あ、不味かったわけじゃないんだね」

良かった反面、なんだかとても残念な気分だ。
まあ、超高校級の高校生(つまり普通の高校生)のボクが、
その世界の一流の人たちから尊敬を集めれるはずもないのだけど…。

「でも、霧切さんが料理が苦手なんて意外だなあ、
なんとなく、何でもできるイメージがあったから…」

「苦手じゃないわ、できないのよ。
手のことで避けていたら完全に機会を失ってしまったわ」

「手って…、前話してくれたあれのこと?
部屋の中なら誰も見てないから外せると思うんだけど…」

確かに手袋を着けたまま料理はやりづらそうだけれど、
もしかしたら手袋の下が何か関係しているのだろうか?
あまり詮索したくはないのだが、つい口から言葉が零れ出てしまう。

「理由は色々あるけど半分意地みたいなものよ。気にしなくて良いわ。
それとも苗木君は私の家族にでもなってくれるのかしら?」

あ、ボクをからかう時の霧切さんだ。
つまり、この話題は特別地雷とかではないのだろう。
だったら楽しい会話をするのも悪くないかな。

「ボクは是非とも申し出たいんだけど、学園長が許してくれるかどうか…」

「あら、嬉しいわね。
だったら2人であの悪の根源を倒しましょうか。
苗木君の家族になるのは楽しみだわ、おいしい料理が食べ放題だしね」



「…ボクの価値って料理だけなんだね」

しかも、それも人並みだし。
少し凹んだふりをしてみる。

「そうは言ってないわ。
そうね、例えば……私より身長が低いところとか素敵ね、可愛くて」

「それはありがとう。
ところで出口は後ろだよ」

「…冗談よ」

おかしそうに笑う霧切さん。
めったにこういう会話をする機会がないからとても新鮮だ。
自然とボクも笑いがこみ上げてくる。

「まあ、ボクも冗談なんだけどね」

「ひどいわっ!家族になりたいなんて言葉で騙したのね、信じてたのに…」

「えー……、流石に無理があるよ霧切さん」

今ので騙されると思われてるならちょっとショックだ。
どれだけ馬鹿だと思われてるんだボクは。

「ふふふ…、でも嬉しかったのは本当よ。
久しぶりに楽しい食事ができたわ。ありがとう苗木君」

「どういたしまして」

暖かい空気が流れる。
なんだかとても穏やかな気分だ。

「ご馳走様。洗い物はやっていくわ」

食事を終えて、食器を片付ける霧切さん。
手袋の件もあるし、水仕事を任せるべきじゃないだろう。
ここは止めることにした。

「いいよ、水に浸しておいてくれれば」

「流石にそれは悪いわ。
私としても収まりがつかないし…」

「いいんだって!
大した手間じゃないしさ。
それよりさ、お願いがあるんだけど…」



「…なにかしら?」

いまいち納得のいってない表情で霧切さんが振り返る。

「明日から料理を手伝ってくれるかな?
簡単なことから始めようよ、僕の負担も軽くなるしさ」

多分、こういう言い方をしないと彼女は納得しないだろう。
そして、その後ボクの本心を彼女にぶつける。

「それに…、2人で食事をするのも楽しかったし、
できれば冬休み中は一緒に食卓を囲みたいなあ、なんて」

うーん…、少し恥ずかしい台詞だ。
でも、妹の受験とか言って格好つけてたけど、実際は軽いホームシックなのだ。
霧切さんも、ボクの本心を読み取ったのか、食器を水に浸してこちらに戻ってくる。

「そういうことなら仕方ないわね。
私はおいしい食事にありつけて、料理を覚えれるし、
苗木くんは手間が省けて、楽しい食事ができる、と。
一石二鳥だわ、断る理由がないわね」

「あはは、
うん、そうだね。それじゃあこれからよろしく」

「ええ、よろしく。
……それと、苗木君」

霧切さんが机を挟んで正面に座り、今日見たどんな笑顔とも違う笑みで、
ボクに笑いかけてくる。

「ありがとう」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。