kk12_947-949

霧「苗木君…ちょっといいかしら」
苗「ど、どうしたの? 深刻そうな顔で…」
霧「……この、ジャバウォック島でのサンプルテストデータのことなんだけど」
苗「う、うん。ダンガンアイランドの件だね、何?」

霧「…この、一定の信頼関係を結んだ相手に、自分のパンツを渡すという制度は…」
苗「ああ、うん…何か、バグではないんだけど…そうなっちゃって」

霧「……これには、どういう意味があるのかしら」
苗「そ、そんな深く考えるようなことじゃないと思うよ」
霧「靴下ならまだしも、パンツよ。…何かの暗喩かしら?」
苗(霧切さんにとって靴下って、一体…)

苗「…あー、まあ、その。男子同士だったら、貸し借りはする、かな」
霧「……そうなの?」
苗「家に遊びに行った時とかね。あとは旅行先で、着替え忘れちゃったら…うん。そんなに異常ではないと思うけど」
霧「…けれど、女の子も日向君に、自分のパンツを与えているわ」
苗「う、」
霧「……異常ではないの?」

苗「だ、だからそれは…その、そういうことだよ」
霧「…? そういうことって何よ、よくわからないわ」
苗「いや、えっと…」
霧「普通なのかしら? 男女で、下着を交換するというのは……なら苗木君、」
苗「い、いや、普通ではないかな!」

霧「……」チッ
苗(舌打ちした…)

苗「だから、その……し、信頼し合っている相手、というか…友達以上というか」
霧「友達、以上?」
苗「うん…そういう深い関係の相手となら…そこまで異常ではないかもしれない、というか」

苗(…って、何を説明しているんだろう、僕は…)
霧「……苗木君」
苗「うん?」
霧「私たちは、共に死線をくぐり抜けた…いわば、相棒同士とも言える仲だと思うのだけれど」
苗「な、何? 突然…」
霧「そうよね…?」
苗「…まあ、霧切さんがそう思ってくれてるなら、嬉しいけど」

霧「…つまり。私と苗木君は、友達以上の関係にあるわ」
苗「え、」
霧「……違う、かしら」
苗「ち、違うってことは、無い…かな」
霧「……それなら、互いの下着を与えあっても、その…不思議じゃない、ということよね?」

苗「霧切さん、それって…」
霧「……だから、ここまでいえば…分かるわね?」
苗「あ、あの…」
霧「……パンツ、を、」

霧「…貴方のパンツを、寄越しなさい」

苗「……」
霧「……」
苗「……いや、おかしいよね?」
霧「…何よ。友達以上なら、異常ではないのでしょう?」
苗「えーと…どこで何が間違ったのかな…」

霧「……そう。貴方とは友達以上の関係にあるのだと思っていたけれど、どうやら私の独りよがりだったようね」
苗「そ、そういうことじゃなくて」
霧「苗木君にとっては、私は友達以下の関係だと…」
苗「そんなこと言ってないってば!」

苗「そ、そうだ、霧切さん…ほら、テストデータ、見てよ」
霧「……?」
苗「日向君は、女の子からパンツを貰うことはあれど、自分のパンツをあげたりはしていないよね?」
霧「……そうね」
苗「つ、つまり、男子が女子にパンツをあげるのは、おかしいんじゃないかと…」

霧「……」
苗「…えっと」

霧「…つまり苗木君は、私のパンツが欲しいの…?」
苗「何で!?」
霧「……いらないの?」
苗「そ、そういうことじゃなくって…!」

苗「ほ、ほら! 第一、僕、今パンツ持ってないし!」
霧「…今履いているのがあるでしょう」
苗「……脱げ、とおっしゃる」
霧「何か問題があるかしら?」

苗「…て、ていうか、さ…もし、それ、僕がさ…」
霧「……苗木君? 顔が真っ赤よ」
苗「もし…僕が、霧切さんのパンツ欲しいって言ったら…霧切さんは、どうするの…?」
霧「……」
苗「……」

霧「…何言ってるのよ。ここで、貴方の目の前でパンツを脱いだりしたら、私は変態じゃない」
苗「ごめん、霧切さんが何言ってんの?」
霧「…それとも苗木君は、私に、今ここでパンツを脱げと…?」
苗「言ってない。言ってないから、そんな目で見ないで」

霧「とにかく苗木君、早くパンツを脱ぎなさい。そして寄越しなさい」
苗「何か主旨変わってない?」
霧「変わってないわ。それとも、…やっぱり貴方にとって、私は…」
苗「大切な仲間だよ! でも、それとこれとは…」


朝「…苗木と霧切ちゃんが、エッチなこと話してる…」
葉「いや、苗木っちがからかわれてるだけだべ…」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。