kk13_173-176

「霧切さん、お鍋できたよ。机の上片付けてくれる?」
「わかったわ。今日は何鍋?」
「鴨鍋。ご飯はどうしようか。少しよそる? それとも全部おじやに回しちゃう?」
「少しいただくわ。おじやも楽しみだけれど、鴨肉をご飯なしで食べるのもなんだかもったいないし」
「了解。じゃ、少しよそっちゃうね」
「苗木君はなにかかける?」
「うーん、どうしよう。とりあえず七味と……霧切さんは?」
「そうね……レモン汁なんかどうかしら」
「鴨鍋にレモンって合うの?」
「さあ? でも、さっぱりしそうじゃない?」


「いただきます」
「いただきます」
「……うん、美味しい」
「味が染みてるわね。お豆腐がすごく美味しい」
「お豆腐も、って言って欲しいかな。がんもも野菜も美味しいよ」
「鴨鍋に雁擬きってなんだか不思議な感じね」
「美味しければいいんだよ。お鍋だもの」
「そうね、お鍋だものね」
「レモン汁、どう?」
「ん、まあ悪くないんじゃないかしら。もちろん、つけなくても美味しいけれど」
「七味はいる?」
「今日は遠慮しておくわ」
「そっか」
「……苗木君は野菜ばっかり食べるのね」
「うん、ほら、好きなものは残しておきたくて」
「そうね、苗木君はいつも私のネクタイを最後に脱がすものね」
「ちょっとなに言ってるの霧切さん!?」


「二人分にしても、ちょっと少なかったかな」
「もう少しお豆腐が食べたいわ」
「分かった、切ってくるね。他に食べたいものある?」
「そうね……椎茸」
「椎茸かぁ、あったかなぁ……。なかったらごめん」
「気にしないで、苗木君を困らせてまで食べたいというわけじゃないから。なかったらなかったで構わないわ」
「えーっと……エリンギじゃダメ?」
「いいじゃないエリンギ。他には何かある?」
「えのきとキャベツとレタスと……あ、うどんがある」
「でもご飯もあるんでしょう?」
「そうだったね、残念」
「うどんはまたの機会に。別に、今日で最後というわけではないんだから」
「うん。……野菜と豆腐、切ったから持っていくね?」


「あ」
「あら」
「……最後の一切れだね霧切さん」
「そうね。実に美味しいお鍋だったわ苗木君」
「うん、良かった。……追加の具材を持ってきたら、鍋の中がほとんど漁られててびっくりしたけど」
「美味しすぎるのが悪いのよ」
「僕、鴨肉ほとんど食べてない」
「あまり箸を伸ばしている様子がなかったからいらないのかと思ったわ」
「好きなものは最後に食べるんだって言ったよね?」
「鍋の中に残っていればどちらのものでもないの。早い者勝ちよ」
「もう少し調理者を労おうとか思わないの?」
「具を切っただけじゃない。そんなこと言ったら私だって鍋の火加減を見てたわよ」
「それこそ見てただけじゃないか。鍋の電源こっち側にあるんだよ?」
「苗木君がよそ見してたら手を伸ばしてでも調節するつもりだったのよ。その機会がなかっただけで」
「むぅ……」
「……」
「……」
「……」
「…………ねぇ霧切さん」
「苗木君愛してるわ」
「っ」
「いただきます」
「あー!?」


「苗木君、お釜の中のご飯は全部使ってもいいの?」
「……」
「苗木君、明日はお弁当? それなら新しくセットしておいたほうがいいのかしら」
「……」
「苗木君、卵はいる? 私は入れるつもりだけれど」
「……」
「苗木君、新しくお茶碗出したほうがいいかしら。あと、念の為にスプーンも必要?」
「……」
「苗木君、ちょっと苗木君ってば」
「……」
「もしもし、苗木君? 聞いてるの?」
「……」
「……もう、あの程度で拗ねないの」
「……だって、あんな不意打ちの仕方、ひどいよ」
「そんなに気に障るとは思わなかったのよ。ごめんなさい」
「……」
「……ごめんなさい、誠君。私が軽率だったわ」
「っ、……響子さんはずるいよ」
「ふふ、惚れた弱みってやつね」
「……お互いにね」


「……ごちそうさまでした」
「はい、おそまつさまでした」
「苗木君は座ってて。片付けは私がやるわ」
「そう? なら、お願いしようかな。お茶だけ淹れようか」
「……」
「……」
「……ねえ苗木君」
「どうしたの、霧切さん?」
「驚かないで聞いて欲しいのだけれど」
「う、うん……?」
「来ないの」
「え、なにが? 新聞の集金?」
「月のもの」
「……………………え?」
「産婦人科で調べてもらおうと思うのだけれど、苗木君はどうする? ついてくる?」
「え、え?」
「軽く調べてみたら、悪阻のも個人差があるみたい。それに、嘔吐だけじゃなくて倦怠感や眠気なんかも当てはまるようね」
「あの、きりぎりさん?」
「籍だけでも入れておいて良かったわね。うちの父に殴られないですんだわよ、苗木君」
「え、え、え……?」
「……もしや認知しない、なんて言わないわよね?」
「そんなことしないよ!? ……な、なんか、実感わかないね?」
「父親はそうらしいわね。私は、やっぱり体調に直に変化が出てるから、それなりに心構えができてきているんだけれど」
「そっか、そっかぁ……」
「産婦人科に行って、霧切の家と、苗木の家と、両方に連絡を入れて……」
「式はどうしようか。落ち着いてからのほうがいいかな」
「そうね。しばらくはバタバタしてしまうでしょうし」
「あはは、でも、そっかぁ、霧切さん、お母さんになるんだ」
「そう、そして苗木君はお父さんになるの。……ふふ、呼び方も変えないといけないわね」
「えっと、響子、さん」
「なにかしら、誠君?」
「……なんか気恥ずかしいや」
「ゆっくり慣れて行きましょう。子供ができた時に苗字で呼び合っていたらおかしいもの」
「……そうだね」


 苗木はしゃがみ込み、流しに向かって洗い物をしている霧切の腹にそっと手を当てた。

「……苗木君?」

 ホッと安心できるこの温もりの中に、新たな命があるのだと思うと、なんだか眼の奥がじんと熱くなる。
 そっと頭に手が添えられる。少し濡れて冷たくなったその手は、慈しむように苗木の頭を柔らかく撫でた。

「……名前、どうしようか」
「それも、ゆっくり考えましょう。この子の初めての贈り物なんだもの」
「うちの父さんたちが暴走しないといいんだけど」
「それだけ祝福されているということよ。悪いことではないわ」
「ベビーグッズも買わないと」
「気が早すぎるわよ、もう」

 呆れた声とともに、窘めるように優しい拳骨が降りてくる。
 苗木はその拳骨を甘んじて受け、逸り過ぎている自身の気持ちに苦笑しながら、霧切の柳腰にそっと腕を回した。
 腹に耳を当て、そっと目を閉じる。まだ聞こえるはずのない胎動が聞こえるような、そんな気がした。

「楽しみだね」
「ええ」
「男の子かな、女の子かな」
「どっちがいい?」
「僕はどっちでもいいや。元気に生まれてきてくれれば」
「私も、どっちでもいいわ。元気に生まれてきてくれるなら」

 ……待ってるからね、僕らの希望。


「これからもよろしくね、誠君」
「こちらこそ、響子さん」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。