kk12_722-725

『違、うよ』

 考えずに、反射で喋る。
 助けを求めるような彼女の声に圧されて、勝手に口が動いてしまった。
 それでも、ならば何故、と、縋るような瞳がさらに問うてくる。

 本当に、差し出そうだなんて考えていたわけじゃない。
 出来ることなら僕だって、あの人に霧切さんを近づけたくはない。

 でも、あの先輩に頼まれたのも本当だ。どうにかして霧切さんを連れて来い、と。

 苗木、お前は霧切ちゃんの何なんだ。
 守るとか考えてんなら、お門違いだぞ。
 恋人でもなんでもねえんだろ、たかだか数年俺らより付き合い長いだけで、彼氏面すんなって。
 お邪魔だよ、俺らにとっても、彼女にとっても。
 誰を選ぶかなんて、霧切ちゃんが決めることで、お前が指図する権利なんてないだろ。
 分かったな、絶対連れてこいよ。

 どこかで否定したかった、僕が彼女を縛ってしまっているという事実。
 僕が隣にいるせいで、僕が壁になってしまっているから、霧切さんは他の人と関わり合えないんだ、と。

 それを真正面から言われて、断ることが出来なくなってしまった。

『……よくそれを、『頼まれた』なんて言えるわね』
『……』

 冷やかな彼女の瞳が、責めるような色を帯びて、僕を睨む。

『お人好しなのも、それで貴方が割を食うのも結構だけど…それに私を巻き込まないで』

 その時。
 ごめん、と、いつものように素直に、反射的に謝れれば良かったんだ。
 フォローしようだなんて、どうして考えてしまったんだろう。

『で、でも、その……霧切さん、ほら、仕事も出来るし、頭も良いし、大人っぽいし、それに』
『……』
『……美人だから。ウチの課で、結構人気あるんだよ。自分のことだから、気付かないかもしれないけど…だから』

 そんな人に、僕が金魚のフンのようにいつまでもくっついていては、迷惑なんだ。
 あの先輩に差し出そうとは絶対に思えないけれど、それも選択肢の一つとしてあってしかるべきだ。
 忘年会に参加して、それが何かのきっかけになればいい。

『……いいのね、苗木君は』
『いい、って…?』

 ぞわり、と寒気に震える。

 彼女の表情は、モノクマが親の仇だと知った時のそれに、限りなく近かった。
 殺気、敵意、その類のものを僕に向けて放っている。


『…酔いどれた私が、誰とも知らない男に介抱されて、そのまま持ち帰られて、……抱かれても。構わないのね』

『き、霧切さんは、そんな、酔ってるからって…油断するような人じゃな』
『苗木君』
『っ…』

 殴られる、と思った。

 彼女が僕の襟首をつかむ力が、いっそう強くなったのだ。
 すみれ色の瞳が、据わっている。
 力に訴えるような人じゃないけれど、それでも、そんな彼女のこんな表情は初めて見た。

『質問に、答えて』

 それが嘆願だと、その時気付くことは出来なかった。

 いつもなら、そこで怯えて、『そんなことない』と否定出来たのだろう。
 彼女がどういう言葉を望んでいるかなんて、落ちついて考えれば分かったはずだ。
 けれど、その時の僕の心には、先輩に言われた言葉がつっかえていた。

 だから、


『…僕には、関係ないことだろ』


 そんな、突き放すような冷たい言葉しか、選べなかったのだ。

『……霧切さんが、誰を選んでも、誰に選ばれても。僕がそれに干渉する権利なんて、ないでしょ…』

 だって、僕たちは、恋人でも何でもない。
 友人という括りですら、怪しいかもしれないのだ。
 あの学園で共に過ごして来ただけの、ただのクラスメイト。

『霧切さんが嫌なら、拒めばいいし……そうじゃなかったとしたら、……好きにすればいい、と思う』

 殴ってくれ、と思った。

 いっそ、思いっきり、鋲のついたそのグローブで、痕が残るくらいに殴って欲しかった。
 そんなことしか言えない自分を、他でもない自分が嫌悪した。
 きっと霧切さんだって。

 けれど。

『……そうね』

 襟首を握っていた彼女の手は、ずるり、と力なく離れた。
 す、と一瞬名残を惜しむかのように、僕の胸を伝って、そのままだらん、と地面に落ちる。

 霧切さんが俯くと、膨れ上がっていたように感じた彼女の銀髪が、それに倣って肩から流れ落ちる。
 前髪に隠されて、表情は見えない。
 ただ、僕の胸を伝った腕が、指が、微かに震えていた。

『……関係のない、ことよね。私がおかしかったわ。変な事を言ってごめんなさい』


『…どの道、参加はしないわ』
『…わかった』
『苦手だから。大勢で騒ぐのも、男の人に口説かれるのも…』

 そのまま僕に表情を見せずに、彼女は床に散らばった書類を拾い始めた。
 手伝おうと身をかがめて、彼女がそれを拒んでいるのが分かった。
 顔を背けるために、かがんだのだ。

