忌まわの際に

「舞園っ!!好きだ、付き合ってくれっ…!!」
目の前で桑田君が頭を下げている。
気持ちは本当に嬉しい…。だけど…。
「ごめんなさい、桑田君とは付き合えません」
「…苗木か?」
「えっと…気づいてた?」
「傍から見てればバレバレっしょ!!苗木のやつは気づいてないみたいだけど」
バレバレですか…。
「あーまあしゃあねえか…他に好きなやつがいるんじゃあなあ…」
「本当にごめんなさい…」
「謝んなくていいって、その代わりお前らちゃんと付き合えよなあ」
「え…っと…うん!!頑張るね!!」


「あ…うっ…」
私…そうだ…桑田君の事殺そうとして…逆に…。
お腹…痛い…。それに…。
「思い…だ…」
思い出した…。私たち…この学校でみんなで過ごしていたんだ。
私苗木君の事が好きで…。他のみんなも大好きで…。それなのにっ…。
「私…馬鹿だ…」
もう存在しない自分の居場所なんかの為に苗木君を騙して、
桑田君を殺そうとして…。
自業自得…だね…。
もう…あなたにこんな事言う資格なんて無いけれど…。
「大好き…だったよ…」
苗木君…。みんな…本当にごめんね…。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。