kk12_268

苗「…あの、霧切さん」
霧「……何?」
苗「……、…今着けてる下着の色を教えて下さい」

霧「……」
苗「……」
霧「…泣きそうな顔で、何を尋ねているのよ、貴方は…」
苗「いっそ思いっきり罵倒してください…」
霧「…疲れているの?」
苗「ごめん…セクハラだよね、いや、分かってて聞いたっていうか、あの」

霧「……いいわ、気にしていないもの」
苗「え?」
霧「どうせ大方、葉隠君あたりに罰ゲームで指示されたんでしょう?」
苗「いや、あの、……」
霧「ああ、庇わなくていいのよ。というか、貴方の反応で裏は取れたわ」
苗(葉隠君、南無……)
霧「下心があるワケじゃないのは分かってるから。『貴方には』怒ったり呆れたりしないわ」
苗「……うん、でも…その、やっぱりごめん」

霧「それにしても…相変わらず、病的なまでに隠し事が下手なのね。馬鹿正直の、苗木君?」
苗「う…そんなに分かりやすいの?」
霧「とりあえず、犯人役になるのはお勧めしないくらいには。すぐにバレてしまうんだもの、向いていないと思う」
苗「そ、そんなの、なるわけないじゃないか…って、口でならなんとでも言えるんだけど」

霧「ふふ……それもそうね」
苗「……信用してくれるの?」
霧「…そうね。苗木君に、私の目を欺けるほどの緻密な証拠隠滅なんて、出来ると思えないもの」
苗「う…馬鹿にしてるでしょ」
霧「いいえ? 信用しているのよ」
苗「…もう」

霧「……犯人役、よ」
苗「…?」
霧「あ、いえ、その……私が」
苗「霧切さんが、何?」
霧「……なんでもない」

苗「…じゃ、僕、帰るから」
霧「ええ。葉隠君には、何て報告するのかしら?」
苗「いや、だって…知らないモノは教えられないでしょう。『聞けませんでした』って、素直に答えるよ」
霧「…そう」
苗「何?」
霧「いえ…気付いていないのなら、別にいいわ」

苗(…どうして霧切さん、少しだけ頬を染めてたんだろう…?)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。