 ワイシャツ姿、意外と細い素の肩が、ただ黙々と書類を拾い続ける。
 そうすることでしか自分を保てないのだ、と言われているようだった。

『……長々と手伝わせて、ごめんなさい。…明日早いのよね。もう帰って良いから』
『…でも』
『コーヒーは、自分で淹れるから…帰りなさい』


 僕の淹れたコーヒーを、彼女が褒めてくれたことがある。

 彼女の好みなんて知らないまま、勢いでコーヒー豆を買いに行って。
 素人なりに味を試行錯誤して、ブレンドの比率を考えて、手ずから淹れた一杯だった。

 それまで自分のお気に入りのコーヒーメーカーを絶対に他人に触らせなかった霧切さんが。
 それ以降は必ず僕にコーヒーを作らせるようになった。
 こちらの都合なんてお構いなしで、何かと残業や用事を作っては付き合わせ、その度にコーヒーを淹れさせる。
 逆に僕の仕事が溜まっていると、手伝いもせず、隣の机でただじっとそれを見て待っている。

 美味しかったの、と尋ねると、普通じゃないかしら、と返された。
 貴方らしい平凡な味ね、と、いつものからかうような笑みで。

 ならばなぜ、僕が淹れたコーヒーばかり飲むのか。
 どうして君は、僕にばかり構うのか。
 他の人には聞かせないような笑い声や、無茶振りや、怒声や、
 他の人には見せないような不敵な笑みや、呆れ顔や、無防備な姿を、

 勘違いしたくなかった。
 みんなに、霧切さんにさえ、僕は「普通」だと評価され続けてきて。
 誰かにとっての「特別」になんて、なったことなんて無くて。

 それを言い訳にして、傷つくことを恐れて、霧切さんから遠ざかって、


 そして、彼女を傷つけたのか。


『霧切さん、僕は…』
『……帰って』

 怒鳴ったわけでも、泣いていたわけでもない。
 ただ、ほんのわずかに濡れていた。
 普段他人に感情をさらけ出すことを厭っている彼女が、それでも抑えることの出来なかった感情。

 それが、何よりもキツい。

 一度だけ、扉の前で振り返った。
 霧切さんはまだ、地面に散らばった書類を拾っていた。
 ぺらり、ぺらり、と、緩慢な所作で、わざわざ一枚ずつ、時間をかけて、まるで僕が出ていくまでの時間を稼ぐように。

 見ていられず、僕は逃げるようにしてその部屋を後にした。

 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


「……」
「……苗木さぁ」

 深く溜息を吐いて、朝日奈さんが肩を落とす。

 廊下の電灯は落ちて、非常灯と自販機の明かりだけが僕らを照らしている。
 腕時計に目をやれば、就業時間はとっくに過ぎていた。
 事務所から玄関まで直通の道で話しこんでいたにもかかわらず、話している間に誰一人ここを通らなかった。

 きっとみんなが気を使って裏口から出たか、霧切さんのように残業をしているのだろう。
 僕も朝日奈さんを促して、彼女が持ってきてくれたコートを受け取った。用が無いのなら、早々に出ないといけない。

 寮へと戻る道程、雪こそ降らないけれど、染みいるような寒さ。

「あのね…そりゃ霧切ちゃんも怒るよ」
「…うん」

 当然だ。
 彼女の言葉を借りるなら、僕は霧切さんを、あの先輩に『差し出そうと』したのだから。

「ちっがうっての!」
「…いてっ」

 と、空のペットボトルで、頭をぺこんと殴られる。
 それをそのまま道端のゴミ箱に投げ入れると、いつものお説教顔で、僕をベンチに座らせた。
 霧切さんといい、腐川さんといい、僕の周りの女の子はおっかない人ばっかりだ。

「…あのね、苗木。自分のことだから気付かないってのは、アンタにも言える台詞なんだからね」
「え、と…何の話?」
「アンタが、霧切ちゃんにとってどれほど大切で、特別な存在かって話」

 ビシ、と此方に指を突きつけるポーズは、彼女を意識したものだろう。

 いや、そりゃあ僕と霧切さんに限らず、あの高校を出た仲間たちは、みんな気のおけない仲ではあるとは思うけれど。
 それでも彼女は高嶺の花で、僕はどこにでもいる一般人。

 逆だったら、それは分かる。

 けれど、高嶺の花が路傍の草を大事に想うだなんて、なんともおかしな構図じゃないか。
 僕は「普通」。彼女は「特別」。希望ヶ峰学園を出てからも、それは変わらない。

「…苗木って、いっつも前向きなクセに、変なところでネガティブだよね」
「そうかな…普通の感性だと思うよ。一般的な」
「む。その『一般的』って単語、なんか棘を感じるんだけど」
「気のせいです」
「…って、はぐらかさないで。実は苗木も、心のどこかで気づいてるんじゃないの?」

 僕にとっては、確かに大切な人だ。
 あの窮地で、まあ、そりゃあ理不尽なことを言われたのは一度や二度や、うん、幾度か、いや、うん、止めておこう。
 それでもあの窮地で、僕が僕のままでいることが出来たのは、彼女のお陰だ。
 単に学級裁判での討論や推理においてだけではない。

 仲間を失っていく辛さを、その引きずる思い出の重さを、いつも支えてくれたのは。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。